玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

#ガッチャマンクラウズ 9話 激動の7月27日を追う!

Forgery
1 偽造,贋造(がんぞう).
2 偽物.
3 【法】 文書偽造罪.

http://vod.ntv.co.jp/program/GATCHAMAN_Crowds/
木曜日と金曜日は無料で見れるので、1週間遅れで見た。
大体の感想は他のブログさまや2ちゃんまとめサイトで出そろっているので、クラウズ論壇の私としては、淡々と整理をしていきたい。

  • 今回の日付は7月26日夜から7月27日


そういうわけで、学生は夏休みです。だから、だらだらガッチャマン活動をしていてもいいんです。
清音先輩は高校3年だしダブってるので夏期講習か補修か就職活動に行くべきと言う気もしますが。本当に将来のこととかどうするの。侍ガッチャマンで食っていくつもりなの?いや、ガッチャマンはマンション一棟借り切るくらいだから金はあるのか…?
中村健治監督はC: The Money of Soul and Possibility Control で、魔法少女や魔獣の必殺技に経済や金融の専門用語を使うくらいすごい勉強したし金融スタッフの話も聞いてたし、つり球でも江の島の高校生の日常を描いていたんで、金勘定や学生の進路については分かった上でやってる(描写も省略も)と思うが。
とりあえず、今回は7月27日です。
多分、前回の幼稚園訪問の次の日だと思います。(爾乃美家塁がガッチャマンマンションに住みだしてから無駄に日数を費やしたり連泊している描写が無いことから)
前回のあらすじ。

立川ガッチャマンの面々がふじようちえんを訪問してテレビ中継で一之瀬はじめが「LOADくんの力が必要なんす!」って言ったら、傷ついたロード君こと爾乃美家塁(にのみやるい)君がふじ幼稚園に行って幼女先輩に会う。幼女先輩の父親は爾乃美家塁が与えた超能力が使えるようになる携帯電話アプリ・クラウズの副作用で、ベルク・カッツェとのクラウズを使用した戦闘に敗れた後遺症で意識不明の昏睡状態に成っていて、その娘さんと対面して、ルイルイはガーン!って自分が迷惑をかけた相手とインターネット越しではなく直接会ってしまってショック!
って成ったのが前回ですが、今回冒頭で特に障害やすれ違いもなく普通に一之瀬はじめたちと合流できた。

よかったっすね!


ベホマ

ヘブン状態


うつつ(美少女)とルイルイ(美少年)がバスルームでアレしてるのに、隣の部屋にいる主人公はこの顔である。

審議中…。ちょっと、国民的美少女アイドルアニメの主演の三森すずこさんが演じるてーきゅうの新庄かなえみたいな顔ですね。これは味があるのでBDでは修正しないでほしいところ。かなえは貧乳だがはじめちゃんは巨乳です。クラウズ論壇のインターネッターたちは「はじめちゃんが巨乳でかわいい」って番組開始当初は言っていたが、どうも僕の目線で見るとはじめちゃんは巨乳と言うよりは三村かな子のような、すごく甘いものを食うのが好きマンのような気が…。


窓の外はすっかり暗いんですが、

幼稚園に行ってからテレビで全国中継した上に上司のパイマンの携帯電話番号をネットに晒して、全国のテレビ、メディア、イベント会社からの問い合わせのサポートセンターを全部平野綾さんにやらせて、はじめはずっと夜まで食ってばっかりいたようです。

で、クレーム対策や営業電話対応よりも大事な、はじめのやるべきことと言うのは「おいしいものは何か」というベルク・カッツェからのなぞなぞを解くためにひたすら甘いものを食いまくるという業務です。
ただ単に三村かなこみたいな理由で食ってるだけじゃなくてきちんと論理的必然性の上で食ってるんです!


