玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

僕には「本物」のブロガーとして才能があるのか?

 わからない。

  • 僕の頑張りと読者の反応が逆

 前々から考えていたが、一生懸命考察した記事より、雑に書いた記事のほうがはてなブックマークが多い。


※追記 ガンダムとGレコの違いという曖昧模糊としたものについて頑張って考えた記事
nuryouguda.hatenablog.com




↓一生懸命考察した仮面ライダークウガの終盤の記事
nuryouguda.hatenablog.com
nuryouguda.hatenablog.com



↓ヒーリングっど♥プリキュアの最終回を見ずに10分くらいで雑に書いた記事
nuryouguda.hatenablog.com


 これ以前にも、一生懸命考察した記事よりも雑に書いた記事の方が受けることが多いという体験をしていて、それは書き手として寂しいことである。
 先日ネットで無料公開されたエスパー魔美の「くたばれ評論家」でも、「のんだくれて鼻歌まじりにかいた絵でも傑作は傑作。どんなに心血をそそいでかいても駄作は駄作」と言われている。
 まあ、僕はのんだくれて鼻歌まじりに書いた記事で一応評価されているので、どちらも評価されないよりはマシなんだが。
第94話 くたばれ評論家


 なんでこんな現象が起こるのだろうか?


 以下、仮説。


1.僕が天才すぎるので、僕が本気で書いた文章は読者の知的レベルを凌駕してしまい、雑に知的レベルを落として書いた駄文のほうが読者の知的レベルに適合する
2.僕が考え込みすぎるので、僕が本気で書いた文章は読者にはややこしすぎるし長すぎるので、一つの簡単なネタに絞ってサラッと書いたほうが読みやすい
3.僕は精神がこじれたクソなので、本気になったらむしろ間違った考察になってしまい、人の意見を雑にコピペしたような記事のほうがみんなの意見に受け入れられやすい。
4.読者は愚民なので、一生懸命作品を褒める記事よりも、雑にけなす記事の方を好む。
5.はてなブックマークは一言コメントを付け加えたい人がするものなので、構成が精緻な文章よりも、突っ込むスキがある雑な文章の方がブクマされやすい。


(エスパー魔美の評論家も他の絵描きをけなす批評文章を雑誌に投稿して日銭を稼ぎながら、自分のライフワークである本当に褒めたい作品の評論に時間を費やしていた)
エスパー魔美 (1) (てんとう虫コミックス)


 うーん。自分でも傲慢なことを書いている気がするが。


 しかし、僕は物をもらう程度にはセミプロであるが、作品の広報も担うプロのライターと違って、好きなことを好きなように書くほうが精神衛生上スッキリする。
 精神科医には「セミプロなので、気持ちの悪い自分語りは減らしたほうがいいが、プロではないので好きなことを書くことを優先するべき」という微妙なカウンセリングを受けている。


b.hatena.ne.jp
 僕のはてなブックマークランキングでも、上位は過労や親族や知人の自殺などの憎しみについての呪いの文章で、本当に好きなガンダムとかGのレコンギスタの記事はブックマーク数のランクが低い。
(はてなブックマークが好意的なものではなく、憎しみを好む、という問題もあるのかもしれないが)

  • 僕をけなす人

 僕に対する名誉毀損や障害者差別などの規約違反の記事を書いたために、はてなブログから退会させられ、ライブドアブログに移った id:nekora という人物がいる。


 こういう、偏差値や収入で人を判断する人のほうが正しいのだろうか?(このようなはっきりと僕に対する個人攻撃をするツイートに対し、一応僕はTwitter運営に報告したが、未だに表示されている)

anond.hatelabo.jp
未婚中年の彼には縁のない話と思うなかれ。自称鬱の40代パラサイトシングルフリーター中年男と結婚する女性など居ないと考えるのは浅はかというもの。世の中にはイカレた変わった好みの女性は意外に居て、小学生無差別殺傷事件の犯人、宅間守ですら獄中結婚しているのである。さすがに殺人鬼の死刑囚に比べれば人糞製造機などまだまだ無害で可愛げがあると言えなくも無くも無いのではないかと思わないでもない。希望はある。


