玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

精華大の願いはかなうだろうか?妹欲しい。

昨日、精華大で機動戦士Vガンダム見れる前期ラストだったので、2話連続で見たら、ダメージが大きかった。
ガンダムは麻薬なので、過剰摂取はやばい。
俺はダメ人間なのに、Vガンダムを見るという至高体験をこんなにしていいものか、いや、よく無い、でも、せずにはいられない。ごめんなさい、ごめんなさい。
腕をガリガリ。血はあんまりでない。
その後、後1話見られたが、流石に申しわけないので情報館でレポートを下書きして、駅弁へ移動して授業を受けた。
そう言うわけで、おれはYou Tubewinnyで動画見放題だったら、罪に押しつぶされて死ぬでしょう。タイガーマスクを見たらプールを作ってあげないといけないと出来もしないのに思ったり。ガンダムを見たら地球を守らんといかんとか。思いつめるのね・・・。
機動戦士ガンダム視聴と山越えハンマーでエネルギーを使いすぎて、駅弁の教授ではない講師なので、恨みの無い面白い授業だったのだが、言語野に台詞が入ってこないばかりか、寝た。トミノ語に特化しすぎたか・・・。
1、2秒ほどの細切れの夢を見た。
そのなかで、ガラス球みたいに円らなダークブラウンの目で、少しの朱みと艶のある黒髪で、白く、柔らかそうで、血色の良いほっぺたのとてもかわいい女の子が、それこそ天使のように、白い巻頭衣のような服を着て、真っ暗な闇の中で白く浮かび上がり、僕を見つめていた。
また目が覚めて、また夢に入って、
こんどはボリュームのある金髪で目が隠れた女の子の、赤い唇の笑顔から、ちょっと歯並びの悪い歯が見えた。
出っ歯のように見えたが、いや、違う。僕と同じように、第一切歯が大きくて、側切歯が小さく、犬歯がとがってかわいい。そうだそうだ。僕の妹、僕の対性クローンの歯並びだこれは。
今まで何度もキスしたのに、歯並びを気にするのを忘れていたとは・・・。でも、七夕の夢のおかげでまた一つ妹イメージの実存係数が高まりました。
映し世ハ夢!因るの夢こそマコト!