はじめが甘いものを持って清音先輩のいるはじめの部屋に行くと、塁もうつつもいる。(太るはじめがうつつに渡したドーナツを、うつつちゃんはノートや折り紙など大事なものの棚に置くの、可愛いよな。でもカビるよ)
そこで、ベホマで回復した塁はとりあえず、ベルク・カッツェにアカウントを取られた自分が運営しているGALAXに一般会員で新規登録の作業をしてた。

ベルク・カッツェはGALAXを乗っ取ったのに新規会員登録できるんだ…。そこら辺は総裁Xがまだ一般運営を頑張っているんだな。でも社長兼プログラマー兼運営責任者のルイルイはアカウントと自宅とスーパーコンピューターを宇宙人に乗っ取られて放浪中。でも、一般運営は1日2日で支障はきたさないのか…。
あとネットの悪口やリアルの知人関係などについても語り合う。

そんな会話をしていたら、酔いつぶれたパイマンとカリントウを持ってODさんが来て「人の不幸は蜜の味って言うわよねー」って言って、

ベルク・カッツェの謎々は即解けた。ちなみに、このかりんとうは立川に実在するらしい。
特に葛藤も事件もヒントもなく、ODの一言のコトワザで解けちゃったのかよ!
主人公が解けたって言ってるからこれが正解なんだよ!
というか、それは「ベルク・カッツェさんはそういう意見なんだろうなー」ってはじめが思っただけで、はじめ本人は人から言われないと気付かないくらいだったので、はじめは他人の不幸が蜜だとは思わない性格と言う風に描写されてるんだな。


そこからのーJ・J・ロビンソンの精神の崖への招集!


おっさん組はめっちゃ飲んでた。ジョーよ、それでいいのか。
JJロビンソンが予言で「壊れた子供達が、大いなる祭りを起こす。 地下深き場所に眠っていた醜き心が、人々の前に姿を現す」ってネオハンドレッドのクラウズの同時多発テロを予告する。
はじめは「それじゃあ電源切れないじゃないっすか!」って危機感を持つけど、特に事前の対策は取らず。
人の心の悪意や他人の不幸を望む心が諸悪の根源だーって塁に聞かされて、カッツェの謎々を解いたはじめだが、一日二日では対策は取らなかったようで。
ていうか、寝たの?

  • 翌朝7月27日

多分塁がガッチャマンマンションに匿われた翌日だと思うけど、多くても前回もすでに7月20日の夏休み期間なので、1週間も経ってない。日付ははっきりしている。


敵勢力のガッチャマンがつい最近、現れたふじようちえんに娘を預ける危機感の足りない梅田さん。
梅田さんは無職なので自分で娘を雨の中、自転車で幼稚園に連れていく。妻はいないのか?逃げたのか、自殺したのか、単に妻は朝から仕事に行っているだけなのか。
とりあえず孤独な部屋でテレパシー能力でテロを指揮して動画サイトに犯行声明を投下する梅田さん。
梅田さん、そんな短期間のテロ計画で大丈夫か?政府を打倒した後の代案は?まあ、ないんだろうな。期間的に考えて。でも、梅田さんはもともとルイルイにクラウズの力を使わせろってしつこく言って除名になった人なので、妄想レベルでは気に食わない奴らをとにかく殺したいって言う気持ちはあったんでしょうね。


梅田さんは塁に化けたベルク・カッツェからの電話で同時多発テロを起こす。
国会や警視庁や総理官邸や防衛省などが次々と見えない力で破壊されていく。

テロの起きた時間帯は通勤時間帯っぽい。梅田さんが幼稚園に子供を送った直後で、クラウズを利用するネオハンドレッドたちも通勤する人たちに紛れている。

2001年の9.11のアメリカ同時多発テロ事件が現地時間の午前8時46分から午前10時28分に発生したことを考えると趣深い。
ハイジャックも、誰が客か誰がテロリストかわからない状況で電撃的に行われるから行動できるわけで。そういう人を隠すには人って言う危うさがある。
でも、まあ、単に破壊するだけでは絵的に面白くないし、アルカイダもやってたし、梅田さんが旧ガッチャマンのギャラクターみたいな、前のハンドレッド(現在昏睡中)のメンバーがかぶっていた仮面をつけてヒーロー気取りで犯行声明をネットに動画をアップ。

