玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

コードギアス 反逆のルルーシュR2 TURN01魔神が目覚める日

そりゃあ、イデオンに比べたら台詞は類型的ですけど、それはそれでシェイクスピア的な定型美を感じません事?
シェイクスピア演劇は富野由悠季監督によると西洋の歌舞伎であり、現代のアニメと同じく昔の暇つぶしであったのですから、その暇つぶしの手段の中で役者や作品の印象を強めるために、長かったり、箴言的な台詞が商売になる。
それは人が生きる手段として正しいさ。
しかし、僕はルルーシュが世界を変えたいよりも、もっと、世界の裏、この世界の理を作る神を殺したい!
というと、妹にたしなめられたので、とりあえず超能力よりも筋力をつけるためにビリーズブートキャンプを見ながらコードギアスを見て、素振りをしました。
汗をかいたよ。
今からランニング。
イデオンを見たら、というか、富野アニメを見たらなぜだかとても働かなければ成らない気持ちになったし、今日は天気が良かったので、徹夜だったが、掃除と洗濯と買い物と冬物の整理と仕事のスケジューリングと金融交渉と単行本作業をやった。
早めに寝て、明日からの仕事に備えたい。


とかいっても、単にながら族というだけで、アニメを見てたら体がヒマだからやってるだけで。
別にマッチョと言うわけじゃないですよ。
まー、16歳の脳内妹ににあうお兄ちゃん体型を維持したいですけど。
精神年齢は19歳以下なので、体脂肪計で体内年齢を18歳に維持したい。