玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

源氏 物語 千年紀 Genji 第8話 嵯峨野 

源氏物語千年紀 Genji
最近いそがしくて、ターンエーガンダムとかで、他のアニメの感想を書いてない。ま、いいけど。ちゃんと楽しんで見てるよ。
しかし、巷で言われているように、Genjiって出崎統ファンに向けたギャグアニメなのか?
俺は演出がすごいと思うし、出崎がいつもやらかしてるとは思うけど、本気で見てるよ。
今回も冒頭の葵の上の死からいきなり号泣している俺である。最後の六条の御息所との別れでもホロリ・・・。
もちろん、ユーモアのあるシーンでは笑う。CLANNADのギャグは正直微妙だったが、源氏物語は結構面白い。これみつ。
演出が凝ってる所も割と笑う。ギャグって言うよりは「やりおったわー!わっはっはっは!」
エロイところではゴクリ・・・
源氏の君が現代の僕の常識や理解を超越するような所(妻を殺したかもしれない六条の御息所とお別れセックスする所)ではスゲー!
と言う風に、とにかく各感情の触れ幅が広いと思うのだ。
だから、単に「変な演出だ(笑)変な話だ(笑)」っていうような温度の低い視聴ではないのだ。
構図とか分身は凝ってるけど、アレは右脳で見てイメージすると感動。
セリフもむしろ言葉のリズムを右脳で聞くと心地よい。
そのようにおもしろがるのは僕がファンだからなのかも知れんけど、僕は出崎ファンになったのは劇場版AIRからの超ニワカ。ファンと言うほどでもない。
でも大好きです。
というか、ファンになった理由は面白いからだろ!俺は普段は感情障害者だが、アニメは熱血漢だぞ!


頭の中将は妹の葵が死んでるのに全然適当な極楽トンボでどうしようもないな。いや、源氏を励ましてるのか?まー、いい友達っぽい。


つーか、紫の君が可愛すぎてたまらんのだが!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
妹!
源氏が後から身元を探っていたので若紫を誘拐したっぽいことが今回確定したが、紫の上のナレーションでは「身寄りのなくなった私を引き取ってくださった」っていう崇拝ラブモード。
やっべえ!
洗脳やッべえ!
うるせー!好きな男に洗脳されるのはむしろ喜びなんだよっ!
お兄さま大好きーッ!
(;´Д`)ハアハア…!
たまらん。
杉野昭夫先生か?女体と言うか美少女の唇やほっぺたのやぁらかい感じがもう辛抱タマラン!
俺も脳内妹を健やかに育てるよ!