玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

映画 プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ しんえいたいのコース #プリパリ観たぷり

ぶっちゃけると3回も同じ映画に4500円も払う金がないので厳選した結果が親衛隊のコースだよ!
なぜ親衛隊を選んだのかっていうと、キモヲタプリパラおじさんとしてのシンパシー。
おじさんなのにアイカツ!やプリリズにはまっているキモヲタから見て、女の子はみんなアイドルになれるテーマパークプリパラの中でアイドルにならずにあえてアイドルの親衛隊をやっている女の子たちって業の深さに共感を覚える。
いや、あじみやひびきも業が深いんだけど。プリティーリズムシリーズは業の深さが魅力だからなあ。




  • 総評

楽しかったなー。親衛隊のコースなのだが、北条そふぃ親衛隊の定子、ちゃん子だけでなく、栃乙女愛、なお、栄子、蘭たん、ななみ(キュぴこん!)が暴れていて楽しかった。親衛隊や栄子なおはそふぃやらぁらと離れていても頑張っていて偉いなあと思いました。
そふぃのだんじりは本当に乗り物としての意味が分からなかったけどちゃん子が強そうで良かったです。大河原邦男先生のキャラメカのらしさが出ていた。
パラ宿のプリパラを飛び出したアイドルがプリパリを目指して世界中のプリパラをGガンダムみたいに駆け巡るというお話。タツノコオマージュだけでなく古今東西の映画や地域文化のオマージュやパロディがあって、それがワールドワイドに「みんなちがってみんないいね!」というユニバーサルなラブ&ピースなメッセージ性につながっている。こういうコスモポリタニズムを子供向けのお楽しみ映画の中にそっと入れていく大人のアニメスタッフのやさしさみたいなの、尊い。
「みんなともだちみんなアイドル!」なんだよなあ。森脇真琴監督のドラえもんぽさと、菱田正和プリパラライブ演出のディアマイフューチャーぽさなあ。ぼくらは未来の地球っ子なんだよなあ。
タツノコなんだけどサンライズガンダムとかシンエイのドラえもんっぽさもある。
うーん。
たのしい。
親衛隊のコースだけど、そらみドレッシングとファルルとアロマゲドンなどのメインのライブやアクションも楽しかったです。
パ行を強調したテロップも女児先輩もカタカナなら読めるというサービス精神で子供向けの視線が温かいですね。俺も最近幼児退行しているので、正直1時間以上の映画を見るのがきついので、最近は傷物語やキンプリやプリキュアなどの短い子供向けアニメばかり見ているな。


デヴィ夫人は偉い人なはずだけど、偉ぶったところがないお芝居で偉いなあって思いました。というか、子供たちに仲良くすることの大切さを教えてくれるいい女児アニメだよね。

  • ちゃん子

団体ミュージカルや団体テーマ曲は新曲だけど。単独新曲があるのが実質ちゃん子だけという豪華さ…。
というか、ニューヨープのファイト(ファンシー)クラブで金網地下デスマッチで相撲で漁業という暴力にあふれた内容で、おじさんが見てもテンションが上がりました。
ちゃん子のライブ、すごかったなあ。デブキャラのギャグとかじゃなくてガチに「質量のあるものが高速で動くのはエネルギーが高い」という当たり前の事実の迫力を見せてくれて、アガる。大和アレクサンダーのプリズムライブにも近い肉体派の迫力を魅せてくれた。
三重野瞳さんの作詞も熱いし、メイキングドラマも厚い。そふぃと親衛隊の関係性な…。尊い。漁業とか。
ていうか、この映画のメインヒロインのファルルとちゃん子という肉体的にも性格的にも両極端なキャラを兼役してる赤﨑千夏さんがすごいわ。
歌もすごかった。
デレマスの日野茜(ゼッケンズ)も好きだけど、同じバカでもキルミーベイベーの折部やすなとはまた違うベクトルでバカだし、ウィクロスのあきらっきーもまた違う性格だし、うまいなあ。
ちゃん子の新曲Just My Chance Callはロックが基本だけどセリフやコールも入っている割と複雑な曲で、その上でCGキャラのダンスと作画アニメのメイキングドラマの台詞や効果音も入ってきてるので、かなりアニメーションの表現として高度なのだが、きちんと聞けて面白がれたので、上手いことするなあーって思いました。まあ、内容は相撲取り系女性アイドルが金網地下デスマッチで歌いながら巨大海獣と戦うというキンプリに匹敵する意味不明さだったのだが。
こういう理屈抜きに楽しい歌とかダンスとか動画って面白いよなあ。いや、作った人は大変だったと思うけど。見てる方はあんまり考えないで楽しめたので楽しい。


楽しい映画は楽しいなー。
映画プリパラ み~んなのあこがれ♪レッツゴー☆プリパリ (小学館ジュニア文庫)

  • 雑感

あと、春休みなので普通に親子連れが多かったのですが、女児先輩が東堂シオンの「囲碁ヨロシク!」とかをリピートしててシオンも子供に人気があるんだなあ。って思いました。



あー、あとらぁらはいい子。のんは謎の存在感。
SoLaMi♡SMILEとDressingPafeの水着ライブはドキドキしました。


投了のテーマソングがプリズミーじゃなくてSKE48なのはまた違った敗北感があるな。