玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

2021年夏/富野由悠季監督の週刊プレイボーイインタビューの感想

 Gレコ第三部3回目を見た帰りに買ったけど。

 富野監督が表紙にいないのがムカついたので追加しておいた。

  • なんか普通の雑誌だな

 内容については売ってる雑誌のことなのであんまり細かくは言えないし、その反面内容について書いているガンダムファンのツイッターアカウントもあるのでそれで。


 しかし、僕はオタクなので週刊誌とかめったに買わない。でも貧乏性なので自分で金を出したら、数百円でも、全部読もうという感じになる。京都精華大学の図書館だとアニメージュの「富野に訊け!」と小黒祐一郎さんの「この人に話を聞きたい」と氷川竜介先生のコラムだけ数カ月分まとめ読みして、山をチャリで越えて帰る(最近しんどくなってきた)のだが。(貧乏なのでアニメ雑誌も図書館で読めるなら山を越えるのです)


 あと、富野監督のインタビューが最後の方に乗ってたので、結果的に大半を読むことに。

週プレNo.33&34 8/23号 [雑誌]

 で、あー、普通だなあって思った。


 政治不信の文句と、カネの話と、芸能界を含む人間関係とオンナと包茎の話と車とバイクとスポーツの話題が多い。普通だ。アニメオタクから見たら圧倒的に普通のおじさん向けの雑誌だなって。


 でも僕はアラフォーなので水着グラビアを何十ページも見たら、ちょっと胃もたれした。水着や下着の美女の画像ってそんなに連続で摂取するものか?まあいいけど。(ちなみに僕の部屋に貼ってあるアイドルマスターのポスターに載ってる美少女の顔を数えたら軽く150を超えた。いや、一枚に13人載ってるやつとかあるし)
 でも童貞思春期の頃だと1ページごとに射精していたと思う。


 富野監督的には女体を嗜むほうが健康って言われそうだけども。


 あと、インターネットのオタクの僕が基本的にあまり信用していない、というか正直嫌いな、現在は自己啓発系で稼いでいる過去の有名人の、ひろゆき、ホリエモン、爆笑問題、落合陽一が連載を持ってて、うーん。ってなった。
 いや、別に嫌いになるくらいは自由だろ。悪口は本題ではないので書かないけど。ライブドア事件の前からホリエモンは自分では作らないのにさるさる日記とか掲示板とか若くて権力のない人が作ったネットサービスの買収で会社を大きくしていて普通にきらいだった


 でも普通のおっさんから見たらひろゆきですら新進気鋭の実業家に見えるのかなー。


 逆に畑正憲ムツゴロウさんは86歳になって回顧録を連載しているのか。動物王国のムツゴロウさん、めっちゃ久しぶりに読んだな。


  • 普通の富野、普通じゃない富野

 とかいいつつ、割と定期的にプレイボーイのインタビューに答えている富野監督でもある。一年半ぶり。「マニアは危険」というセリフが出てくるマニアックな機動戦士Vガンダムの監督なので、普通の人間の俗世との関係も重視している。それを無視するとロザミア・バダムになる。


 なので、富野監督には普通の社会人としての一面と、異常な創作家としての一面がある。


  • 普通っぽい所

 普通に老いてるし、老人なので普通にコロナワクチンも打つ。


 あと、「子ども向け作品は一生モノ」という監督がよく言ってることだが。プレイボーイ、キン肉マンを連載しているんだよな。際どいグラビアとか政治とカネの話とか車の値段とか株式投資とかおっさん臭い連載の中で、キン肉マンだけが小学生レベルの内容をずっとやってる。
(いや、このコマ、要るか?みたいなしょーもない場面も、初期からいる超人の登場シーンを盛り上げるのもキン肉マンらしさだ)

キン肉マン 75 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 子供の頃にキン肉マンに夢中になったおっさんにとってキン肉マンは一生モノという点で、ガンダムと同じなんだなあ。キン消しとガンプラ。



 G-レコの話は意外と少ないのだが、宇宙でも女の子がいないとつまらないとかそういう。グラビアも大事。ドニエル・トス艦長もシートにグラビアをプリントしている。でも、G-レコ劇場版第三部のドニエル・トス艦長は座ってる印象より無重力で天井に張り付いたり、宇宙船の揺れに合わせて飛び回ったりしている印象が強い。銀河英雄伝説やスター・トレックでは宇宙船の内部での転倒で負傷する人が多かったけど、ドニエル・トス艦長は受け身がうまそうだ。体格も寝技っぽいし。第4部では全裸ハプニングをやるのかどうか。


 ハリウッドのガンダムの実写化の話では、年上のクリント・イーストウッド監督ほどパワーが無いのでやれないという普通の老い。まあ、ダーティハリーは強いからな。(いや、僕もイーストウッド作品は話題作をつまみ食いしているだけで近年の制作方法は調べてないけど)
 あとイーストウッド監督は早撮りで有名だけどG-レコ、2007年頃から企画をはじめて2014年にテレビ放送して、今が2021年だからな。構想制作14年とか、アイドルマスター16周年かよ。
 そして僕もG-レコテレビ放送からほぼずっとG-レコをブログのメインの話題にしている。ふぇーん。時間がない。ソシャゲして寝てるけど。シンデレラガールズも10周年です。


