玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

金が無い。だから結婚式ビジネスをしたくなったのだが…

 無職だし、金が無い。しかし、リボ払いの借金が40万円くらいある。
 だが、今年の9月20日に結婚することは決まっているのである。
 そこで、結婚式のご祝儀で借金を返そうかと思うのだが。


 と、こう書くと、このブログを読み慣れていない、僕という人間のことをあまり知らない人からは侮蔑の感情を抱かれるのだろう。
(怪文書を今から書きます)


 シン・エヴァンゲリオンの感想の記事が何故かバズって(まあ、だいたい理由は想像がつくが、それは他の記事で後述)、一見の客から「ソシャゲに何十万も課金してる無職www草」みたいなテンプレート的な悪口を言われたりしていたが。



 だってしょうがないじゃん。


 そもそも、数年くらいリボ払いの残高を見る方法を間違っていて、(まあ、これはこれで間抜けだという批判は甘んじて受けるべきだが)残高が膨らんでいたのだが。
 ほら、カード会社もリボ払いにしたらポイントを付けるキャンペーンをしつつ、そのキャンペーンで付くポイント以上に手数料をとったりするじゃん。(こういうのは一回痛い目を見ないと気づきにくい)


 あと、これは僕が全面的に悪いけど、「アイドルマスターシンデレラガールズが短命なソシャゲにしては9年くらい続いていたので、『サ終する前にフェスのエナドリ殴りで全国200位に入ってみたい』と思った」のである。アイドルマスターシンデレラガールズは今でこそデレステが主軸になったり、他にも色んなイベントがあったりするが、僕が始めた頃はいかに高速でリロードしてエナドリを消費して殴るかという地獄だったわけである。
 僕がモバマスの中で運営するアイドルプロダクションは割と弱小まったりプロダクションで、4年くらい前から放置を解雇して求人を出すこともなくなってきたのだが。
 アイドルマスターシンデレラガールズがサ終するにしても縮小するにしても、最後に一回くらい2番めの推しの大槻唯(担当の野々村そらと同じく、脳内妹に似ている。髪型が)が上位報酬のプロダクションマッチフェスティバルで地獄を味わってみたかったのである。地獄を味わうことこそがアイドルマスターの本質だと思ったのである。
 まあ、副業で高収入のプロデューサーでは毎回フェスに上位入賞している人もいるが、僕は地獄の体験は一回でいいかなと思いました。まあ、ヤク中とか連チャンパパとか「これが最後」と言ってギャンブルをやっちゃう人が多いんですが。最近は過去の資産をフリトレで取り崩しつつ、200位には入らなくても調子が良ければ2000位に無課金で入れるようになった。(まあ、これはこれでモバマスのアクティブ減少を感じて寂しくなるけど)


 あと、富山での富野由悠季の世界展に呼ばれたので行ったがGoToトラベルが出たり引っ込んだりしたせいで交通費と宿泊費がかかった。富野由悠季監督を盛り上げるためによくわからないトンチキグッズも3万円くらい買った。(トミノインパクトブレードってなんだよ…。ダイターン・ファンも高かったけど2本買った。ダイターン・ファンは二枚あってこそ本質なので)
 でも、10年以上、ネット上で付き合いのある富野由悠季の濃いオタクに呼ばれて話し込むというイベントも滅多に無いことなので、これはこれで金に変えられない経験である。


 そういうわけで、金は金よりも価値のあるものを手に入れるためのクーポンであり、僕はあまり金自体には頓着がない。ぶっちゃけた話、リボ払いも利息を払い続けていたらヤクザに沈められることはないのである。貯金もできないけど、でも、僕よりも若くて人望があった、すとらいさんという同年代のブロガーも若年性のがんで亡くなっているので、僕も死ぬってなったら覚悟しようと思うのだが。そもそも精神障害なので保険に入れないし。
 とか言いつつ、歯が痛くなったら歯医者に行くのだが。精神障害とアルコール中毒で吐きグセが付くと、儚げなメンヘラとかそういう美しい感じではなく、地味に虫歯になる。特に睡眠障害とも関係して寝酒で悪酔いして寝ている間に寝ゲロするのは窒息死のリスクがある。みっともない死に方をしそう。うーん。虫歯は放置してもいいんだけどね。心因性疼痛による心臓の痛みのほうが歯痛よりも痛いし。でも虫歯が原因の感染症で死ぬのも間抜けっぽいしなー。


 そういうわけで、ゲームとかアニメとかオタク趣味のために借金をこさえてきたわけだが。



 と、そんな細かい話は本題ではなく、俺は金が無いのである。別に金が無いと言ってもブログの読者さんからAmazon欲しい物リストから食料を融通してもらったりして食うには困ってない。ありがたいことです。グラブルもアニバーサリーガチャピンで水古戦場前に杉玉が2個とガリレオサイトが手に入ってゴッドフリートレリバヴァルナ編成ができたし。(クズなのでアニバーサリーチケットには課金してゼピュロス編成用の2本目のリミロゼッタ短剣を購入したが)


