玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

文学フリマでのアニメルカの宣伝

こんばんわ!
本日12月5日には文学フリマ・文フリという同人誌即売会のような物が行われるそうです。
今日の文学フリーマーケットでは反=アニメ批評id:ill_critique@ill_critiqueさんが
責任編集をしたアニメルカvol.3が発売されるそうです。おめでとうございます。ちなみに、3号からは編集からエピゼロid:episode_zero@ep_zeroさんが抜けました。ていうか、エピゼロさんははてなダイアリーも閉鎖したのかー。まあ、人生いろいろあるわなあ。
エピゼロさんはアラサーの俺と違って前途ある学生さんだから、俺みたいに6年もブログで一文にもならない文章を棄てるような人生より、リアルを大事にした方がいいね。
アニメルカ公式ブログ 『アニメルカ vol.3』 (特集:アニメ表現論) 目次
私は反=アニさんとid:mattuneさんに誘われてアニメルカvol.2に寄稿しました。何でかと言うと、コミケの後のご飯をおごってくれると言われたからです。3000円くらいのタダ飯を食べました。まっつねさんの出崎統論は載らなかったので、アニメルカ2号での俺は力石のいないリングで戦うジョーのような気分で富野論を書きました。もちろん富野はホセ・メンドーサより強い。
人生いろいろ。

[rakuten:book:12672782:detail]

でも明日の文学フリマには行きません。
何でかと言うと、体調が矢吹丈並に瀕死だからです。
先日、精神病院に行って主治医に「新型鬱病と従来型の複合うつ病で、身体化障害で、7種類くらいの人格障害で、感情障害で、それが冬季うつ病スペシャルですわー。具体的には最近は杖がないと歩けません」と言うと「ルボックスを8年続けても直らないんなら、新薬にしましょう」って言われて、「じゃあ、薬とか詳しくないし、マスターのお任せで適当に見つくろってよ」って軽くオーダーしました。マスターは「グダちんの症状自体が謎だから、そんなことをいわれてもなあー」みたいな顔をしてました。
んで、アニメルカの表紙を書いている琴葉とこ@kotohatokoさんの名作ウェブアニメメンヘラちゃんを読んで「薬を変えただけで友達と喧嘩するほど不安定になるなんてメンヘラちゃんは馬鹿だなあ」って笑ってから、新しい薬のサインバルタリボトリールといつもの睡眠薬マイスリーを飲んで寝ました。
寝て1時間後に、腹部を中心とした謎の激痛が起こりました。とりあえずセルフ胃洗浄しました。はっきり言って死にかけた。ゴメンね、メンヘラちゃん
新しい薬に抵抗して、幻覚の痛みが僕を苦しめる呪いが発動したようです。昨日とおとといは一日倒れていました。まだ全身がだるいです。僕は何かに呪われているんだ!(母をたずねて三千里の富野コンテ風に)
どうやら、寝ようとして副交感神経が優位になったら激痛が走るようです。だから怖くて、今は眠ることができなくて文章を書いています。
そんな状態なので、文学フリマには行きません。金もないし。生活保護も7月で終わるし。貯金は親や友人に対する借金を返すために溜めないといけないし。
死ぬまでに脳内妹小説を書いて、富野アニメを見終わっておかなければ、地獄で閻魔さまやルシフェルに笑われて「また今回もダメだったよ」とかいじめられるので、もう、それ以外の事をやっている暇がないのです!
富野小説や富野評論や自作小説の資料もかなり積んでるし。それを読まなくては!(夏コミでもらったアニメルカ2号もまだ読み終わっていない・・・)
だから文学フリマで、あるかどうかも分からない名作批評を探すよりは確実に名作である脳内妹と富野と出崎(あれ?一個増えましたよ)を見るんです!
一番いいのを頼む


でも、全然無視するのもアレなので、アニメルカの宣伝も兼ねて、2号に載せた僕の富野由悠季批評の序章を載せます。