玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

2011-12-11から1日間の記事一覧

ファイ・ブレイン 神のパズル第11話 女王様の逆襲 絵コンテ演出作画監督、重田敦司回!演出で泣けた!

実は、僕は重田敦司さんの絵がすごくすごく好きなんだ。∀ガンダム厨だからね。 で、今回は10月30日放送の第5話ぶりのコンセプトデザイン担当の重田敦司さん回。 セーラームーンのセルフパロディや、戦隊物やウルトラマンやコレクターユイとかバトルロワ…

機動戦士ガンダムAGE 10話激戦の日だったらしい

さっきは輪るピングドラム22話を見て「人を殺す動機とは何か」「ゲリラと国家権力の暴力とは」「戦争における倫理感を欠如させる狂気は社会への正義感が変形した怒りなのではないか」などと、長々と書いたのだが。 今回のガンダムAGEでオッサンが敵の戦艦…

輪るピングドラム第22話2「美しい棺」に入る冠葉の狂気と正義

なぜ冠葉は殺人者になったのか 冠葉は企鵝の会という美しい棺の闇の中に自分が残って、罪も罰も自分が背負って自分の人生を捨てて、殺人者となった。だが、彼自身に具体的に誰か憎んでいる相手はいないようだ。 ただ、義理の妹の陽毬を助け、血のつながった…

輪るピングドラム第22話「美しい棺」1愛の狩人・真砂子の倫理と映像原則

前回の感想で、美しさと殺人について書いた。 つまり、「愛は美しい」、されど「愛は愛する人と愛していない者を分けること」、だから、「愛によって人は人を殺す」と言うことだ。 冠葉は陽毬を愛するが故に、陽毬の意志とは関係なく、他人を殺した。 その姿は…