 ハリウッドのガンダムの実写化、内容は全くしらんけど、普通に面白くなればそれでいいですね。異常なことはだいたい富野監督がやっているので。エヴァンゲリオンのハリウッドとは何だったのか。


 あと、他の普通の人のコラムを見ると、近未来に不安を煽って、なんか賢いことを言った雰囲気を醸して文を終えているのが多い。コロナウィルスとか、オリンピックの失敗の後とか、政治とカネとか、中国の台頭とか、宇宙ビジネスとか。
 逆に車とかバイクとかスポーツはヤンキーっぽい文脈で楽しそうにする。社会不安を煽ったあとに、それを忘れるような楽しそうな商品を紹介する。普通の商業主義だなあ。


 富野監督も宇宙ゴミとかめっちゃ詳しいので、そういう環境汚染については言ってる。
 あと軌道エレベーターの話。キャピタルGの物語が掲載される前に富野監督がガンダムエースの対談コラムで宇宙エレベーター学会の人と話していたり、それについて特番に出たり、宇宙エレベーターの本に寄稿していたのも見ていると、まあ正直、ちょっとキャピタル・タワーの話は飽きた面もある。
宇宙エレベーターの本: 実現したら未来はこうなる


  • 普通じゃない富野監督

 ハサウェイアニメ化の件で、80歳を目前に「うれしいけど手塚治虫先生と同じ立場になってしまった」と嘆く監督。いや、手塚治虫先生は還暦で死んでるからね。
 老いてるとかいいつつ、手塚治虫先生より1.333倍長生きして、腰痛は気の毒だけど今の所ガンはないらしい。タバコと酒はやる。
 手塚治虫先生にはもっと長生きしてほしかったなー。石ノ森章太郎先生は最近鈴木福さんに転生したらしいけど。


 富野監督、Gレコの現場でも「手塚先生はもっと働いてた!」って誰よりも長く作業しているらしいけど、手塚治虫先生は多作だけど早死にしたので。
 富野監督は「体力が衰えたよー」とか言いながら生きてるし新作映画の指示出しや作業(G-レコ第三部のダンシングザブングルみたいな謎エンディングの作業まで)をやってるので。ちょっと地味に怖いな。強すぎないか?お父上は90代まで生きてらっしゃったらしいが。
 僕は精神をやられて弱いので、当面の目標は富野監督よりほんの長く生きることですね。
 いや、本当にガンダム関係者で富野監督より先に亡くなった多くの人を思うと。



 あと、ビジネス論については20年前のエッセイのターンエーの癒しではバンダイに対する感情をむき出しにしていたけど、ディズニーやジブリなども分析して、わりと冷静に巨大企業組織を評価している風に方向転換していて、ちょっと意外だった。印税の率が上がったのだろうか。
 ルーカスフィルムのスター・ウォーズ系のおもちゃよりバンダイのプラモデルの方が脅威の技術力だからな。美少女の肌の色合いを多重成形したプラスチックの厚みで表現するプラモデルとか、ちょっとガレージキット時代を知る人間としてはヤベーって思う。そんなの、思いついてもやらんやろ。もちろん、ガンプラ旧キットの金型を今も修正しつつ売り続けているという企業努力も異次元だ。
フィギュアライズラボ 式波・アスカ・ラングレー 色分け済みプラモデル

 なんだかんだ言って僕もアイマスやニチアサが好きなバンダイの犬なので世界的に独占販売戦略をするアマゾンプライムやNetflixやビリビリ動画ではなくバンダイチャンネル!
(ゾンビランド・サガ・リベンジだけはABEMATVでみました)


 
 G-レコはガンダムとは違う新しい物語という富野監督の話も何度も聞いたし、宇宙エレベーターの話も何度も読んだが。(他の人類進化の本を読んでいるので「アニメを作ることを舐めてはいけない」は積んでます…)
アニメを作ることを舐めてはいけない -「G-レコ」で考えた事- (単行本コミックス)


 でもG-レコ、作中で普通に宇宙戦艦とかモビルスーツがキャピタル・タワーの昇降機よりも速く高く飛んでるよな?
 富野監督は「宇宙エレベーターのあるG-レコは新しい!」って言ってるけど、半分ウソで、「やっぱりロケットが好きなんだろ!フォン・ブラウン博士のロケットを見たときに好きになったんだろ!」って思いますね。
 G-レコの宇宙船やモビルスーツ、機動戦士ガンダム00の影響もあるのかもしれないけど、基本的に水の玉を使って、水を噴射剤にしている水素エンジンっぽい。(なのでコア・ファイターがメガファウナのデッキ内でロケットを吹かしても火災は起こらない)
 クソでかレジェンド宇宙船で金星まで行くし。カシーバ・ミコシも3倍くらい大きくなるし。クレッセントシップの推進装置はヒッグス粒子とかを匂わせているけど。
 インタビューでは宇宙開発の問題点も指摘しつつ、やっぱり作品では「広い宇宙をデカイ宇宙船が速く飛ぶとカッコいいぜ!」という少年エース連載の機動戦士クロスボーン・ガンダムでやったようなキッズ感覚を表現してて。どこまで本気なのか???
 まあ、フォトン・バッテリーとかミノフスキー粒子とか土の玉、水の玉、空気の玉は嘘なんですが。でも嘘なんですが、キッズに対してそういう「広くてデカイ世界へのロマンの夢(それは現実の宇宙開発そのものである必要はないのかもしれない)」を植え付けようという野心は失ってないよな。