カッツェもネットの書き込みの群衆に紛れて自演書き込みを複数アカウントで投下。

マンションでテレビの事故報道でそれを見てるだけで、特に行動を起こせないガッチャマンメンバー。
また、政府も総理大臣を首都機能のバックアップ施設がある立川に異動させるのが精一杯で、組織的な抵抗はできない。
まあ、相手は肉眼では見えない超能力だから。
で、侍ボーイの清音は「今すぐ乗り込もう!」っていうけど、上司のパイマンは「クラウズを操ってるのは事情をよく知ってない地球人だから武力行使したらまた昏睡するしできないよー」って慎重派で止めてる。
とかなんとかやってるうちに拡大する被害。パイマンは神様みたいなJJロビンソンにお伺いを立てよう、って言うけど、
はじめちゃんは「神様は何もしてくれないっす」「つーか、パイパイはどうしたいの」「うちらは友達だし」と、無神論者みたいな立川暴走族みたいな主張をする。

神様は何もしてくれないけど、友達は友達だし!って、土着民のヤンキーかよ。
そういうやり取りを見ていた爾乃美家塁くんは被害報道を見るのが辛くなってマンションの外に出るけど、スマフォで被害情報のニュースは見る。

これが正午ころ。
僕のせいだ・・・。ってへこむ塁。
そこに新しいダチが追ってきて

「いや、悪いのは塁くんだけのせいじゃないよ」「つーか、僕らみんなのせいっすよ」「俺らみんな悪だから」みたいなヤンキーめいたことを言って説得して、「誰が悪いかじゃなくて何をしたいかで自分を語れよ!」つって、ルイルイは「僕は自分の心ノートと総裁Xを取り返したい」って言って、
はじめが「つーか、総裁Xもお前のダチなんだろ!」ってヤンキーとかワンピースのルフィみたいな主人公っぽいことを言ったらガッチャマンの太陽の力みたいな感じで雨が上がって虹。塁くんも含めて七色の虹でガッチャマンなんだ!

地球は一つ!おーガッチャマン!ガッチャマーン!
みたいな雰囲気を出して、さて戦闘か、と思わせて、バードゴー!キャンセルからのガッチャンネルUstニコニコ生放送配信。この発想はなかった。

でも、割とこれは有効で、


批判やセクハラ罵声も浴びてるけど、ルイルイは嫌なことは無視したら良いって言うはじめの意見を取り入れているので、我慢して顔晒し。
あと、インターネットに出て喋っている時はインターネットのコメントを見なくていいので、煽り対性が低くても自分の言葉に集中してたら実はあんまり気にならない。
しかし、このコメント、すごくインターネットの声を反映してるセリフ回しだ。
「にのみや、はじめたんにエロいことをしてねーよな? 殺すぞ」→「スガネの方と付き合ってんじゃね」というコメントのつなぎ方はいつも俺らがガッチャマンクラウズについてTwitterやふたばでネタにしてる妄想と同じような感じで、虚構と現実がリンクしますね。
これ、ネタコメントは脚本じゃなくて画面演出で、放送開始してからネットの反応を見ていれたのかなあ。脚本からだったら放送前に視聴者の反応をシミュレートして誘導したことになる…。すっごいリアル。


で、罵声コメントも浴びてるけど、結局
「クラウズを使ったら昏睡するから使うな」「お前らが動いたら逆にお前らが死ぬからな」っていう脅しを犯行中の人に届ける。わけで、戦略としては物理的に犯行現場に行って殴って周るよりも効率的。
じゃあ、なんでこの放送が200万人に見られたのに事件が一瞬で収まらないのかって言うと、

こいつみたいにガッチャマンから目を逸らして犯行に夢中になる奴がいるからです。だから、犯行を続けている奴はネットをあんまりこまめに見ないタイプになる。
っていうか、ガッチャマンメンバーの枇々木丈さん(29歳東大卒ノンキャリア公務員)はガッチャンネルに出ないでコピーかよ!って思うけど、29歳東大卒ノンキャリア公務員が「自分、友達の女子高生の生放送に出演するんで有給取ります」って言う方がダメっぽいと思う。清音先輩は留年ボーイだからそこら辺が解ってないよね
でも、「同時多発テロが起きてるから自宅に帰ります」って言うのはアリかもしれないけど、公務員としては無しかもしれないけど。

丈の同僚はなんかガッチャマンの緊急生配信番組を始まる前から楽しみにしてる。職場で堂々と。
同時多発テロが起きてるんですけど!総理が逃げてきてるですけど!
でも、実際に事案が発生してから現場に情報が下りるまで3時間くらいはかかるかなー。具体的な指示があるまでは先に日常業務を片付けようって書類のハンコ押しやコピーを優先させるかもしれん。
この放送が始まったのは13時ごろ。

