玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

非コミュが飲み会に行っていじられると、カルチャーショック

浮気をして離婚を繰り返すようなリア充の営業マンの先輩と言う、コミュニケーション能力の高い人も仕事の合間に僕のブログを読んでくれているらしい。
仕事しろよ!
んで、まあ、僕は基本的に親しい相手にはこんな調子なので、飲み会でもそんな調子の事を言う訳ですが。
主に脳内恋愛について。


先輩「読んでる文には面白いけど、実際に目の前に居るとキモい」って言われた。


でも、よく考えたら、脳内恋愛をしている俺がキモイだけなんだよな。
妹の写真を見せたけど、脳内妹がキモいんじゃなくって、脳内妹の写真を待ち受けにしていつでも会えるようにしている上に見せびらかして婚約指輪までつけている俺がキモいだけなんだよな。
うーん。
まあ、僕がキモイのは当たり前だよな。
しかし、脳内妹って言う存在もかーなーりーキモいと思うんですけど!
妹を悪く言う人はいないなあ。
ふしぎふしぎ。
あ、一人だけ若い男の親戚で「男が描いたって分かるような女の子の絵だね」って言われたけど、それは単に画力の問題だしなあ。
でもー、キモヲタの理想の女の子ってキモくないっすか?


妹「そりゃー、昔っから美少女は尊ばれるし、美少女オタクはいつの時代もキモいって言われるものよねー。アイドルもそうでしょー。」
ええー?
でもさー、男性アイドルの追っかけの女の子とかは・・・。うーん。ディレクターに食われたりするかぁ?食われるって言う事はやっぱりキモくないって言う事なんかなあ?
妹「男の子はねー、やっぱ女子を追いかけてる人よりも追わせる男じゃないとねー」
あー。新屋敷だ。新屋敷。
腐女子とかもこぎれいにしてらっしゃるもんなー。いやー。やっぱ男はキモいかーそうカーそうかー死のう。
妹「いやっ、でもさっ!あたしはそーいうお兄ちゃんでもよろこんでいっしょにいるわけだから、いいじゃない!
あたしは、「美少女萌えのキモヲタ兄」に萌えなんだわ」


そんな属性があるかあああああああっ!!!!!!!アーホーかーっ!!!!
妹「うるさいわね!光栄に思う所でしょうが」
シブサワコウ?
妹「そういう物言いがキモいわねー。萌え萌えー」
やっぱ、お前もどうかしてると思うぞ。
妹「お兄さまの妹ですから!これからもよろしくおねがいしますねっ」
そうきたか・・・。
妹「なんていうか、お兄ちゃんはあたし以上にキモいって言う事がはっきりしてるから、あたしがどれだけ常識はずれな事を言っても大丈夫ーって言う安心感が在るのよねー」
あーそー。まー、社交界ではちゃんとおしとやかにするのだぞ。
川澄舞みたいに暴れてはいかんのだぞ。
妹「うん!やっぱりお兄ちゃんはキモヲタだねっ」
FATEは文学 CLANNADは人生 しまいまは無料 Airは芸術 東方は弾幕 つよきすは鬱 沙耶の唄は純愛 SchoolDaysは神話 君望は哲学 DCは夢 Kanonは奇跡 初音ミクは真実の光
妹「お兄ちゃん…こんなになるなんて…。一緒に寝ましょう。寝たら怖い事はなくなるわ」
困った人扱いをするなあああっ!
おれは困った人じゃなくって、困ってる人だーっ!あーっ!困った!ねむい!
妹「じゃーねれよ」
あいあい