 で、プレイボーイの社会派のコラムでは「中国に負けるかもしれない」とか「不況になるかもしれない」とか不安を煽るような末尾なんだけど、富野監督は「コロナウィルスとか大変だけど、それはそれで人類の長い歴史の糧だし、むしろコロナで暇になったら、その間にGレコでも見てくれよな」という明るい宣伝で締める。
 巨匠の社会派ご意見と見せかけて、商品宣伝で締めるという、他のプレイボーイのコラムがどちらか一つしかやらない不安感と商品宣伝の両方をやるという策士ぶり。


 いや、このタイミングではG-レコの映画の宣伝に徹するのが普通だと思うのだが。ほとんど映画第三部の話をしてない。何度も聞いたキャピタル・タワーの話と、あんまり聞いてない手塚治虫先生の話。


 うーん。ハサウェイについてもノーコメントを貫いているし。逆に底知れなさを感じるぜ……。とは言いつつ、他のネットインタビューでは公開前に壮絶なネタバレをやっているし予告編で新作カットをブチ込んでいるので。それに話の筋自体は7年前にテレビで放送してるので…。
(劇場版Gのレコンギスタのネタバレはサンライズかプレイボーイの編集者がカットしたのかもしれないけど)


 オタクの贔屓目かもしれないが、やっぱり富野監督は他の普通のコラムニストとはちょっと違う凄味を感じる。おもしろい人だなあ。
 もちろんGのレコンギスタは劇場版第三部で面白くなった。コロナに怯えつつ映画館で3回見たけど、基本的に「広い宇宙ですごいメカが動くとカッコいい」というノリでやっているので単純に面白いです。アンパンマンの劇場版の超絶作画みたいな。
(むしろ政治劇とか人間ドラマ部分は濃厚だけど、メカアクションの箸休めパートみたいな感じすらある。メカアクションをしながら男女関係を同時に描いたりもしている)


 ガンダムファンはおっさんになってしまったのだが、キン肉マンのようにおっさんの小学生時代に訴えるような昔の名前で出ていますをやらずに、今の世代のキッズに宇宙世紀ガンダムとは違う新しいG-レコの世界で、単純なアニメの面白さとか明るさを見せたいという意欲がある。(それが成功しているのかどうかは、僕はキッズと縁がない独身おっさんなのでよくわからないが)
 でも、ロボットが投げキッスしたり、スクリーンいっぱいにクソデカ宇宙船が飛んでたり、ドリカムの歌に合わせて謎のダンス(マジで謎)が続くのは、僕はガキみたいに面白いと思った。理屈ではない。


 そういうわけで、12年前に僕が受けた氷川竜介先生の池袋のカルチャースクールで「アニメ監督分析講座、富野由悠季を分析する回」で氷川竜介先生が予定時間を大幅に超えて様々な分析をした果てに「富野監督は本人が面白いので作品も面白い!」という、あの論理派の氷川竜介先生が分析もクソもない結論に達したのと同じ状態を、今も富野監督は保っているということです。
(その講義の後に氷川竜介先生が「やっぱり富野監督を2時間の授業でまとめるのは無理だったよ…」と真っ白になっていたのが印象的でした)


 ていうか、5ページのインタビューにこれだけ反応する僕はやっぱりオタクなんだろうなあ。


 でも、富野監督もおかしいけど、「閃光のハサウェイ」と「Gのレコンギスタ」を同時に「PUI PUI モルカー」とコラボさせるサンライズ第一スタジオとシンエイ動画もクレイジーだよなあ。いや逆襲のシャアとF91でSDガンダムと同時上映とかチョロQダグラムとかあったけども。


natalie.mu



 オタクの話は尽きないけど、寝る。
 えっ?ていうかもう午前4時?クロスボーン・ガンダムのおもちゃをもらったのでひとしきり遊んでオンライン飲み会をしつつスミ入れをして、「Gレコの話は長くなるけど、プレイボーイのコラムの感想なら寝る前にサクッと書けるだろう」と思っていたのに。
 むしろ書く前は眠かったのに、富野監督のことを書いていたら眠くなくなった。いや、無職なのでいつ寝ても別にどうでもいいんだけど。
 ちょっと、パソコンの反応速度とタイピング速度が遅くなったかもしれない。


  • ほしい物リスト。

https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z
↑グダちん用


 著者へのプレゼントはこちら


つかいかた
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、著者に物を送ることは出来ます。特に返礼はないです。



 脳内妹との結婚祝い用のほしいものリストはこちら↓
https://www.amazon.co.jp/gp/registry/wishlist/ZBT6MG18QP11



note.com
noteでは金銭のサポートができます。


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)