玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ブレンパワードはギャルゲー原作アニメだと書いたが、

エロゲー原作アニメと決定的に違う所は、勇以外の男も魅力的であり、少ない出番の中でもちゃんとモテている。
アニメ本編を比瑪ルートだと考えると、それでいいのだが。
自分だけモテるハーレムになるわけねえだろうが!という富野の主張が感じられて好ましい。
美少女ものだと、主人公ですら空気になって女子ばっかりになりがちだが。トミノ美少女アニメは男もカッコいいな。ラッセはカナンをかばって死ぬと思ったら持ちこたえた。三木眞一郎やるな。
んで、アイドルマスター XENOGLOSSIAでは、男性視聴者が感情移入できる若い男性は排除されている。美少女にしかドラマをゆだねられない男性視聴者なのだろうか?とも思うが、あのアイドルマスターは女の子に乗ってもらうロボットに感情移入したらいいんだよ。と思う。
しかし、それにしては演出での人機一体感がまだまだ足りないし、アイドルに心があると言うのも一部の女の子の思い込みレベルで、他の大人のキャラクターも知ってるのに何も語ってないのが物足りない。
つまり、どういうことかというと、ボクも川村万梨阿朴璐美に「おりこうさん!」とほめられた〜い!