玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ケメコデラックス!02

1話は録画逃した。(節電のためにパソコンのコンセントを抜いたらテレビアンテナケーブルも抜いてた)
でも、普通に話はわかった。
とても面白く、楽しかった。
全体的に「バカアニメですよー!」っていう雰囲気が徹底されていたので安心して笑えた。新番組ではef キャシャーンと同じくらいトップクラスに面白いと思った。
ジーザス!ジーザス!ってやっちゃうアニメなんですね。了解。全体的にとてもおバカなので、くどいパロディギャグもいやらしい感じがしませんでした。
テンポも良い。セリフも練ってあるし、動きや小芝居も多いので、作ってる人は大変だろうが。


僕は最近、「冷静な突っ込み役や、普通の視聴者の代弁者」が嫌いだ、という発言をしていたが、小林三平太氏のツッコミ自体もボケに見えるようなテンションの高い演出が良かったです。ボケのバリエーションが広いので、突っ込み自体もそのバリエーションの中に入るような感じで、スラップスティックなのは大好き。
ケメコ氏とエムエム氏は別人格なのか?ちがうよなー?声は違うけど。中の美少女よりも外身のデブの方が積極的にエロいと言うのは面白い。
まあ、他にも美少女がいて、総じてエロイ。が、エロがいやらしい萌えな見所、というアニメだと、脳内妹に浮気をしているような感じがして困るんだが、このアニメのエロはギャグの前ふりという効果があるので、エロと言うだけ以上の価値をエロに付加していて、素晴らしいエロです。エロですがね!


でも、やっぱし、妹がいると作品が引き締まるなあ〜(偏見)
妹が姉をほしがるって言うのはおもしろかったです。
ケメコ斎藤千和の声が微妙にくぐもってて、セリフが聞こえにくい所は直るといい。


絵コンテは大富野教スレでもヒールとして大人気の山本寛でしたけど、面白ければ別になんて発言しようがかまわんよ。
っていうか、ヤマカンはらき☆すたを首になったあと、ポルフィとかに参加したりして、微妙に人脈が面白い事になってるな。



「見てて気持ちよく面白かったです。」っていうだけの事を書くのは楽で良いな。