玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

KING OF PRISM -Shiny Seven Stars-第3話 香賀美タイガ 祭りなら! 俺の中にある!

 前回の太刀花ユキノジョウの回はすごく緊迫感があったのだが、今回はちょっぴりコメディ風。香賀美タイガのお当番回。点数もユキノジョウより低いので、若干軽い感じがある。
 楽しく見れました。


 あらすじ

出身地の青森で「ねぶた祭り」開催が近づき、テンションの上がる香賀美タイガ。そんなとき、くしくもエーデルローズのみんなに祭りでの仕事が入る。タイガの実家に招かれた一同は、タイガの姉・大空からタイガが初めて東京にやってきた幼い日のこと、そして初めてプリズムショーに出会ったときの話を聞かされる。

#3 香賀美タイガ 祭りなら!俺の中にある!

  • 仁科カヅキてめえ!

 本当に仁科カヅキは人の人生を無自覚に狂わせすぎじゃねえ???小学生の時から!わかなーーーっ!
 ビビった。ここまで人たらしだとは。タイガの姉の大空がオバレのファンと言うのは劇場版キンプリから設定としてあったけど、そこに足して小学生の時にカヅキとタイガがひと夏の胸キュン体験してたっていう!(同時に森園わかなもやられている!まれいたそ~!)




 で、なんか営業でエーデルローズのみんなが青森のタイガの実家に来る。そして恒例の風呂でトーク。7人が五右衛門風呂にすし詰めになってる肌の密着感がやばい。
 風呂で男まみれになったからか、仁科カヅキ先輩との馴れ初めを語るタイガ。
 実家で木登りするタイガとか、過去話とか、色々面白いのだが、タイガの成績が悪すぎていける高校がないのでエーデルローズに行くってちょっとどうなんだ。っていうか、エーデルローズと華京院学園は似て非なるものなのだが。

・エーデルローズ生は原則エーデルローズ財団が経営する華京院学園に通っている。

http://anotherllr63.hatenadiary.jp/archive/2016/02/17

 エーデルローズはプリズムスタァ養成所で、高校とは違うのだけど、華京院学園にタイガは受かったのかな?でもずっと学ラン着てるので高校には受かってないかもしれない・・・。
 あと、家族の話もプリズムノルマでやるけど、タイガの家はプリティーリズムRLシリーズの数々の機能不全家族に比べると比較的仲良し家族のようでした。姉もドルヲタだけどそこまでキモくなかったし。



 そして入寮とか女装とかプリズムキングカップとかいろいろあって、
「香月先輩は手の届かないところに行ってしまった・・・」


 の翌日!祭りの会場で!

「よっ!」
NEO STREET STREAM


 仁科カヅキ!来るんかい!めっちゃ手がとどくところに普通に原チャリで来る!マジかーーー!間近ーーー!
 そういうところだぞ仁科カヅキ!


 神浜コウジが無理、っていう意見もTwitterでよく見るけど、仁科カヅキ先輩も割りと大概だな・・・。本人がめっちゃ無自覚なのが凄い。そしてリンゴを被る。取らない。
 ヒロ様ももちろんやばいやつだし、オバレはホントやばい・・・。

  • タイガのプリズムショー

 夏のねぶた祭の青森と、プリズム1の大会で2回同じショーをタイガがやったっぽい。ねぶたから成長してないのが若干・・・?


 ねぶた祭でシュワルツローズの高田馬場ジョージが山車を大きく作りすぎて倉庫から出せず、他の山車も作れてなくて、祭ができねえ!というトンチキな状況になる。そこでねぶた祭の代わりにタイガがプリズムショーで何とかする!という状態になる。ネタバレは避けるが、プリズムショーでねぶた祭はなんとかなってしまった!!!!なるのかよ!!!!


 プリズムショーなんでもありだな・・・。ということを改めて実感させられた。まあ、異次元からの使者のパワーで実行される競技だからな・・・。


 しかし、正直なところ、ストリート系はプリティーリズムレインボーライブ本編でもバトルが重視されてたので、キンプラのタイガが大和アレキサンダーと戦ってプリズムショーをしたのに比べると、今回のソロのプリズムショーはちょっとチャラチャラして終わってしまった印象。


 いや、めちゃくちゃすごいことをしてしまったんだけどな!だってプリズムジャンプで神々を降臨させてしまったわけだし。それは凄いんだけど、バトル展開のほうがストリート系らしさがあるような。
 仁科カヅキ先輩のメンタルがめっちゃ安定していて、まあ、この人はいつもどっしりしているのだけど、あんまりタイガと喧嘩したりという感じではない。タイガは仁科カヅキ先輩に惚れっぱなしなんだ。ちょっと弱いなー。


 でも、プリズムジャンプで祭を成功させてフリーダムしたタイガは一念発起してカヅキ先輩に告白しようとするのだが・・・。


 突然のチェリピキ!

cherry-picking days

cherry-picking days


 なんか、仁科カヅキを追いかけるラブレースにタイガも加わって更にグダグダ感が増して行ったような・・・。
 本当に人の心を掴んでそのままにしてしまう無自覚系イケメンの仁科カヅキ先輩、いつか反省してほしい。でも、その日は来るのでしょうか・・・(なる〜しょん風)


 仁科カヅキてめえ!って言う心をつかまされたのは、もう一人、大和アレクサンダーがいるので、アレク回で仁科カヅキが描かれるのかどうか。映画を見た人はもう知っているんだなー。っていうか、映画で完結したらしいじゃん。そして、ヤバかったらしいじゃん。僕は家で配信で見るけど!毎週悶々としていきたい。


 あと、5月4日香賀美タイガくん、5月5日仁科カヅキ先輩、誕生日おめでとうございます。
 こどもの日が誕生日のキャラクター多いよな!アイマス水瀬伊織ちゃんとアイカツ!の有栖川おとめちゃんもお誕生日おめでとうございます!
THE IDOLM@STER MASTER ARTIST 3 05水瀬伊織
アイカツ 5th anniversary 5周年 缶'sコレクション 缶バッジ 有栖川おとめ


http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z

著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、無職の著者に食料を与えると執筆期間を伸ばすことができます。資料を与えると文章の質が上がります。オタクグッズを与えると嬉しいです。

(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)