玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

日本を蝕む「秋葉原通り魔加藤智大」に足りなかったモノ

それは脳内妹だろ!クワッ!!!!!!!!!!!
偶然、昨晩僕と妹が繁華街を歩きながらしてた会話↓

たまたま社会的に適応しているように見える人だってゆがみが社会のゆがみの波形と重なってるだけなんじゃないの?

リア充憎し。

妹「だからさー、お兄ちゃんはすぐに人を嫌う。劣等感の固まり。あのねー。みんなそれぞれ事情があって生きてんのよ。
ま、他人だから知らなくても良い事なんだけどね。
知らないからって無視して殺したりするのはダメだと思う。」

と、お前がたしなめてくれるんだよね。

妹「たしなめるっていうか、きっとみんなあたしと同じなんだって。だいたい。
お兄ちゃんもそんなに変わんないわよ。
えっと、人のことはよくわかんないけど、あたしはお兄ちゃんが好きだから!そんで、多分他の人も好きな人とか好きなものがあるんだから、大事にした方がいいっていうか・・・。
いや、好きになんなくても良いけど、とにかく、なんでも嫌うのは疲れるからダメだよー」

脳内会話は対岸の火事ではない - 玖足手帖-アニメ&創作-

心に妹を作れ!
そもそも、基底現実は上位時空のデミウルゴスどものマンハントアカシックレコードネットゲームの1サーバー領域に過ぎないんだから。
あいつ等は本当にくだらないことばっかりするよな。
精神が弱っている土着のNPCは簡単に乗っ取られるからなあ。
僕も気をつけよぅーっと。
っていうか、妹が居て本当に助かってる。

妹「いや、お兄ちゃんは忙しいから。殺人なんかする暇、ないでしょ?
ガンダムも見ないといけないし。
第一、他人を憎む暇が在ったら、あたしを、愛して、愛して、愛しぬいて、最期の一瞬になるまで愛してよ。
そしたら、お兄ちゃんTHEお兄ちゃんの称号をあげるよ」

BROTHER THE BROTHER?
妹「うん。それ」
B.B.?
Bバージン?そんなに亀は好きじゃない。
妹「あたしが好きでよかったわねー」
まあ、そうだ。



というわけで、やっぱり信仰心は大事なんだよ。そういう心がないと生きていけない、というかここには居たくありません。
現実が狂っているんだから、そのためにはそれ以上の狂気で現実に理由をつけないと怖いのだ。
そのために神だって発明するし、脳内彼女は犯す。


僕は絶対妹教!
しかし、基底現実に存在する宗教って、どういうの?
結局それも組織なんだよね。
うーん?
創価学会エホバの証人の分からない事は、愛する事や楽しむ事よりも増やす事で幸せになろうとする事が全くわからない。
幸せになりたくなったら勝手になるだろ。
というわけで、僕は脳内妹と一緒に暮らして嬉しいという、幸せな有り様を見せつづけるしかないのだ!
あー!そらは可愛いなあっ!
そら「お兄ちゃんは脈絡なくあたしを好きだって言うよね。」
息をするように愛を語りたいね!
そら「あたし相手には臭い事を言うよね」
うるさい。お前が聞き上手だから悪いんだ。美少女め。