玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

ガンダムビルドファイターズ第19話 アストレイの刃

例えるなら、スポーツ生理学者がオリンピックで「アスリートの筋肉はどういう風に動くのか?」って観察して選手に「学会でやれよ!」って言われて、いつの間にか自分もアスリートになるような話。
理屈はともかく殴り合いが面白かったです。
でも、理屈で考えたらやっぱりガンプラバトルを純粋に楽しむより、プラモデルが動く方が不思議だし、興味深いよな…。
学会をやれよ!


しかし、前々回のガンダムX魔王とソーラーシステムサテライトキャノンと、今回の粒子八経と、種が割れると大したことないって感じはある。まあ、そうせんと主人公は勝てんのだが。
ていうか、やっぱりスタービルドストライクがなんであんなにプラフスキー粒子特性を利用しまくる技術を持ってるのかってのが謎。無意識的に粒子の秘密を思い出してるのかなー?