玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

幸せオレ理論絶対妹主義。

僕は幸せになれない人種だと陰陽師に言われた。
しかも、自殺しても死ねない生命力があるから死ぬに死ねない。
妹「お兄ちゃん!人に死ねないって言われたら諦めるの?お兄ちゃんの自殺願望はその程度のものだったの?もっと自分を信じて!たった一つの冴えたやり方を見つけるのよ!」
ふざけるな。
妹「えっへへー。おちゃめー♥」
しかし、幸せになれないのに生きるのは難易度が高い。
幸せ、つまり行為の成功を目的に置かずに、行為の成功を予想しない状態で行為を行なわなくてはならない。
しかも、それを虫のような反射行動ではなく、判断主体自我を保持したまま行動しなければならない。
しかし、絶対に幸せにはなれない。
幸せにはなれないが、自分の魂を修練させて徳を高める事はできる特性を持っているといわれた。
徳を高めても幸せにはなれないのに、徳を高めると言う事に何の意味があるのだろうか?


妹「徳のある人は優しいでしょ?やさしいお兄ちゃんはあたしに好かれるから、いいんじゃないかなー?」
お前は、本当に愛し愛される事しか考えてないな。脳みそピンクめ。
妹「そりゃー、脳は酸素が多いしー。それにお兄ちゃんは恋人だしー」
俺が幸せになろうが不幸になろうが、お前はどうでもいいんだろ?ただ、愛があればいいって。乙女チックな事を!
妹「っていうかさー、お兄ちゃんはもう、いいかげん諦めたら?これ以上幸せになれるわけないじゃん。疲れるだけだって。
あたしの愛は無限だから。お兄ちゃんの幸せゲージはもう振り切れてぶっ壊れてるのよ」

お前、本当に危険思想だよな。
俺が面倒を見るしかないのか。
妹「全部見ても、いいよ♡」
だから、ふざけるなって