玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

ガンダム

辻谷耕史さんの逝去を受けて

ほとんど他人のガンダムファンに過ぎない僕も動揺して気持ちの整理をつけようとこういう文章を書いている。親しい方々の心中お察しします

『Vガンダム』を12歳の頃に直撃した僕が、監督に反論するために思い出してみた結果

Vガンダムの悪い所は本当はもっと熟慮しないとダメです。

萬画版逆襲のシャア ベルトーチカチルドレン

機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ベルトーチカ・チルドレン(7) (角川コミックス・エース)作者: さびしうろあき,柳瀬敬之,矢立肇・富野由悠季,出渕裕出版社/メーカー: KADOKAWA発売日: 2018/09/26メディア: コミックこの商品を含むブログを見る女が描いてるマ…

機動戦士ガンダム4ワッケインの失策

軍規を守るワッケインはガンダムとWBは自分の権限外なので調べたりデータのサルベージもしない。 ここはシャアが攻めてこないでV作戦の本来の担当部隊を待つ余裕があるのなら正解。しかし、シャアはそんな優等生の裏をかいて狩りをする。

機動戦士ガンダム3敵の補給艦を叩け

ジオンの老兵ガデムのパプワ補給艦をガンダムたちが蹂躙して殺害する話。 いわゆる泥臭いジオンのおっさんのアーキタイプ。 少年たちが何の躊躇いもなく殺害するのは、宇宙戦闘の距離感からか?新人類? しかし、今回はアムロよりシャアの方が台詞が多い。 …

機動戦士ガンダム第2話「ガンダム破壊命令」破壊とは

「破壊」とか、いくつかのキーワードで心理的、物理的、効率的な障壁なりパラメーターを考えながらアニメを見るのも楽しいと思います。

蘇る蘇る蘇るグダちん 発達障害とアムロ

前回までのあらすじ nuryouguda.hatenablog.com ここ半年ほどほぼ毎日嘔吐していたので仕事とブログを辞めた。ひどいうつ病と自律神経失調。精神科の入院を薦められているが入院はベッドの優先順位などがあり自宅療養中。20時から13時まで、食事や排せつを挟…

全ガンダム大投票小論

「NHK 全ガンダム大投票 富野監督関係まとめ」をトゥギャりました。 https://t.co/Cw3O426Cu5— クログレイ (@blackgray8) May 6, 2018 NHKの主催でガンダムの作品、キャラクター、メカ、歌などのランキングを視聴者の投稿によって決めて、その結果を発表する…

ガンダムビルドダイバーズ2話感想

ガンダム00続編が制作中らしい それはともかく、キッズアニメだからか、ちょっと感情の起伏の演出がおとなしいと感じた。 作画は端正、レイアウトは省エネ

Gレコ後期OPとアナ雪とMay J.と殺人考察番外

今、Gのレコンギスタのベルリの殺人考察を書くにあたり、さすがに筆が鈍ったので研ぎ直すためにGレコの後半を見返している。で、1か月くらいかけて21話までは見た。なのだが、何にもアウトプットしてないとそれはそれでイライラするので後期OPの「ふたりのま…

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST第4巻 忍風ガンダム外伝

前回までのあらすじ! nuryouguda.hatenablog.com nuryouguda.hatenablog.com nuryouguda.hatenablog.com nuryouguda.hatenablog.com 発売日に買ったけど精神的にやられていてブログを書けなかったが、精神科医に「君は完璧主義者だからフリーズしてるんだよ…

ベルリの殺人考察第2部第13話B 飛翔すアイーダと記憶

ガンダムGのレコンギスタ第13話「月から来た者」のBパートの考察です。 ベルリの殺人や戦闘に対するリアクションについてのブログですが、ベルリのワンショットごとに分析する精度で見ていたら他のキャラクターの心情も見えてきた。また、マスクやクリムとア…

君の名は。からGのレコンギスタが学ぶべきこと

テレビで「君の名は。」を見た。確かにヒットするのも肯ける出来だった。 「ガンダム Gのレコンギスタ」という全26話のテレビアニメがある。その監督の富野由悠季監督はGのレコンギスタ(Gレコ)を全5部作の大作映画シリーズに作り直す作業をしているらしい。 …

ベルリの殺人考察第2部第12話 後編 情報量が多すぎる解説

前回の殺人考察!ガンダム Gのレコンギスタ第12話「キャピタル・タワー占拠」Aパート nuryouguda.hatenablog.com 今回はBパートのベルリの心境の解説を行う。 しかし、前回は私の力不足もあり、Aパートのみの解説であった。しかし、待ってほしい。そもそもこ…

ギラ・ドーガはなぜアクシズを推したのか?