 ちなみに、僕が出身大学を「京都大学じゃない方の国立大学」って言っているのは、はっきりと学歴を出さないという護身と同時に、出身大学での学生生活が楽しくなかった(具体的には登校拒否を起こしていた)から学校名を出したくないという気持ちがある。



 nekora2520は僕のことを京都大学で単純作業をしていた精神障害者だと言っているようだが、僕は一応、大学内研究所で会計業務やイベントのスケジューリングとか名簿作成とかの仕事もしていたのだが。
(それにしてもnekora2520の障害者や外国人やマイノリティに対する攻撃性は珍しいものがある)


 nekoraの考え方は人を傷つけて注意されているし日本人の評判を落とす。公開しないほうが良いと思う。

  • 僕を褒める人

 僕より明らかに本を読んでいる哲学とかの大学院の人にも褒められた。ラッコさんの方が絶対読書量が多いはずだが。


 僕が寄稿した同人誌は重版がかかった。



Gレコの副読本としてブログが評価されている。



富野由悠季の世界展に呼ばれたので行った。交通費とグッズ代はかかったけど、楽しく意見交換ができた。



 富野由悠季監督の映像の原則の読み解きについて評価されている。



 僕のくせのある文章を褒めてくれる人もいる。



 僕の富野ブログは濃いらしい。



 庵野秀明作品を全部見ているというさめぱさんは普通にすごいと思うが、さめぱさんは僕を上だと言っている。



 シン・エヴァンゲリオンでも期待されている。



yarukimedesu.hatenablog.com

 時間ができればオンラインサロンもやったほうがいいらしい。



 僕は評価されている!評価されているんだ!
ヱヴァンゲリヲン新劇場版 プレミアム制服フィギュア 碇シンジ 全1種

  • 僕にものをくれる人

nuryouguda.hatenablog.com

 読者からもらっていたレトルト食品が底をついたので、自分で久しぶりに食料を買ったという愚痴を書いた所、1万円以上の食料をもらった。

 ていうか、この文章を書いているパソコンも「5年使っていたノートパソコンが不調で、ブログが書けなくなるかも」という愚痴を書いたら、読者から送ってもらったものです。
 普通、見も知らない人に数万円の物をくれたりするのは珍しいと言われるが。それは僕がすごいからなのか、なんとなくネットの風潮を利用しているだけなのか。
twitter.com

 他にも色々と貰っている

  • 僕の実力

nuryouguda.hatenablog.com


p-shirokuma.hatenadiary.com

 同じような記事でも、単著を出しているアルファブロガーのシロクマ先生は僕の40倍のブックマークだ。


  • 僕の実力の根拠はない

 僕もちょろい人物なので、褒められたり物をもらうと嬉しい。


 嬉しいのだが。


 僕は本物なのだろうか?僕はラッコさんよりも確実に本を読んでいない。バンダイビジュアルは二次面接で落ちたのでアニメ業界で働いているわけではない。映像の原則はざっくり読んだが、ヒッチコックの本はもらったけどまだ読まずに積んでいる。
 映画作りに対する専門的な教育を受けているわけではない。


 天才アピールっぽくてあんまりいい印象を持たれないかもしれないが、僕がアニメ感想を書く時、ほとんど、論理的な根拠や先行研究の参照はない。
 はっきり言って勘で物を書いている。


 褒められると嬉しい。嬉しいのだが、自分は本当は何も根拠とする知識がない不勉強な人間だ、ということも分かるので、申し訳ない気持ちもある。


 極論すれば、僕はダメ人間なのに物をくれる人の気持ちはわからない。(まあ、他人だしな)むしろ、本当に物をもらうに値する人物ではないと思ってしまう。まあ、クズなのでもらえるものは病気以外は何でももらうが。


 褒めてもらえるのは嬉しいのだが、自省すると、やはり本をあまり読めていないし、教育も受けていない、ただ勘で書いているだけなので、薄っぺらい僕が本当に本物と言えるのか悩んでしまう。やはり、僕を嫌っている id:nekora が言うように見栄っ張りなだけで、平凡な人間に過ぎないのでは?


 本当に僕は本物なのか?わからない…。賞をとったわけでもない。いや、賞を取っても「審査員に評価された」と思うだけで、自分に対する評価は変わらないのかもしれない。なんで僕なんだ・・・。
グッドスマイルカンパニー ねんどろいど ヱヴァンゲリヲン新劇場版 碇シンジ プラグスーツVer. ノンスケール ABS&PVC製 塗装済み可動フィギュア G12225



 しかし、一生懸命描いた記事より雑に書いた記事のほうが受けが良いのは問題ではある。一所懸命考えつつ、雑に書いた記事のような読みやすさと短さを意識すべきか。



 結局の所、自信を持つためにはもっとちゃんと本を読んで根拠とする知識を増やし、映画やアニメをたくさん見て、目を養う。そして文法やレトリックや助詞や副詞の使い方の本も読んで文章のルールを勉強する、という、そういう地道なことをやるしかないのだろう。
 まあ、今日もシン・エヴァンゲリオンまでに旧エヴァンゲリオンのDVDを見返す、と言っておきながら13時間も寝てしまったのだが。



  • ほしい物リスト。

https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z


著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、投げ銭したい人はこちらから。
 僕はダメ人間だけど、それでも面白いと思ったら、応援ください。


note.com
noteでは金銭のサポートができます。


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)