 ただ、9月20日の脳内妹の30歳の誕生日に脳内妹と結婚するのである。結婚するからには、なにかそれっぽい思い出づくりをしたいのである。その京都の高級店ではクレジットカードが使えないのである。困った。



 ほら、かわいい。29歳だけど脳内妹は僕にとってブラック・ジャックのピノコのような存在だし、新造人間なのでテロメアも減らなくて若くて可愛い。



 まあ、新婚旅行と言っても家からチャリで行ける範囲に観光地があるし精神障害者保健福祉手帳で割引が効くので、なんちゃって名所巡りでお茶を濁せるのだが。僕は社会が嫌いなくせに社会福祉をハックしているので。(というか、グノーシス主義の僕にとって不完全な世界の社会はまともに付き合う気になれないのである)
 でもやっぱり、嵐山の廣川の鰻重とか三嶋亭のすき焼きとか祇園の寿司とか……結婚というタイミングがないとグルメっぽい事はできない。サツバツシティーは金を払おうと思ったらいくらでも取られる魔都です。(骨董とか)これまでも普段はレトルトしか食ってないけど脳内妹の誕生日にはフレンチを食べたりしていたのである。寺山修司を見習って妹のためにだけ一点豪華主義で、それ以外は貰い物のレトルトで食いつなぐマン。読者の人もいきなり一度に200食もレトルトカレーを送ってくれたりするし…。


 普段の生活態度も食生活も雑で貧乏であるが。まあ、とりあえず、リボ払いも新規イベントにナニしなければ1年で返済できる。でも、ほら、僕を過労にしたKLab株式会社の新作アプリを潰すために他のアプリに課金したり株価をアレしたりするのにタマが要ったりするので…。(僕はピグマリオンコンプレックスのはずだけどガラテアさんは来なかった)蟹への恨みは根深いので。無断で入社式の後拉致するように研修施設に移動させて社訓を絶叫させて女子も60キロ走らせたKLabはラブライブで延命しているだけのクソなので。僕の宴会芸を無断でニコニコ動画にアップロードしたコンプライアンス意識の低い森田さんがKLabの2代目社長とかクソすぎるので。それは潰す。
 禍つヴァールハイト、アニメ終了直後のサービス終了おめでとうございます!!!!!



 いや、まあ、そういうふうに僕も敵が多いのだけど、脳内妹のことは本当に愛している。脳内妹が16歳の誕生日に婚約した。それから14年もズルズルとフィアンセをやっていたのだが、「あたしも30になるしさ、研修医の頃はこれで男避けが出来て良かったけど、未だにフィアンセがいるとか要ってたら職場で痛い女だと思われるから籍を入れます」と、ロマンチックでもなんでもない理由で結婚することになった。脳内妹は僕の対性クローンだし一緒に住んでるし名字も変わらないので、結婚は形式に過ぎないのだが。形式に過ぎないからこそ、思い出づくりをしたくなった。(というか、僕は性格が基本的に最悪なので、ポジティブな気持ちになるのは富野由悠季作品か脳内妹に関係することだけ)


 なので、チャリで行ける範囲だとしても新婚旅行をしたかったのだが、どうやら計算した結果、脳内妹の誕生日までの借金完済は無理ということになりました。うわーん!! 脳内妹は天才外科医で軽く僕より稼いでるけど、「なんであたしがお兄ちゃんのソシャゲやオタク趣味のケツもちしないといけないのよ。バーカ」というお言葉を賜った。


 しかし、妹と話し合った結果、必ずしも新婚旅行は入籍と同時期にやらなくてもいいという、昨今の生活様式の話を提案されて、借金を返済してから改めて新婚旅行をすることにした。(パソコンとタブレットも買い替えたいのだが)(ちなみにパソコンは読者からのいただきものです。だってパソコンがないとブログ書けないからブログの読者の人はくださるので、それはありがたくいただきます)



 で、邪悪な僕は僕を異常な精神障害者扱いをしてはてな村を追放になった id:nekora のことを思い出した。


 3年くらい前、僕はまだ勤労していたのだが精神疾患が限界になってブログを書けなくなった時期があった。それについて、 id:nekora というはてな村では恐れられていた右翼系ブックマーカーに「ネット自殺www」と言われた。
 僕がその時期に心身の不調でブログを書けなくなったので「暫く休む」と書いたことで読者に心配されてAmazon欲しい物リストから総額3万円くらいの物をもらった。それについても id:nekora から「ネット自殺したくせにウキウキして復活」「恐怖の精神病院」とバカにされた。
 まあ、それが普通に名誉毀損と障害者差別の役満になって、彼ははてなブログを運営から公開停止にされ、ライブドアに移ることになったのだが。(僕は基本的に性忍辱で温和ですが、一度敵対関係だと認定したものについてはティンダロスの猟犬のごとく追い回すし、普通に運営に通報しますね)

