玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

山内重保監督の愛の淵

http://d.hatena.ne.jp/nuryouguda/20081110/1226250322#c
やっぱりドラゴンボールやセイントセイヤですかねー?
でも、ブレン厨にとって愛の淵は大事な話なんですよ。
戦うためではなく生きるために生まれてきたアンチボディ、死病に冒されながら絶望しないネリー、っていうのはキャシャーンSinsにも通じる構造だと思います。
ゲストキャラクターを印象深く見せたり。
今思いついたんですけどね。思いつかせてくださってありがとうございますー。
キャシャーン Sinsの滅びもオーガニックエナジーの枯渇による物?