玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

ガンダムビルドファイターズ第16話再会、父よ?

今週はプライベートが立て込んでて鬱病が悪化したのでアニメを見る気もなかったけど見た。
やるきがないので、あんまり感想もないです。
アイラ・ヤルキナイネンちゃんとリン子ママの作画が太ましくてムチムチしてました。ちょっと太い方が雪国美人って感じですね。
1話から口を酸っぱくして言ってたけど、やっと墨入れを意識した作画でガンプラのプラスチックモデルっぽさがあって良かった。
でも、バトル中はSDガンダムもぬるぬる動くのでプラフスキー粒子がすごいんだなーって思いました。ガンダム音頭はSDガンダムのアニメですかね。
ガンプラを作るおじさんの教え方が割と分かりやすくてよかったけど、スプレーをする時は換気に注意って言うのは言おう。
しかし、模型店の隣にガンプラを作るスペースとバトルシステムもあるとか、ガンプラが流行ってる世界ですね。ガンプラを作るスペースって言うか、塗装ブースは普通に羨ましい。
あと、Cが再登場して親父さんに逮捕された。ラルさんは親父さんの当て馬にされた感じだ。ラルさんかわいそう。
でも、親父さんがイケメンって言うのは、アイカツ!みたいなキッズアニメとしては順当だし、親からの継承を匂わせるっていうのもキッズアニメらしいね。
そう考えると、ほんと、テム・レイとかフランクリン・ビダンとか富野アニメの親はほんと、複雑だなー。
この話はあんまり考えると鬱が悪化するからおしまい。
マオくんがレディー・ゴー!って言ったけど、Xじゃないのか。ガンダムXは予告が変則的だからなー。EDの中でやるんすかね。