立川自衛官と立川婦警は多分、昼休み時間に昼ご飯を食べにいた帰りにスマフォで動画見てる。

立川市長は市長室。

立川消防署署長バラッチとその手下たちは屋外でいつでも出れるようにしつつ、スマフォで情報収集中。宇宙人の超能力が使える人によるテロ事案発生から3〜4時間の間は組織的行動よりも情報収集が先なのかなー。まあ、僕も東日本大震災の当日は発生から3時間くらいは避難所の設営とかを事前のマニュアルに従ってなんとなくやってただけだし、その後は何となくテレビを見て枝野寝ろとかいうコメントを見て避難所に帰宅難民を誘導しつつ寝ただけだしなあ。あと、まどかマギカの録画をするために余震の中、一回自宅に戻った。でも放送されなかった。

ガッチャンネルの放送が終わったのは一時半くらい。ここでのアップデートポイントの差に注目。

どうやらこの二人は30分も野外で動画を見ていたようだ。職場には一報したのだろうか。野外警備?
放送終盤ではガッチャマンがカッツェと戦うかどうかと言う質問に対してドモるパイマン。

梅田さんの娘さんにも「パンダのおじさんはダメじゃん」って言われる。でも、ほら、カメラの前に出ただけでも進歩だし、つーか、これからっしょ。
しかし、全世界放送で「ガッチャマンがなめられていいのかよ!」って上司に言うはじめちゃんはすっごいDQNオーラである。正義か悪かではなく、ナメられるかどうか。まあ、パイマンが前にガッチャマンなめんなって言ったことのブーメランなんだが。



あと、パンダのオジサンが幼稚園に来たのはすごい事件だと思うんだけど、梅田さんは娘さんからその話を聞かずに娘さんをふじようちえんに預けてテロ活動をする。つまり、梅田さんは娘さんの話をあんまり聞かない人だと暗示される。冷え切った家庭。そんなだから仕事もなくなるのだ。幼稚園の給食費は払えるのか。



総理大臣は立川市に逃げる途中ヒマなのでスマフォを見ていたらガッチャマンが緊急生放送をしていたので、ガッチャマンを知って検索した。でもそれは総理もSPも知らんことだったので、「なんで俺は総理なのに知らないんだろう」ってなる。

総理でも情報の速度が元の知り合いの立川市長より遅い、っていう情報伝達について―。


あと、テロの首謀者なのに、テロに介入しそうなガッチャマンのガッチャンネルを完璧に見逃して、総理大臣をぶち殺すために居場所を探すのに夢中だった梅田。彼の情報リテラシーの低さについて。

そんな梅田さんに電話で燃料を投下するベルク・カッツェ。で、カッツェが梅田さんに総理の居場所を教えようかどうかって言うタイミングを測っていたら、じれったくて梅田さんは電話を切る。

ルイルイに化けたカッツェが壁を歩いていたので、総裁Xは「私の気のせいでしょうか。 時々累の表情や話し方がとても奇妙に見えます」と、言う。

壁を歩いてたりする時点でとても奇妙とか言うより別人だろ、って思うのは人間の価値観で、直接ハッキングされる人工知能はベルク・カッツェに気づけない。
人工知能情報リテラシーについて。人間とロボットの観測や情報の解釈の違いについて―。


ほんでから、楽しくなったベルク・カッツェが
「ガッチャなんてぇ、怖くな〜い♪
あんなの、JJに縛られた籠の中の鳥だから辞めたったぁー!
ヒーローなんてぇー
アホらしい!」
ってミュージカルで歌ってるのと同期して、清音先輩もJJロビンソンに決別宣言をしにわざわざみんなを呼んで行って、「この星は俺らの地元だから勝手にやるんで!」と、もう、宇宙的な正義のルールを守るヒーローからすごい地元ヤンキーになった。
で、そういう風にJJロビンソンの部下だった地球人の清音がJJとの決別儀式をした後に、宇宙人ハーフのオカマとのハグと女の子との微笑み合いで絆っぽさを出す。

ODは正義とかルールより清音が支えを失って不安定になりそうという心情を重視してハグハグ。

じゃあ、この刀(ルールの象徴)を預けられたパイマンの立場は・・・?地球人の血の通うハグにも交じれないし、自分は宇宙人だしなー、という地元の理論にも馴染めないパイマンを感じさせる構図。
ただ、つり球理論で行くと、宇宙人も地元になじむんだけど。


