玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

劇場版ワンピース オマツリ男爵と秘密の島

予想と回答、ノリとツッコミ、伏線と回収のテンポがよく考えられて構成されてるので、僕はあんまり考えないで楽しく見れました。行動原理は週刊少年ジャンプマンガだから考えてはいけないという態度が明確だったので、僕も考えませんでした。
絵を見てるだけでも楽しいね。
童心に戻って、ジャンプアニメを楽しめました。
娯楽に徹している、というか、細田守監督は求めらている物に徹底的だと思いますた。
毒とか死のメタファーも今回は娯楽の要素として成立してるし。死んでも大丈夫なのがONE PIECEイズムだし。原作もアニメもつまみ食いしか知らんけど。
時をかける少女は、大衆エンタメに徹している部分がうまいけど、大衆エンタメに徹しようとする態度と毒の部分がちょっと気になったかもしれない。
そういう徹する態度は偉いと思う。製作は大変だったと思う。