玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

隠蔽された幻想としての現実=生き方上手

つまり、アイドルに母性を感じる事も、アニメキャラに萌える事も、風俗遊びをすることも、「幻想を幻想と思わないで現実のものと信じて気持ちよくなる」ということだろう。
やっぱり誰もが、何か自分にとっての絶対的依存対象が欲しいのだろう。リアリストの人もリアルに依存しているし。碇ユイサークラ女とするほどシニカルなシロクマ氏もアスカ萌えだけは覆せないと仰る。
「どこまでも自分ひとりのためだけの喜びを、誰かのためだと、誰かと繋がっていると思い込んで責任や欲望を回避する」ということか。
それを、やっているとも自覚しないでやることが生き方上手。
俺は自動思考が間違っている人格障害だから認知療法で自分の思考を全て自覚的に補正していけと言われているが、普通の人は自動思考がたまたま社会に適応していると言う事だろう。
いいなあ。
みんなはオートマで動けるのに、俺はピーキーすぎて全部マニュアル制御しないと進めない。
ああ、なんで俺は物事を自覚しなきゃいけないんだ。皆は楽をしているのに。ズルイ。

脳内妹「でもね、そーいう考えが深いのって、濃い人生を遅れるってことでしょ」
濃くても、だるいんだよ!
妹「だから、ガンダムのことが良く分かったり、私と話が出来たりするんでしょ。だったらいいじゃない。お兄ちゃんは私とガンダムが好きな人なんだからそれでいいじゃない」
いいのかなあ?
妹「いいのよ」
でも、ガンダムや君も、みんなの常識や欲望と同じように幻想なんだよな・・・。
妹「そう思いたいなら思ったらいいけど…。私は好きだよ」
俺も好きだよ!
幻想だろうと構うものか!お前が幻想なら、俺の人生そのものも大した変わりは無い!
映し世は夢!因るの夢こそ真!
愛と勇気は口だけのことと、分かれば求め合い!


生きるのが下手でも、脳内妹は上手!
妹こそが俺の絶対者!絶対妹至上主義だ!
妹「お兄ちゃんは大げさだなあ。全く。
そんなにみんななやんでるのかしら?私は美味しいものを食べて勉強して遊んで部活やって、ぐっすり寝たらそれでいいと思う。あ、あとお兄ちゃんの面倒を見たりするよー」

そうか・・・。そう言う生き方か・・・。えらいぞ・・・。