それを特に表情を出すでもなく見やるJJであった・・・。
JJは神すぎて情報処理量が多すぎて、逆にアウトプットとか表情とかが少なすぎるよね。言葉は大体ポエムだし。
そういう宇宙人との情報リテラシーや言語密度の差について―。


今回は同時多発的にテロやテレビやネット放送がが入り乱れて、混乱しそうだったけど、朝方からお昼過ぎまでのドラマだったみたいです。同時多発テロが起きてるのに、なんで自衛隊スクランブルをかけないんだよ?機動隊は?戒厳令は?って思ったけど、東日本大震災や9月11日のアメリカ同時多発テロの時のことを思い返せば、やっぱり僕は行動してるよりテレビを見て情報収集して何かをやったつもりになってただけな気もする。特に、宇宙人の突然の襲撃にいきなり即応できるわけないだろ。ロシアや北朝鮮の飛行機や船とはわけが違うぞ!というわけで、情報の流れのはやいインターネットやテレビと、対人関係で情報の速さが変わるリアル世界での難しさについて考えるようなアニメでした。
ただ、僕が官僚政治の転覆を狙うなら取り換え可能な総理や建て替え可能な国会議事堂などよりも、人事院の書類とサーバーを全部消去して、ついでに住民基本台帳システムを混乱させて日本を解体した方がよっぽどリアルだと思うけどなあ。まあ、絵的に国会議事堂崩落よりはつまらないけど。
でも、人事院に保護された官僚は政府が民主党だろうと自民党だろうと特に変わりなく業務をしていて、それは便利だったからすごいと思うのだが、やっぱりなんか政権の主体性があいまいで責任とかがちゃんとしてない気もするので、すべてを焼き尽くした方がいいかもしれない。
でも、はじめは「僕らみんなのせい」って言ってるから、別に官僚を狙わなくても誰をぶち殺しても大差ないのかもしれない。僕も半公務員をしていた時期があったし、知り合いにも官僚が何人かいるけど、普通の人間だよ。でも、その普通の人間の温かさが地球を押し潰すんだ。というか、人間は自分が生き残るために人間同士でつぶし合うものだろ。


まあいい。
ヒーロー代表だった清音も悪代表のベルク・カッツェと同じようにヒーロー辞める宣言をして、いよいよ終盤に向けて善悪のルールがわからなくなってきました。
あと、立川の地元主義が強まってきて、1週間遅れで見てる関西人とは温度差がある。
まあ、バットマンアーカムシティみたいなもんだろうけど。あと、宇宙規模での話のわりに結局地方都市一つで話がまとまりそうなのは魔法少女まどか☆マギカっぽいキャラクター中心ドラマだなー。杏子みたいな魔法少女はもっとたくさん出るかと思ったんですけど。まあ、クラウズは3万人いますけど。
悪にもなるヒーローがたくさん出てバトルロワイヤルするってのは仮面ライダー龍騎(ドラゴンナイト)っぽさ。KAMEN RIDER DRAGON KNIGHTはアメリカや杉田智和と近所の医者にも人気だった。


あと、ヒーローと悪が同じような要素を持っていて本質的には差がないんじゃないかって言うニュアンスはこれまでも繰り返されてきたガッチャマンクラウズですが。
オープニングのカッツェと塁の合体っぽい怪物は、OPには最初からいた渚カヲルみたいに最終回目前に出るんでしょうね。


だから、ルイルイもこのまま安定してガッチャマンの仲間ってわけにもいかないだろうし、また何回か破嵐がありそうで楽しみですね。

また、JJロビンソンもよくわからない目線を出してたけど、丈さんの心ノートはいつの間にか修復していたし、そこにロビンソンの温情が絡んでるかもしれないし、単に丈が心の力で再生しただけかもしれない。飲酒喫煙とコピーをしていただけだが。

  • スタッフ

脚本:大野敏哉 絵コンテ:和田高明、伊藤秀樹 演出:黒田晃一郎 作画監督:西谷泰史、谷口繁則、ムラオミノル、今木宏明、奥田佳子、川妻智美、和田高明