玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

ハイム兄妹 別離 ロランとソシエ

ターンエーガンダムラスト
ディアナとキエルの二人のお姉さまの会話に入れないソシエ。
ソシエは兄にするようにロランにかまってもらいたくて、
ロランは妹にするようにソシエをかまわない。
ガンダムのダイクン兄妹やGenjiの源氏と紫の上のように。妹は自然と兄に構って欲しくて追い、兄にとって妹は自然すぎて構わなくなる。私はガチの妹萌えなので、それに敏感だとまっつね氏に言われた。
シャアも源氏も母のないマザコンで自分が空虚で自暴自棄だから、カリスマにはなるが、自分と同列の妹を深く愛しながら、すっごいぞんざいに扱う。
ディアナ様が母親な面もある。
ロランはソシエお嬢さまには気を使っていた使用人だ。が、一年の間にロランはもっと世界中に気を使って、自分を捨てて戦い、神を祭る司祭になってしまった。
(女心に鈍いのは元々か?でもドナ姉さんとはちょっと中学で付き合ってた。)
その反面、ロランがホワイトドールの司祭から解放されて倒れ込んだのはソシエの操縦するフラットの手のひら。
一年の間にロランにとってソシエは気を使わない妹のような仲間になったのかも。
妹には、気を使わなくて倒れこむ事ができる。
が、だからこそ、ぞんざいな扱いになってしまう面も。
そして、一度自分を捨てたロランの心の傷は深く、ロラン自体も俗世を離れるのが自然な流れだし、それはソシエもわかる。だが、ソシエは分かっても悲しい。ソシエは普通の女だから。(キャリアウーマン風になるし、世間っぽくなる)
だから、ロランはソシエにキスをしてきちんと振る。それは自分を捨てて戦い、今度はディアナに自分を捧げるロランの唯一の自分の意志表示かもしれない。
ひょっとすると自分を捨てたロランがソシエに気を使って「自分の意志で女を振った」という形を作ったのやも。
その真意はロランは寡黙なので分からぬ。キスとは、二人以外には聞こえない読唇術の密会。視聴者にもだ!
だが、自分を捨てたロランが自分の気持ちを見せられる相手がソシエなら、ソシエはやはり特別だと思えるし、意志があればロランも復活できるし、ソシエも立っていけるだろう。それならいいな。
が、それは恋愛にはならない別離で、兄妹的恋愛感情の結末とはそういうものかもしれない・・・。
ソシエも自分で金魚を捨てた。
きっと、ソシエは父親でも兄でもない、普通の男と結ばれて欲しい。
それが普通に戻れたロランでも構わない。
でも、ソシエが妹気分を引きずったまま女としてロランに構って貰おうとしすぎて、ロランがソシエを自分を捨てて愛そうとしたら地獄になるので、それはやだなあ。
それは、ロランとソシエも感じる所だったので、やはりああ言う風になっちゃうんだよね。すごく自然で仕方なくて、でも割り切れない悲しい別れ。


ハリーは女性を見る視線を隠すためにメガネをかける大人のスケベ人間イケメンで、成人式時代のパートナーを1話で平気で振っている大人のキエルも分かってるのだからキエルが女王に成っても心配ない。エロイよ、この二人。


あと、メシェーはソシエの先輩で飛行機を教えたりミリシャに入れたりしたから、メシェーが恋愛も先輩になるかと思うが、お父さん大好きメシェーの彼氏はロランっぽい長髪のムーンレィスっていうのはソシエからの影響かどうか。


逃避で長文を書く癖を何とかしろ。