密会を読んだ程度で逆シャアの話までするのは飛ばしすぎなのだが。9月に富野監督が奈良映画祭に来るというので逆襲のシャアを映写機で見た。そこで感じたことを書く機会がなかったのだが、昨日のシャアの記事のついでに書いてしまう。 本当はGレコの考察をし…

ガンダム密会・肉体派NTシャア・アズナブル論

また「密会 アムロとララァ」を読み返していたのだが、ニュータイプの描写で非常に納得のいく記述があった。それはアムロとシャアとララァとオールドタイプについての設定である。非常に端的にそれぞれの人々の性質を述べている。 そして、またこれは富野監…

ベルリの殺人考察第2部第11話 殺意を燃やす人々、恨まれる主人公

ガンダム Gのレコンギスタの第11話「突入!宇宙戦争」の、ベルリ・ゼナムの殺人や戦闘に対するリアクションの考察です。 このブログの殺人考察シリーズは2014年から半年放送されたガンダム Gのレコンギスタの主人公のベルリがどんな気持ちで戦ったのかを2015…

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST第3巻 宇宙戦国塵積大河ドラマ!

前回は感想が遅れたが、今回は発売日に買ってきたぜ!まあ、Gレコの感想は遅れているんだが、それはそれとして! 大河ドラマだこれ! 宇宙世紀の年表を埋めるような歴史萬画ではなく、NHKでやってる大河ドラマに近い感じ。 まさに宇宙戦国時代! 今回は主人…

最近アイドルのライブについて思うこと完結編・沼倉愛美さんに向けて

そんなわけで、先月沼倉愛美さんのイベントに行ってきたことの日記を書くのに一ヶ月くらいのタイムラグが発生した。 時間の使い方が下手である。 nuryouguda.hatenablog.com 前回はこう書いたわけだが。 まあ、いろいろとアイドルを応援することについて思う…

機動戦士クロスボーン・ガンダム DUST第1~2巻のキャラ別感想

長谷川裕一先生は富野フォロワーの中でもあきまんやウエダハジメと同格だと思っている。その中でもコンスタントにガンダム作品を描いている長谷川裕一先生のクロスボーン・ガンダムシリーズはとても好きだ。人間味あふれる雰囲気も趣向に合っているので、ク…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第2部第10話 愛の悪咲く思春期

Gレコ第10話「テリトリィ脱出」の感想です。この殺人考察シリーズでは、主にベルリがどんな気持ちで戦ったり殺したのかを映像に即して考えている。そして、やはり大きいのは6話の戦闘で、789話をかけてベルリはリハビリをしていると見た。 前回、9話の感…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第2部第9話 子ども帰りの安心感

このシリーズはGレコの主人公のベルリがいかに殺人行為に直面してきたのかっていう、2015年に開催したトミノアニメブロガーナイトでの30分ほどのプレゼンテーションを改めて文章に起こしたものですが。 トークショーでは省いた話数もあります。この第9話など…

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴースト第12巻(完結) いのち

機動戦士クロスボーン・ガンダム ゴーストは主人公がオタク眼鏡ということもあり非常に僕の中で大切な作品になった。 そういうわけで、最終巻は発売と同時に買ったのだが、これまでの11冊を読み返して感想を書こうと思ったところ体調の悪化やGレコの復習など…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第2部第8話 感情と政治

殺人考察では7話以降を第二部としていて、8話はアバンタイトルの回想シーンがないので7、8話は連続話。同じマスク部隊とのカリブ海での戦場なのだが、細かく見ると7話はベルリが殺人後遺症からラライヤの介護を通じて戦線復帰する話で、8話はアイーダを援護…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第2部第7話 障害者と帰還兵のリハビリ

ダレ場。そして、7、8話は連続しているので一つの記事でまとめたい。 と2週間前に書いたが、意外と長くなったしFGOやけものフレンズやアイマスに時間を取られてブログがおろそかになったので、とりあえず7話 第7話「マスク部隊の強襲」 前回、デレンセ…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第1部第6話 殺してはいけない人、殺してもいい人とは?

ついに来てしまった。殺人考察第一部のクライマックス、第6話「強敵、デレンセン!」。この話は本当に感想を書くのも解説をするのもつらい。 しかし、富野由悠季ファンとしてはGのレコンギスタ活動はまだ終わってない!ガンダム Gのレコンギスタはまだ再構成…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第1部第5話 それぞれの戦う理由

分かりにくいと言われがちなGレコをベルリ・ゼナムの殺人や戦闘に対するリアクションを中心に考えていくこのコーナーですが。年内に全話を解説するつもりが週間ペースになってしまい、完全に無理!って言うかあと半年もかかるのかこれ?なんとか頑張りたい。…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第1部第4話 嘘と現実

ほぼリアルタイム感想と同じなんですが、 nuryouguda.hatenablog.com この殺人考察シリーズではベルリの殺人や戦闘に対するリアクションを中心にして分析することで、分かりにくいと言われがちなGレコを考えていくコーナーです! 今回は第4話「カットシー乱…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第1部第3話 大きなものに選ばれたい

本稿はガンダム Gのレコンギスタの主人公、ベルリ・ゼナムくんが26話に渡って行った殺人行為を分析することで、彼がどのように意識を動かしていったのかを解説し、それをもってGレコの物語の動きを俯瞰し、テーマ性を推測しようというものである。 前項 nury…

ガンダム Gのレコンギスタのベルリの殺人考察第1部1~2話

かくしてアニメーションの卓越性(徳)には二通りが区別され、観客による「多数決的卓越性」「大衆的徳」と、作品による「倫理的卓越性」「作品論的徳」とがすなわちそれであるが、多数決的卓越性はその発生をも成長をも大衆的数字に負うものであり、まさし…