玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナがウテナだった

居心地のいい棺の世界とかウテナだ…。白馬の王子様とか。
原画にハセシンさんいたし。
おとぎの話の赤い靴をモチーフにしたバレリーナなのでプリンセス・チュチュ要素もあり。歯車とかはチュチュでしたね。
あと、少女の不幸をエネルギーにして云々のくだりは魔法少女まどか☆
マギカ新篇叛逆の物語でしたね。
風邪を引いたんであんまりいろいろ書けないけど、アニメーションの動きも豪華だったし、クラシックな御伽噺モチーフのストーリーも強度があったし、楽しめて泣けたので良かったと思います。
ちょっと調子が悪くて見るのが遅れたけど、また数回見てもいいと思える映画でした。