玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

マクロスFマクロスフロンティア16ランカ・アタック

割りとマッタリ目のテンポに見えて確実にキャラクターの位置関係が変わって来て面白い最近
今回はシェリル・ノームがかわいかった
がんばりやさんだしツンデレと見せかけて本気で犯されたと思った後に隅っこに押し込まれたり。
早乙女アルトは自分より弱いと思ってたランカ・リーには気を使っているが、強気だったシェリルは無造作に押し込めたりしても良いのだな。隅っこシェリルかわいいぜー
尻がな


なぜかアルトは面倒見が良い。自分の事で精一杯なわりに美少女には絡むねえ
エロゲ主人公声だし(笑)
それがどうしてかというラブな場面で絶望先生を出して任務という流れはうまい
位置取りとテンポと感情の切り返しと情報
でも、実際だったら部屋のデカいテレビでいわなくてもポケベルで良さそうなもんだがな


んで、今回の任務はランカがバジュラに歌を聞かせて戦うと言う話で、シェリルは捨てられたような構図なんだが
今日のランカは周りに祭り上げられたまま歌ったわけで、熱気バサラのようなやる気や目的意識はあまりない
とりあえずお仕事
ヴァジュラに対して歌を届けるという気持ちはないですね
前回、バジュラと関わった割りにあまり反映されてなさそう


で、
ランカがアイドル的に売れてシェリルを追い抜いたと見せて
逆にシェリルが井上喜久子17歳以外の場所や目的を自分で見つけるような回でもあるみたい
シェリルはアルトからイヤリングの事を聞いたりランカとグレイスを遠くで見たら、軍隊の秘密を俯瞰できる位置になれる
ランカに追い抜かれたようで別のステージに進んだみたい
シェリルはやっぱり一歩先に行く。かっこええなあ
そういうわけでエンディングのシェリルの歌が非常に良い
また人間ポジションがいくつか動くようで楽しみ
シェリルは僕の妹に似てるしな(結局それかよ)
ランカはあまり似てないが、血のつながらない兄と血のつながってるかもしれんがメカ血液のブレラがいて良いな
ブレラは歌のアドバイスもしてロボ戦闘も強いからカイフンよりアドバンス
メカ人間は恋愛的にどうかと思うが、クラリスに対するルパン三世みたいに手は出さないけど守ってくれる年上の人の需要はあるのね
じゃあやはり兄とは結ばれないのか?!結ばれようぜ!(笑)


オズマ兄とランカのお肌の触れ合い回線の表現が上手くて分かりやすい
宇宙だし秘密だし家族って感じが上手い


バサラ様は古いのか・・・
三十代で円熟味が出て来た頃だと思うんだがなあ
ま、バサラの事だからメジャーを引退してギターの渡り鳥になってもおかしくないがな


わりかし見やすくなって来たと思うCGも序盤よりはスピードが修まって見やすい
その分ケレンは減ったか
金田パースとか(笑)
ミサイルも割りと素直に前に飛ぶなあ
囮ミサイルとか居てもよい


というか、敵怪獣の目的意識と表情がないからなあ
人類が攻めに回って、フォールドクォーツとかが出たら狩猟作業になって戦いという盛り上がりには欠けるか?
頭脳戦が無い
頭脳も無いが
三島やグレイスたちの方が悪そうだから
怪獣を屠っても嬉しくないし話が進んだ感じも無い
まー人間関係もマッタリ動いて来たんで、怪獣戦闘関係も今後に何かあるだろうと楽しみにします


フォールド断層はわざわざ船を造る理由として良い言い訳だと評価する


ボイドが広がる事で銀河団がネットになった後、ブラックホール蒸発するのは脳みそっぽくて面白いな
功殻か