玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

CASSHERN Sins キャシャーン Sins第13話「過去は目の前に満ちる」

脚本:小林靖子 絵コンテ:木村延景 演出:木村延景 作画監督:奥田佳子
キャシャーンの正体と過去がばれて思い出す話。
ほぼ、説明のみ。場面も3つ4つくらいしかないじっくりした話。
ほんと、演技と演出の力技で訴求力を保ってるなあ。
まー、説明セリフなんだけど、設定の説明だけでなくて雨宿りの時の世間話にもなってるから会話に見えるんだろうか。
世間話でする話なのかよ。
ブライキング・ボスの「落とし前」って言うのは男らしくていい。リューズはブライキング・ボスには攻撃しないのか?
キャシャーンがリンゴにひどい事をしそうでハラハラでした。やりかねないアニメ。
キャシャーンの正体が分かったけど、オージとリンゴの正体が分からなくなった。
男型ロボットのキャシャーンとディオを競わせて、妊娠するべき女のレダはひとりって言うのが生々しくて面白い。
ロボットが人間を新造したわけ?うひゃー。くるっとる。
先生はロボットなのか?うーん。
リンゴの皆口裕子さんの子供っぽい声の震えというか、ワザと滑舌を悪く喋ってるのが上手いなあ。って言うかそれはそれで不安を煽るんだ。