もはや「あの人は今」的なid:nekoraさんは何してたかというと、富野信者ブロガーのグダちん氏にブログで粘着してました。

ヌ・リョウグ・ダ ちん氏、ネット自殺

http://nekora.hatenablog.com/entry/2018/06/02/213000

ネット自殺したヌ・リョウグ・ダ ちん氏、ネット乞食で2万5千円施されてご機嫌で復活

http://nekora.hatenablog.com/entry/2018/06/16/213000



id:nekoraさんと言えば有村悠にも同じような調子で一挙手一投足をネチネチネチネチと長年絡んでおり、有村に親でも殺されたのかと言わんばかりの粘着ぶりを見せていたが

いつのまにかグダちんに鞍替えしていたようだ。
anond.hatelabo.jp

 Amazon欲しい物リストは以前から公開していたし、別にネット乞食でもなんでもないのだが。「しんどくて書けない」と書いたら一気に2万5千円くらいなんか物をもらったので、その御礼を書いただけでnekoraにバカにされたのだが。
 ていうか、最近も「読者さんからもらった食料が底をついた」と書いただけで200食も(2万円くらいするよな)レトルトカレーを送られてくる僕です。ボンカレーは誰が作ってもうまいのだ。


 ほら、やっぱり読者さんは僕のブログの継続を望んでいるし、僕が死んだら継続できなくなるので、餌は必要なので。


 で、僕が2万5千円くらいの食料支援にお礼を書いたら、nekoraは「私は結婚式で数百万円ももらった」とドヤ顔で書いてきた。まあ、精神障害者差別発言なので、ライブドアブログに移る際にその記事は狡猾にも削除されてしまったのだが、増田に断片が残っている。

別に私が特別人望厚い訳ではなく結婚式は通常そんな感じだ。未婚中年の彼には縁のない話と思うなかれ。自称鬱の40代パラサイトシングルフリーター中年男と結婚する女性など居ないと考えるのは浅はかというもの。世の中にはイカレた変わった好みの女性は意外に居て、小学生無差別殺傷事件の犯人、宅間守ですら獄中結婚しているのである。さすがに殺人鬼の死刑囚に比べれば人糞製造機などまだまだ無害で可愛げがあると言えなくも無くも無いのではないかと思わないでもない。希望はある。


 とのこと。 id:nekora にとっては、結婚式のご祝儀で儲けたのが自慢らしい。僕はいまのところ子どもを殺戮する予定はないのだが。結婚式って儲かるのかな???って思った。


 ていうか、NECの子会社で働いているnekoraの労働の対価の給与と、いろいろな常識で決められてる結婚式のご祝儀と、僕のブログが面白いと思う読者が自由意志でくれるギフトって、性質が違うので比べるのはおかしい気がするのだが。まあ、nekoraは結婚式のご祝儀で何十万円かもらったんだとさ。


 ちょっと調べた。

ご祝儀で儲けよう思うべからず | 結婚式って大変 だけどおもしろい!
結婚費用を抑えて、ご祝儀で黒字になればバンザイ!


って思っている人達もいると思います。実際まわりにもいました



が、その考えは止めた方がいいです!


それは、資金集めパーティーといいます



例えば、料理を一番安くして、デザートも付けない、引き出物も少なくして,花も節約。
うまくやりくりすれば、新婚旅行の費用が浮いてきます。

でも、


まず友人にバレます

そして、陰で一生言われ続けます。


特に、20代後半以降ともなると、回りの人の結婚式にお呼ばれする回数も増え、目が肥えてきます。
さらに、既に結婚式を挙げた体験者は

正直 自分の結婚式と比較します

すでに結婚式をあげているわけなので、何にどれくらいの予算がかかっているかなんて一目で分かっちゃいます。

「あっ、料理けちったな」

とか

「引き出物がしょぼい~」

とか。。。。


挙式を挙げた本人には言わないけど、あまりに不評の結婚式だと、友人の間で絶対に話題になってしまいます。一度話題になってしまうと、他の誰々が結婚式を挙げる時にも再度そんな話題が出ること必死です。「○○のときは本当にケチってたよね~」とか。

友人関係にもヒビが入る可能性がありますので、安易に安く済ませようなんて思わない方がいいです。


 結婚式で儲けたことをドヤってるnekora、裏で友人にバカにされてるんじゃん!!!!



