玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

その前に感想。

機動戦士Zガンダム~A New Translation Review~(初回限定盤)

Love Letter

Love Letter

をアマゾンで買ったよ。
ガクトの新曲は、元々Love Letterの最後の曲とCRESCENTの最初の曲なので聞いてたんですけど。
Love Letterカミーユが思いっきりラブラブすぎてやばい。ガンダムの癖に哀じゃなくて愛をストレートすぎるというか普通に幼馴染とゴールインというガンダムにあるまじきさわやか恋愛ぶりな歌でビビッタ。音楽的にはスタンダード。それより歌詞がさわやか過ぎる。愛してる愛してるとか言う。ファ・ユイリィを愛しすぎ。
でも、カミーユの人生は全然さわやかじゃないイベントの連続なのに・・・。こんなにさわやかになれるのか?カミーユ・ビダン!うーん。やばい。
Dybbuk(ユダヤ伝説の背後霊、悪霊)は以前聞いた時は歌詞はZガンダムっぽいと思ったんだけど構成がラップとかオーバーラップとかでアニソンっぽくないので合わないかなあと思ってましたですよ。Gacktがどう変えてくるかを楽しみにしてましたよ。
そんで、今日買いましたよ。
そしたら、あんまり変わってない。
えっと、ラブレターはコーラスが入ったのとレコードっぽいノイズでエイジング処理してあるだけの変更。ディバックはえーと、よくわからんが新録音。でも構成は一緒。
エエーッ!
ディバックってカミーユがクライマックスで超カッコいい所でかかると噂で聞いてるんだが・・・。
なんてね。俺が何が嫌いかと言うと、自分の価値観で悪いと思うから悪いと考える事だ。悪いと感じられないもの意外は悪いと考える必要は無いし、いいと考えた方が気持ちいいのでいいと思うのだ。
っていうか∀信者だし。監督の所業は全肯定です。絶対合うんだろうな〜。たのしみだなー。どんな絵作りで来るんだろうか?うひーっ!
歌詞はものすごくあってるから大丈夫だな。
ラブレターはコーラスが入って加工した分、音が広くなって映画館で流すのに合うと思う。サウンドトラックに入ってるバージョンはシングルバージョンと違って原曲に近いのでシングルを聞くのも無駄でないと思う。カラオケも入って無くて1050円だけど。