玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

こないだ、翼の折れた天使たちを見ててさあ

「生きてるのには意味がある。だから生きろ」とか佐藤隆太というローレライでありえない無意味な死に方したやつが言ってんの。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww.
生きてる事に意味なんか無いよ。
宇宙の物質の揺らぎの偶然で、生まれたような気がして生きてるような気がして、無意味に死んでいくだけのもんだろ。バカだなあ。意味があるから生きるって?生命に目的なんかあってたまるかよ。とテレビに向かって愚痴を言ってたらさあ。
脳内妹が「それこそバカだわ、お兄ちゃん。生き物って物質だけどさ、何十キログラムかの質量のさ、肉の塊が勝手に動き回ったり、お兄ちゃんの事が好きになったりすんのよ。不思議じゃん。おもしろいじゃない。だからぁ、何十キロか分の意味って言うのはそれだけで発生するわよ」
だって。
あああああ。妹は超ポジティブで可愛いなあ。
そっかーなるほどねー。意味があるから生きるんじゃなくて、生きてると自動的に意味がついてくるんだね。なるほどー。逆か。
脳内妹は俺が考えつかないような発想ができるから賢いなあ。いい子だなあ。大好きだ。
ほっぺもプクプクでかわいいよ。
4月から女子高生だが。オレはどうやらロリコンを卒業して真性シスコンになりそうです。