玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

シンジさんと伊佐未勇の違い

最近、見直ししていたブレンパワードの最終回を見た。
うむ。
すばらしいな。
ものすごい展開をすっ飛ばしてるが、それがいい。
しかし、ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破碇シンジさんとまったく同じ事をやってるんだよな。98年に。
で、最近のヱヴァ:破のCMのラストの自信満々に綾波を抱き締めるシンジさんはなぜかすごくいらっとする。
伊佐未勇はそんなにイライラしない。
勇の方が序盤からイケメンぶってキスとか平気でするオルファンのプリンスなので、非モテ的には勇の方が敵なのだろうが。しかし、勇ってたくさん比瑪にキスするけど、そのどれも感情が違う感じでいいよなあ。最終回のお花畑少女漫画演出とか、出崎よりも繰り返しパンしたりとか。乙女チックすぎる。
まー、ヱヴァも劇場で見たらノリで了解して面白かったんでCMでシンジさんのイケメンぶりだけ見せられたらイラっとするのかも知れんが。やっぱり映画は積み重ねの音楽的な盛り上げが大事か。バルス!だけを見たらアレだもんなあ。
っていうか、CMのヱヴァはアスカ分が足りないんだな。
と、言う事は「私の愛している人を上げるのよ、だったらさびしくないでしょ!」の比瑪ちゃんが、綾波レイにゆずったアスカポジション?えー。
いやいや、まだQがある。
というか、ブレンパワードの勇の思い人の宇都宮比瑪、伊佐未依衣子、ネリー・キムってラストシーンまでまともに顔を合わせてないんだよなあ。
比瑪とクインシィはアンチボディ越しにしか会ってない。
まあ、そんなことより比瑪ちゃんはかわいい。
ヒギンズブレンもかわいいが。
ということをtwitterで書こうとしたらモバツイが落ちたのでブログでやるお。
[rakuten:neowing-r:10121473:detail]