玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

いまいち燃えないガンダムAGEを盛り上げる方法

「救世主ガンダム伝説」とか「一子相伝の設計図」とか「14年間誰も勝てなかった謎の敵を倒す」とか「万能メカ工作機AGEシステム」「ドリルビームライフル」とか、機動戦士ガンダムAGEには燃え要素があるはずなのに、いまいち燃えない。何故かと言うと、リアクションが薄いから。


2話だとAGEシステムはヤマトの万能工作機みたいだが、工作時間が短すぎて都合が良すぎる。ハラハラしない。弾切れがリアルかつ、ハラハラするのがガンダムだったのに。AGEはリアルというか、平坦。単調。
AGEシステムでビームライフルは作ったけど、ガンダムがコロニーの地下に落ちたから渡せなくてピンチになる、とかそういう小芝居を入れるだけでもかなり燃えると思うんだけど。しかも、ドッズライフルって「敵を観察したら発明できた」「自動でメカが作った」って言う感じなので、14年間倒せなかった敵を倒す新発明にしては簡単にハードルを越えすぎてて、燃えない。AGEシステムをフリットが作る苦労シーンがもっと描写されたら燃えたのに・・・。バルガスが落ち着いてドッズライフルを説明口調で作っちゃうからいまいち燃えない・・・。
なんか特に登場人物の高揚感とか焦りとかを感じさせず、普通に「敵が現れた」「武器を手に入れた」「ガンダムは敵を倒した」って言う流れが単調に続いて、燃えなくて、残念。


ドッズライフルは14年ごしに初めて敵を倒した、ってのがスゴイという筋書だから本当はもっと喜ぶべきシーンなんだよね。それなのに、演出や芝居のレベルではすごさが感じられないのが惜しすぎる。
ファーストガンダムのシャアはガンダムに対して、イチイチ「何と言う運動性!」「火力が違いすぎる!」「化け物か!」と誉めてくれる演出ですごさが解りやすくて楽しい。そういう風にガンダムを褒めてくれる人がいたら盛り上がると思う。
でも、ガンダムAGEのUEは機動戦艦ナデシコ木星トカゲ的な不気味さを表現しているためか、ノーリアクションだから、戦って勝っても面白くないのだ。戦いだけど、ぶつかり合いと言うよりは、敵を落とす作業ゲームみたいな感じ。
周りの大人達も「敵MSタイプを撃破」って言ってたけど、褒めてくれないし、あんまり盛り上がってなくて残念。バルガス「AGEシステムは最適な武器を作れるのじゃ」とか説明はしてるけど「はじめて勝ったぞー!」というリアクションがなくて燃えない。イナズマイレブンだと勝利は喜んでたのに。
いや、ストーリーを盛り上げようと思ったらいくらでも盛り上げられる要素があるのに、惜しい!
それこそ、フリットが「やったよ母さん!僕のガンダムが初めてUEを倒したんだ!誰も倒せなかったUEを僕が、僕のガンダムが倒したんだよおおおっ!!!」っていきなりコックピットで隣に乗ってる女の子のユリンちゃんの横で笑って叫んだら芝居は盛り上がったのになあ。惜しい。 そういう劇的な展開がなくて、単調ですよね。
ユリンは山田に似ていて可愛いけど、ガンダムに乗っていてもほとんどノーリアクションだし。(ガンダムXのティファはニュータイプだけど、サテライトランチャーで敵を殺したらショックを受けてたじゃないですか)


マジで、14年ごしに初めて勝ったのは凄すぎるので、今後フリットが調子こいて「僕が初めて勝ったんだ!」って白い狼を見下してグラサンに「AGEシステム一つで戦局は変わらん!」って説教されたらガンダムらしいよね。そういう燃え展開が今後出る事に期待します!!!


フリットが初対面の女子に「ガンダムは僕が作ったんだ」っていきなり自己紹介してるから、調子こきはじめてますかね?アムロくらい調子こくか楽しみです。「僕が一番ガンダムを理解しているんだ。僕がいないと勝てませんよ?」とか、それくらい傲慢な主人公になった方がドラマは盛り上がると思う。
フリットの息子のアセム・アスノが主人公の時は、フリットテム・レイみたいに「ガンダムは無敵だ!お前もパイロットになったんだろ!」ってダメな風に調子こくのかな?そういうドロドロした親子のドラマをやるのは富野くらいかなあ?
でも、ドラマチックだよね。調子こいてる開発者は。


ガンダムのOSを書けて動かせるキラ・ヤマトさんは誰にも止められずに最後まで調子をこき続けて出世しましたね!まー、ガンダムSEEDはキラを止める人がいなさ過ぎて、キラに都合のいい事ばかり起こって、それはそれでぶつかり合いのドラマが不完全燃焼だった所もあるが、まあ、ガンダムSEEDは当時の中高生女子にヒットしたから良いよね・・・。今ではなんか映画がしりすぼみで自然消滅してガンダム00にとって代わられた感じもありますが・・・。


とりあえず、ドラマチックさと、事件に対するリアクションのやり取りが大事です。