玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

機動武闘伝Gガンダムのマスターアジア=富野というやりとり

なかなかおもしろかったから例によって目立つ所に置く。

mattune 2008/06/07 11:23
マスターの真相はわかりませんね、元々自分の弱い部分を見せるような方ではないですし。

たぶん、彼は誰よりもプライドが高く、そのプライドゆえに自分を含めた人間の弱さが許せなかったのでしょう。
シャアと違うのはまさしくそこで、シャアはなんだかんだと言って自分の弱さを受け入れていく。

でもマスターにはそんな器用な生き方は出来ない。武道家だから。
最後まで誰にも弱みを見せずに散っていく。

そうすると、やっぱりマスターはシャアよりもずっと富野御大なんだなぁ

nuryouguda 2008/06/07 22:42
たしかに、マスターは富野っぽいと思いました。やってることも富野ガンダムの悪役=トミノと同じですし。
ただ、Gガンの主人公はドモンなので、東方不敗マスターアジアは今川監督から見た富野って言う感じです。
小説版ガンダムのラストを見る限り、ガンダムの縦軸の主人公はシャアかもしれないです。
富野由悠季監督自身はシャアみたいに(格好をつけながら)愚痴も吐きたいのかもしれないです。吐き方が下手かもしれませんが。
そこら辺を客観視して、「師匠は愚痴の吐き方が下手だから病んじゃうんですよ」っていうのが弟子の今川泰宏監督かもしれませんが。
今川監督も最近はダウナー路線が続いてる気がしますが。見てなくて言うのもどうかと思いますが。


あ、今思いついたんですけど。師匠の方が先にドモンに心を開いたのに、ドモンはそれを撥ね付けたんですよ。
で、師匠も口下手だから言葉で謝らないで、拳と死でもってドモンに謝罪したという風にも見えるんですよね。
そんで、ぶっ殺してからドモンは師匠の真意に気付いて、「張り合うことしか知らなかった」って言う。
今川監督の言葉かもしれないですねー。アニメ監督も武道家みたいなものですか。

いろいろとケンカもしたけど、ちゃんとミスター味っ子とかを見てて監督業を任せたトミノのマネジメント能力は異常。
絶望に効く薬とかだと「ガンダムからはずされて富野は病んだ」という風に書いてあることもあるし、まあ、それもあるんだろうけど。ガンダムを受け継いだ人たちの要素も取り入れて富野は復活するわけだ。Gガンダムの続編が∀ガンダムだし。ガンダムSEEDとかへの嫉妬心もトミノの栄養になってるよなあ。
カミーユみたいに一回ダウナーになっても立ち直ってよかったよ。ブレンパワード大好き。
マスターアジアは死んじゃうけど、トミノはしぶといな。