玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

あきまん個展・ストリートファイターIIウィーク初日

池袋で、氷川竜介先生の富野由悠季論講座を聞きに行った帰りに、行ってきた。
あきまん個展・ストリートファイターIIウィーク初日です。

http://blog.livedoor.jp/schatz_kiste/archives/508071.html
http://blog.livedoor.jp/akiman7/archives/51951495.html?1256400599


6時前くらいにシャッツキステにつきました。
マニアックウィークの時は10分で見終わりました。
でも、今回は2時間半いました。


今日の受け付けはエルゼさん。
すこしずつ、おぼえたい。
http://yaplog.jp/schatzkiste/archive/1063


等身大春麗は、ドデカイキャンバスに下絵が描かれた状態でした。
とっても楽しみにしていたので、どんなものかと思いましたが、完成していませんでした。
あきまんさんのブログを見ると、小さい下絵を大きくコピーして、張り付けて、キャンバスにうんぬん?
キャンパスを見ると、白い絵の具を下地で塗り重ねてありました。
∀ガンダムの最初の油絵を書くのに、あきまんさんが最初に下地を作るのに1ヶ月くらいスタジオでかけていたという、∀ガンダムデザインズに載っていた逸話を思い出して、感激した。
そして、毎晩、お客が帰った後に安田朗さんがシャッツキステに来て、色を載せていくということを知って、また感激した。
真夜中の、メイドさんと絵描きだけのアートな空間!なんてロマンティックなのかしら!
そして、毎日少しずつ世界的大スターのチュンリーがこの世に生まれていく。
サイン会のチケットはもらえなかったから、もう行かないつもりだったけど、また行かないといけないなあって思った。
っていうか、暇な人は毎日行って、油絵の制作工程を見たらいいと思うよ。
滅多にない、アートパフォーマンスだと思う。
企画が上手いなー!


んで、ストリートファイター2ウィークなんだけど、あんまりストツー関係の絵は増えてなかった。
6枚くらいかな?
ギャバンとソシエの絵がまだあった。
リリ様とターンXの絵とか、他にもターンエーガンダムのお気に入り絵はたくさんあるけど、輸送とか展示が大変だからなーって思った。
サイドアームズの絵があった。ロボットの関節萌。
あきまんさんは21歳でこれをやったのかー。みんなすごいなあ。
紅蓮弐型の車輪が4輪だったのかー。バイク乗りのパイロットってマジンガー見たいでいいよね。
っていうか、カレンはエロイよね。


マニアック・ウィークで10分で見終わったエロファイルを見直した。
うん。エロイ。
ファイルの中に男の人が女の人とデート中にオナニーして、女の人にそっけなくなるマンガがあった。
それをおしゃれでカッコ良くて仲のよさそうな美男美女のカップルさんが見ていた。
彼女「私、これの意味が分かんない」
彼氏「いや、おれ、すっげーわかるよ」
おれ(彼女に言うなよ…)
彼女「あ、男の気持ちになったらわかった。そんで、なんかむかつく(笑)」
彼氏「笑」
あきまんファンの恋愛ってこんなのかー。いいなー。すえながく幸せにー。


あきまん、エリス春組メイド長の二大対談が載った新聞を読んだ。
エリスメイド長が「シャッツ・キステは好きなものを持っている人たちの出会いの場にしたいんですよー」って書いてあったから、
「あ、図書館だから静かに本を読んで、絵を見て、お茶を飲んで帰るだけだと思ったけど、人と話していいんだ!」って目からうろこが落ちた。
人と会いたくなった。


そしたら、えどいんさんと万太郎さんとか、サイド1の錚錚たる人々が集まってきたから、あいさつした。
http://d.hatena.ne.jp/EDWIN/20090917
みんなすごいなー。
万太郎さんが描いたケータイエロマンガをケータイに保存してたから、作者様を囲んで、エロマンガをみんなで鑑賞するプレイをしてみた。
「ケータイエロマンガって、未成年も購入しちゃうから、性器の部分が黒く切り取られているのよ!」
「ここ、おまんこにおちんちんが入っている一番大事なシーンなのに、効果音だけが切り取られて白地に書いてあるだけに修正されてるから、意味がわからないのよ!」
「原稿がもったいないじゃないよ!」
「こんなのじゃ僕のオチンチン立たないよ!」
とか、作者様と一緒に、メイドカフェで、話した。
いや、まあ、出会いだし…。メイドカフェで勃起しても困るし…。
えどいんさんと万太郎さんは完成品を携帯で見てなかった(機種が対応してなかったっぽい)らしいので、ご参考になったらいいなー。
マンガを書いてる人は偉いなー。


やっぱ、ケータイ用のマンガのインターフェースは制作部分から独自にしないといけないよなー。
ギャルゲーCGダウンロードもエッチな部分は見えないし。
ギャルゲーの古い名作を小分けにしてアプリでダウンロードするのが良いのかな。
ケータイ用ギャルゲーはくそつまらんかった。選択肢が2個で1個終了て。
うーん。やっぱ、携帯電話は中高生の廉価版PCなのか?
中高生なら、この内容でも勃起する?
でも、おれも高校生の頃に学校のPCで悪友とエロゲーしてたけど。それは一部だけか。
ケータイはみんな持ってるもんな。


来館者ノートに3回目の絵を書きたかったから、待ちながら、マコちゃん絵日記とか読んだ。アホみたいに面白かった。ギャラリーは何時間いても500円だから、いつもより本が読めるという!


帽子をかぶっていると言うだけで18歳の女の子に「あきまんさんですか?」と間違われたので、「あきまんさんはもっと(太っているといいたかったけど、最近痩せたから、)お年を召した方だよ」って言った。
ああ、僕は老け顔だったのか…。
出会いの場なので、ブログを紹介したり、富野監督の話をしたり、富野監督のオススメエッセイのタイトルを教えたりした。
あと、mixiとか。
出会いと言うと、僕はジーンよりもミームを植え付けたがるところがあるようですね。
そして、富野監督は18歳の女の子にも好かれててすげー。
女の子が富野監督の夢を見た話を聞いたのは初めてだから、面白かった。


あきまんさんが来た。
あきまんさんと握手をした。力強かった。これが、プロの手なのか!
8年前にウルトラマンのハヤタ隊員の黒部進さんにしてもらった握手も力強かった。富野監督とはしてない。
ウルトラマンとか、ガンダムとか、っていうか、社会で生き延びてきた男は強いな。
僕は、生き延びることができるか?
まあ、生きてる人は普通に強いんだな。うん。


あと、「ガンダムの関節は白い装甲じゃないと!」っていう声が聞こえた。
うん。そうだ。そのとおりだよ!っていうか画面が史実。


その話を聞きながら、そらちゃんにあきまんさんのやらしい絵のコスチュームを着させた絵をノートに書いた。
書き終わったから、挨拶して帰った。あきまんさんはちゃんと挨拶をしてくれたのですごいなー。
明日も行けたら行きたいな。


今日はいろんな人に会えてよかったと思う。