玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

2011-10-16から1日間の記事一覧

Fate/zero アニメ3話まで

戦いのルールの専門用語がたくさんあるので、原作の登場人物紹介とか設定書を読んでます。(長いので中身は読んでいない)いろいろとルールが細かいような、その割には荒い部分があるような気がするので笑える部分もある。ルールと言うか、魔法や英霊がカッ…

スイートプリキュア♪ 第35話 キュアミューズかわいくてわかりやすかったです。

ジャキーン!遂にミューズが仮面をとったニャ! さっきのガンダムAGEの感想で 「馬越嘉彦が物凄く動かしてキュアムーンライトの心の闇のドラマにも迫った大人っぽいハートキャッチプリキュア!と、安心して子供も見れるスイートプリキュア♪は別物なんだよ!…

機動戦士ガンダムAGE第02話AGEの力 わかりやすかったです。

ガンダムが1話と同じく、上手から下手に単調に移動するばかりで、単調で分かりやすかったです。 だから、感想はだいたい1話と同じです。地味でしたね。 機動戦士ガンダムAGE第1話 映像の原則1stと比較して地味 - 玖足手帖-アニメ&創作- 輪るピングドラムの…

輪るピングドラム14話の混濁人間関係がスゴイ!

ピングドラム14話を見て、「時籠ゆりは脇役だと思ったけど、メインキャラみたいに活躍して驚いた!」「ゆりも桃果と運命で繋がっていて驚いた(m゜◇゜m)!!」と感じた人は多いだろう。私もだ。 また、「荻野目苹果編が長い」とか言うネットでの感想も読んだ。…

輪るピングドラム 第14話「嘘つき姫」の「お芝居」の快感!徹底分析

脚本:幾原邦彦・伊神貴世、絵コンテ:幾原邦彦・山崎みつえ、演出:山崎みつえ 作画監督:石井久美・中村深雪 というわけで、助監督でもある山崎みつえさんの「ミュージカル特性」が色んな意味で出た回でしたね。 輪るピングドラムでミュージカルをやること…