玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

トラックバックしたらkaito2198さんが返信エントリーを書いてくださった

ので、コメントを書きました。
僕は自分の書いたことを自分の領域に集める癖があるので、転載します。
http://kaito2198.blog43.fc2.com/blog-entry-28.html

たしかに、日本は何でもありですね。それが悪い事とは思いませんが。
社会的にも政治的にも宗教的にも性的にも絶対の価値がないから、何でもあり、と言うのが現状の日本でしょう。(その反面、学校や会社のような小さな集団での「空気」や「慣習」には囚われているのですが)
それでいて、当面の平和(継続的かつ広範囲の暴力がないと言う事)に安泰としています。かと言って、平和ボケが悪い!などと言いすぎるとリーンの翼のロウリと金本みたいに人に迷惑をかけるし。
そう言えば、「アベニールをさがして」では、日本は古代から人種と価値観の混入地帯と言われていたなあ。
などと色々なことを考えますが。長くなりそうなので黙ります。


とりあえず、kaito2198さんがコードギアスを、というかコードギアスというアニメを通して人生を楽しんでいると言うことが分かったのは良かったです。損しちゃうもの。
おもしろいかどうかっていう簡単な感情が共有できれば、それで喜ばしい事です。


自分の才能におごっている人を見ると、ちょっと下品な感じがして興をそがれる事もあります。しかし、谷口監督がおごっているとして、それで損をするのも反省をするのも谷口監督自身の問題に過ぎないと思います。
ちょっとうっとおしい位で、視聴者にはあんまり関係のないことだと思っています。別に谷口が偉そうだからと言って、谷口に撃たれて死ぬわけじゃないですし。作品を見て面白がればいいですね。つまんなかったら、それもネタにしてやればいいんですよ。
なるべくなら、面白いものを見たいので、作る人には頑張ってほしいですけど。それも願望にすぎないです。

などと、異文化コミュニケーションのような事をしちゃいまして、結構面白いですね。インターネットは。
でも、語っている内容は日本アニメの話なので、異文化と言うわけでもないか・・・(笑)?
kaito2198さんは日本語が上手すぎですし。(すこしトミノ訛りが強いですが)
僕は中国語を習う予定は当面は在りませんので、甘えさせていただきます。


しかし、それにしても普遍性と地域性と言うのは面白い議題ですねー。
僕の考えでは、地球は一つだけど丸くてしかも凸凹していると言う事です。そうしなければ生命の発祥も進化もなかったんで、しかたねーよなー。って思います。
そんで、人類と個人、あるいは「わたしとあなた」という議題にも直結してくるので、色々と連想が膨らみますねー。
富野監督がガンダムを普遍的に作ったつもりでも、環境の違う生い立ちの人には理解できない所があるし、富野監督もどこが理解されてないのか完全に把握する事は出来ない。
それが環境によるものか、個人差によるものか、判別する事(つまり人格を解剖する事)もできないんですよねー。若干の解釈は可能ですが。
まー、あれだ。
ちょっとでも面白かったら良しとしましょう。
Wrong About Japanの人も監督に会いに行くくらい面白かったんなら、それで良いじゃん。