玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

怪人による #仮面ライダークウガ 1,2話感想

昨晩、日曜日をまるまる潰して913の日に仮面ライダークウガの感想を書いてnoteに有料記事にして載せたのだが、有料記事が売れる売れないの以前に30ビューしかなかったので、何もしなくても500ビューあるはてなブログに載せ直します。さすがに一日書けて書いたのが30ビューは凹む。金やチヤホヤされるためにも書いているけど、やっぱり読んでもらいたい気持ちがあるので。
まあ、はてなブログは過去記事が読まれることが多く、最新記事を読んでもらえるのも確証はないのだが。というか、最近は読者数が伸び悩んでいて限界を感じている。


 僕のハンドルネームの「グダちん」はグロンギ族の「ヌ・リョウグ・ダ」(電気羊種怪人)の略称ですが。(ちんはAIRの観鈴ちんから。同じような病気なので)

 (ヌ集団としての任務はデビルマンのように人間に憑依して、リント社会に潜伏してリントの道具を使えるようにすること。ゴ・ジャーザ・ギのインターネット回線を手伝ったり。)

 ちょうど僕の人間部分がパソコンと携帯電話でインターネットデビューしたのがクウガ放送と同時期だったので。

 また、クウガがダグバの目を引きつけてくれたので粛清から逃れられた。

 そういうわけで、仮面ライダークウガは僕にとってかなり思い入れのある作品です。大百科も超全集も買った。でも思い入れはある割に20年間再見していなかった。そこで、今回20周年を記念してYouTubeで2話ずつ公開されるということで、感想を書いていきたいと思います。土曜の夜に、見てから感想を書こうと思ったけど、当時の批評本や大百科や超全集を読み返していたら午前三時になったので。
仮面ライダークウガ超全集 <上巻>

続きを読む

noteに仮面ライダークウガの感想を書きました #kuuga

www.youtube.com

 My New Legendの仮面ライダークウガがYoutubeで配信されているので感想を書きました。僕ははぐれグロンギ怪人ですけど、リントがグロンギに等しくなるなら、グロンギが人間社会に潜伏してもいいのでは。
 仮面ライダークウガのファンと言うより、90年代限界オタクが暗黒の眠りから蘇った感じでもあるが…。
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーディケイド (真骨彫製法) 仮面ライダークウガ マイティフォーム (DECADE Ver.) 約145mm ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア


 このブログはアニメブログなので、なんとなく仮面ライダークウガの感想はnoteに分けます。
 有料記事なのは…怪人なので…悪事を働きたいので…
 まあ、南条光の誕生日だし…大目に見てほしい…
アイドルマスター シンデレラガールズ アクリルキャラコレクションぷち 第7弾 【南条光】
S.H.フィギュアーツ 仮面ライダーカイザ GLOWING STAGE SET (TAMASHII Feature's Vol.6、魂ウェブ限定)
仮面ライダー913(1) (電撃コミックスNEXT)


 でも、Youtubeで広告収入が大事とは言え、仮面ライダーの動画に借金返済裏技とか毛穴ケアや薄毛などのコンプレックス商法の広告を付けないでほしい…。ヒーローの動画には玩具か光るパジャマか魚肉ソーセージの広告を付けてほしい…。

SHODO-X 仮面ライダー11 (10個入) 食玩・ガム (仮面ライダーシリーズ)

SHODO-X 仮面ライダー11 (10個入) 食玩・ガム (仮面ライダーシリーズ)

  • 発売日: 2020/12/31
  • メディア: おもちゃ&ホビー

公研富野を読む 君は悪人を尊敬できるか?

koken-publication.com

 78歳にしてまだ半生というのか。


 先日の京都精華大学の教員に関するお気持ち表明は僕のブログのような零細ブログにしてはアクセスが増えた。
 しかし、安倍晋三と仲がいいらしい松任谷由実氏を「死んじゃえばいい」と言った政治学者の白井聡よりも、富野由悠季監督の今回の公研(今まで知らなかった組織だが)のインタビューでは富野由悠季自信から彼の数々の悪事の告白がなされている。
 そもそも、富野由悠季監督は「みんな星になってしまえ」「庵野秀明なんか死ねばいい」「エヴァは潰す」「コロナウィルスでたくさん死んで人口が減ればいい」とか言っている殺意の塊の老人である。白井聡よりももっと批判にさらされるべきだと思う。
富野に訊け!! 〈悟りの青〉篇 富野に訊け!!

 思想信条が異なる相手に死ねと言う白井聡は大学で授業をすべきではないとか、前回の記事で様々なご意見を頂いた。富野由悠季監督のほうが少なくとも40年近くに渡って様々な相手に殺意を向けていると発言しているし書籍にも書いている。(実際に服役したのは宇宙戦艦ヤマトの西崎義展プロデューサー)
 でも、富野監督はドリカムのラジオに出演して、「ドリカムは売れてるのでぶっ殺したい」と中村正人さん本人に面と向かっていったのに、笑って許された。この富野と白井の差は何なのか。

dreamscometrue.com

 中村さんは2月にも殺されたのに嬉しそうだ。


 (全部書いてから、前書きに注意書きを書くけど、1万8千文字あって、くっそ長い上に大して役に立つ文章ではない。ただ、個人的に富野由悠季最新インタビューについて自分が飲み込むために、むしゃくしゃして書いた文です。なんでそんなことを書いてしまったのかと言うと、邪悪なオタクだからとしか言いようがない)

続きを読む

前回の記事のブクマレス兼、「言葉と怒り」について

b.hatena.ne.jp
 なんかちゃんと調べた記事よりも雑に書いたお気持ち表明レベルの記事ほどブクマコメントが増えてアクセスが増えるっていうの、悲しいんだけど。まあ、6時間程度で様々なご意見を頂いた。


 しかしまあ、みんな、とは言わないが読めていない人が多い。あるいは重箱の隅をつつく程度のツッコミを一意見として言っているような矮小な人間が多い。

続きを読む