玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

ドバ親娘とギジェダミド妄想

短文はメールの方が早いな
ツィッタ感覚


カララ・アジバはバッフ・クランの身分制を嫌って出奔したところもあるが
ドバ・アジバはまさしく独裁と身分制を倒して自由主義経済を牛耳ろうとしたんだよな
それが新しい独裁かもしれないが
親子の考えは似てるとも思える
ギンドロとも交流があったわけだし


ギジェ・ザラルは没落貴族出身の侍
その彼と幼馴染みの侍、ダミド・ペッチとの幼少期の身分や付き合い方はどんなだったんだろうな?
ダミドはギジェに対して友情と、劣等感の裏返しの競争意識があったようだが
妄想ふくらむなあ


あと、ファードがあのタイミングで人形遊びをやめて現実を見るのは凄まじ過ぎる


収容所の小さな貴婦人や、アウシュビッツやビルケナウとかでは空想家の方が剛健な者より生き延びたと言う故事がある


が、ファードは生き延びるために銃を取るのだ
すごすぎる
それだけモエラ達の人生が糧になっていたと言う事なら良いな