玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

【第6話】さらざんまいと幾原邦彦の世界

 村瀬歩さんのインタビューなどで「第6話は幾原邦彦らしさがつまった神回」ということなので、メンタルヘルスが弱い僕としてはプレッシャーが高まって午後9時まで怖くて見れなかったのだが、勇気を出して「つながりたいからあきらめない」見た。


 面白かったです。

 ていうか、自己犠牲とかウテナとか愛とかこどもブロイラーとか透明な存在とか幾原邦彦の世界の要素があるけど、全般的にむしろ「もーれつア太郎」を感じたんだが。
 





 主人公たちがラストで人間に戻るまで、ほぼディフォルメされたカッパなので、もーれつア太郎の奇妙なマスコットキャラクターがワイワイしている感じで、あんまり重く感じなかったです。雑なターミネーター2やコン・バトラーVのパロディもア太郎ぽさある。おまわりさんも出るしな。
もーれつア太郎 DVD-BOX Vol.4【完全生産限定盤】



 もーれつア太郎小さい頃に見てたなー懐かしい。


 幾原邦彦監督は新人の頃にもーれつア太郎の絵コンテ書いてたらしい。
www.otalog.jp


 母親と兄弟というモチーフは自死遺族として個人的にきついので書きたくありません。一稀は弟と母親に愛されていて羨ましい。
 遠藤綾さんの産みの母親は過剰な愛情を持っていた人だけど、春河に言われて身を引いたので、そこら辺が欲望じゃなくて愛なのかなあという感じです。


 獺帝国は愛を捨てて欲望だけでいいのだろうか・・・。
【Amazon.co.jp限定】レオとマブ~ふたりはさらざんまい~ (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (バーズコミックス ルチルコレクション)


 割と楽しく見れたので、考察は別に前に書いたのと対して変わらない感じかなー。帝国とケッピの謎もラストまでには明かされるだろうし。浅草関係は僕よりも詳しく考察してる人いるし。


 なんか、最近、ブロガーとして気負って長文を書かなければみたいに思ってしまっているところがあって、うつ病がひどいので、今回はこんな感じです。もーれつア太郎風のアニメーションの(特にケッピの)変形とアクションとケッピがボコボコにされていくのと雑なゾンビとのバトルが楽しかったですね。


 まず、アニメを楽しむところからリハビリをしなくては。

http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z

著者への箱のプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、無職の著者に食料を与えると執筆期間を伸ばすことができます。資料を与えると文章の質が上がります。オタクグッズを与えると嬉しいです。



(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)