玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

エースをねらえ!各2話

選手はおまえだ!

選手はおまえだ!



 新・エースをねらえ!「選手と迷惑と藤堂さん」、出崎統エースをねらえ!「選手はおまえだ!」、ともに岡ひろみが選手に選ばれて宗方コーチに抗議して、でも押し切られて、悩んでいる所を藤堂さんに見つかってちょっとときめいて、着替えに行ったら靴に画鋲を入れられていじめが始まるところまでが第2話。
 原作ではたった7ページ。


 マジかよ・・・。


 原作と新・エースをねらえ!岡ひろみはちょっと言葉遣いが乱暴で男勝りっぽい感じがするけど、出崎統版のほうが若干フェミニンで夢見る女の子で情緒が乱高下する感じがする。背景の雰囲気がフローラルなのもある。あと出崎統版は多少他の媒体よりも選手をやることに前向きになっている。お蝶婦人にしっかりやれと言われたので。
 あと、選手から外された音羽京子さんが岡ひろみをテニスでボコボコにして「私が一番お蝶夫人の技をマスターしている!」って圧勝したあと、宗方コーチに「お前のテニスは竜崎の真似だ」って言われてしまうのがバトルマンガっぽい感じする。ていうか音羽京子さんや他の部員にも宗方コーチが割とちゃんと指導しているな、出崎統版。まあ、割りと謎指導者なのだが。外した理由が明言されるのは出崎統版のみ。なんだかんだ言って理由や強さの序列を明言するのはバトルマンガっぽい。
 宗方コーチは岡ひろみ自身にも見えていない未来の才能的なのを見たと言う。
 岡ひろみも性格は女子なんだが、バトルマンガっぽいので、テニスシーンは割と荒々しい感じのアクション作画。あしたのジョーの雰囲気を引き継いでいる。


 音羽京子さん、なんかダブルリボンなので憎めないですね。あと、親友の愛川牧がキルラキル満艦飾マコの元ネタという感じで仲良しでいいですね。


 出崎統版のヒソヒソ陰口を言うテニス部員が灰色に塗りつぶされた簡略化された顔の並びになって、テニスでボコボコにされる岡ひろみの背景になっているのは、哀しみのベラドンナみたいな感じがしましたが。輪るピングドラムやさらざんまいのピクトグラムになっているモブに通じる演出かもしれない。あと、出崎統版は何故か背景に花が多い。少女漫画を意識しているのかなあ。


 まあ、他にも色々あるけど、毎日更新するのはつかれるので短めに。


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)