玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

戦闘メカ ザブングル 36~42

第36話 忍びこみ大作戦 五武冬史 菊池一仁 山田政紀
第37話 女いろいろ万華鏡 吉川惣司 大地瞬 加瀬充子 篠田章
第38話 エルチ、舞う! 伊東恒久 鈴木行 坂本三郎
第39話 個人プレーじゃ駄〜目 荒木芳久 滝沢敏文 滝沢敏文 金山明博
第40話 カタカム、やぶれかぶれ 今川泰宏 関田修 佐々門信芳
第41話 カタカムは終った 伊東恒久 大地 瞬 菊池一仁 遠藤栄一
第42話 グレタ吠える 吉川惣司 加瀬充子 加瀬充子 山田政紀


だらだらと、7話。
これまでは富野作品は1話1話ごとに感想を書いて体を壊したが、ザブングルハヤテのごとくとりあえず見るという姿勢がいいのではないかと。
各話のはなしは割と忘れっぽいので、キャラで。
一応、3クール目のソルト篇が終わった感じかな。

  • ブルメ

ああ、一回脱走してから一回りカッコよく。
一度自分の船を持ったからなあ。
そのあとは安定して、ラグとも上手い距離を持ってアイアン・ギアーに。男の自信って奴かな。
イノセントに負けて自分の船を失って、戦う意志を持ったのか。
いや、元々いい男だったんだ。

  • エルチ

なんか、洗脳ってすぐ終わるかと思ったら、長いな。ダーティーペアとかキャッツアイみたいな格好になった。エロ可愛い。
なんか人形が壊れる出崎演出っぽい洗脳とか。
全部が操り人形じゃなくって、エルチ自身の攻撃的な部分や出世欲が伸びたのね。地がちょっと出てる。洗脳と言うのは暗いものだが、洗脳されてもエルチが可愛いので空気がよくなってる。
ジロンにパイタッチされて「エッチ、バカ、変態!」というのはアスカの元ネタか。
なんか、敵に女がすごい増えた。
味方にもマリアとビリンっていう美少女が増えた。
華やかだ。
オッサンも多いけど。美少女のキャラがそれぞれ立ってるから、オッサンばかりの殺伐戦争の中で目立って華やかなんだなあ。
マリア・マリアとビリン・ナダは捨てキャラだと思ったらレギュラー。

  • グレタ・カラスとかキャローン・キャルか土井美加とかチルとか

「女いろいろ万華鏡」って、どういうタイトルだよ。

最近の敵指揮官は女ばかりだ。理由はよくわからんが、体制側のイノセント側は怠け者の男が多く、女の方が上昇志向やらシビリアンの男に対する攻撃性や、権力に保障された場合の部下への強制力が強いのかも知れんなあ。
非戦闘員の女や医療キャンプを襲って人質をとるし。
まあ、前半のティンプやホーラも人質作戦はよくやってたか。
シビリアンの男はすぐに裏切ったり逃げたりするけど、女同士で固まった敵部隊は連携が上手い?
が、ビリンは姉のキャローンのキャラバンを抜けてソルトに入ったか。ビリンもいろいろと考えてる。

アニメで最初に女性を描いたのは?

戦闘メカザブングルにおける男性観・女性観というのは

殊アニメにおいては唯一無二のものなのかもしれない

それは田嶋陽子ばりの行き過ぎたフェミニズムに則ったものであり

視聴者の大多数である男性に酷く違和感を覚えさせる

ある種の女尊男碑的な男女関係を描いているからであろう

http://d.hatena.ne.jp/kodema/20100217/1266391620
所詮は素人の戯言でショー?


女尊男卑かなあ?女性賛美だろうか?
女同士の醜いいさかいとか、残虐性とか、「年増女!」っていう罵り合いとか、そこら辺のくだらなさも書いてるよ。
グレタも「おとうちゃーん!」だし。
マリア・マリアは優しいけど、それだけでは生き延びられない人、だけど、組織にはマリアみたいに優しくて戦い以外の治療を頑張れる人も必要な人、という風なバランスがある。

  • ラグ・ウラロ

いやー、思い込んだら一途な割に、男を見限る時も素早いナー。
嫌な女かも知れんし、正直な女かも知れん。
ライバルのエルチとは正々堂々と勝ちたいって言うのは、いい女、というか良い奴だ。

  • カタカム・ズシム

単純なバカなリーダー、革命家崩れ、実力の無いリーダー、優しさがない強権家、現実を見ないロマンチスト、のように見えて、きちんと組織を運営して、裏で交渉して補給路を確保しておいたり、責任のためには一人で戦っても見せた。
重層的で面白い男だった。
カタカムが終わった話では、カタカムは3,4回くらい死んだ感じだ。
しかし、あの葬式で泣いてしまった。死んで悲しいと言うんじゃないけど、カタカムのそういう男のなんというか、ねえ、気持ちが泣けた。
同時にすっごく笑えたけど!まいるー。

  • ファットマン

死亡フラグの塊で虐げられまくって突撃しまくりだから怖い。でも、しなない。すごい。

  • ビエル

アーサー・ランク様という美形が出たらキャラが被るからいなくなった。最後にすごく説明した。逆襲のシャアとかムーンレィスとかロンドンIMAとか地球帰還作戦だなー。
なんで無謀な突入作戦をしたのかはよくわからんが、救いにきたエルチの様子を見て、自分の罪を形として自覚して、けじめをつけたとかだろーか?

  • コトセット

スター・トレックっぽい大人のキャラクターだな。技師。こういう人すき。
病気になったコトセットがいきなり元気になってアイアンギアーを半裸で操って敵をボロクソにするのがカッコよすぎた。
なにげにガタイがいい。金髪メガネ男子だし。リアクションも面白い。
メディックも船モノに不可欠な船医。

  • キッド・ホーラとゲラバ・ゲラバ

41話のビーボォー回で、ゲラバが無意味にレオタードに変身したりと、久しぶりの登場で妙なギャグを。
スタジオ・ビーボォーって湖川友謙系の硬質な作画をするって言う印象だったけど、結構美少女を可愛く描くし、パロディ的な変なネタを入れるね。コトセットが犬になるし。
ふざけてるのか?

  • だから

やっぱり女とか男っていうよりは色んな男と女がいて、そういう人間だから面白いんだろう?人生は。
面白ければいいんだろ!
なんか暑かったら男も女も上半身裸でダラダラするような世界観。
ジロンって女の裸を見たら、前はもっと照れてたのに、42話のラストの裸ラッシュはすごいなあ。マリアまで平然と乳首。
暑いからってあんた。
まあ、ダイクはいつも乳首だが。
そして、ジロンは皆の乳首を見ながらバーベルを持ち上げるのだった!

なんか、いつのまにか偉い人になったけど、本人は相変わらずっぽい。
カタカムに張り合ったり、調子こいたり、器の小ささも出たりするけど、そこらへんも親しみやすいのかなー。あと、ギャリアはつええなあ。
主人公が強さでブッちぎるってのはロボットものだからか?
でも、脇役の男たちの頑張りや切なさも描いてるし。
だが、ジロンは強いだけでなく、すごい優しさって言うか男気もある。が、優しさに押し潰される事もない。か。
おもしろいな。



↑同梱のブラッカリィが糞カッコいい。