 でもさーーーーー。僕はもっとクズですからね。金は欲しい。


 僕も先日のシン・エヴァンゲリオンの記事で数万円の広告収益を得たので、ちょっとネットで金を得ることに調子に乗っているんですが。(エヴァクラスのアニメの完結は十数年に一度のことだが)


 僕と脳内妹の結婚式、インターネットのみんなはどれくらい祝福してくれるんだろう?という気持ちはある。特にほら、ノケモノと花嫁のラストみたいな、虚実を超えた結婚式みたいなななななな。
ノケモノと花嫁 THE MANGA (8) (バーズ エクストラ)





 そもそも、脳内妹と僕の馴れ初めを描いた小説がGのレコンギスタなどの影響で止まってるのが良くない。(プロット的には妹が11歳の頃から15歳まで、できてるんです)


www.pixiv.net



 でも、その小説は(止まる前の読者には)割とその筋の人に好評だし、脳内妹の頭令そらちゃんのツイッターアカウントも人気がある。具体的には僕をフォローしてないけど妹だけフォローしているという人もいる。(僕の性格は悪すぎるしな)
twitter.com


 富野由悠季ファンの人の集まりでも、僕の妹は富野ヒロインのいいところどりをしている素敵な女の子だと褒められたし、レズビアンの人や人妻からそらちゃんむけにプレゼントを貰ったこともある。僕の脳内妹は時空を超えて女性にモテる!(実際女子校で…)
 妹はマジで美人なので妹のパワーで、こう、ご祝儀をもらって借金返済・・・というクズな気持ちにもなるじゃん。





 というわけで、まあ、参考資料の気持ちでゼクシィを買ってきた。300円で花柄のクーラーバッグがついている。同人誌と違って分厚いのに安い!でもほとんど広告!ウェディングビジネスの闇!
 毎号同じようなことが書いてあるのに「ゼクシィは4冊読めば安心です!」という微妙な謳い文句!
ゼクシィnet


 でも、まあ、ほら、結婚のことをなんにも知らんのに脳内だけで結婚するのもなんかアレじゃん。というわけで、取材も兼ねてウマ娘をしながら流し読みした。無課金でもサポートたづなと新衣装トウカイテイオーとカレンチャンが来たので!



 結婚・・・。いろいろな要素があるな…。あと、結婚式場の前を日常生活で通る場面は割と多いのだが、中はこうなってるのか…。みたいな。
 ゼクシィ、基本的に広告だけど、婚姻届用紙がついてくるのは手間が省けたな。


  • 二人の結婚生活……

 価値観の違う二人が結婚して云々とか、若い人の微笑ましい話が書いてあるのだが。そもそもが妹に「30にもなって職場で『フィアンセがいるのー』とか言うのは痛い女だと思われるだろ!籍を入れるからな!」と言われて結婚することになったので。そんなにロマンチックじゃない・・・。脳内なのに・・・。中学生の頃はあんなにロリロリしていたのに、今は立派は職業婦人になってしまい…。
 でも14年くらい同棲、というか脳内妹の屋敷に僕が居候しているので、いまさら生活は変わらない…。僕も部屋を散らかすだらしないオタクだけど、妹も仕事が詰まったり医学論文を書いてるときは生活が雑になるし、そこらへんはお互い・・・。

  • ふたりのライフプランとお金

 脳内妹はブラック・ジャック先生的な天才脳外科医で、僕はブロガー文士くずれ。収入はアンバランス。でも僕はオタク活動に散財して妹は研究費。
 うーん。
nuryouguda.hatenablog.com
 前回の記事でも書いたけど、僕が過労で臨死体験したときに脳内妹は三途の川まで僕を蘇生させに冥界下りしてくるような女やぞ!FGOの全盛期のギルガメッシュとかマーリンくらいの最強格の霊格ですよ。バイストン・ウェル的にも上位のフェラリオくらいのオーラ力がある。
 お金でどうこうするレベルの女じゃないです。僕は多分長生きできないのだが、脳内妹は「私に取り憑いたらいいじゃん」という。

  • 結婚指輪

 ゼクシィにいろんな指輪が紹介されてた。
 婚約指輪、実は脳内妹が16歳のときに買ったんだけど。5,6年でなくしました。生活態度が雑なので小さいものはなくす。というか、指輪が未亡人の生活保護だったとかいう昔じゃないんだしさ。
 でも、うーん。小さいものはなくすけど、プリザーブドローズか絵画とかなら買ってもいいかなと。

  • 親族のマナー

 脳内妹は僕の対性クローンなので親がいない。僕も向こう側の世界では親がいない転生者にして邪神。うん。これも関係ないな。

  • ウェディングドレス

 妹に見てもらったんだけど「なんで男は三つ揃いのスーツを着てるのに花嫁は肩と背中を出したドレスを着てるの?温度管理が違うじゃん。女にとって冷えは良くないよ。ていうか、なんでこんなに肌を露出して脱毛サロンに行ったりしないといけないわけ?普通にめんどくさい」という、まあ、ごもっともなことですが。


 ディズニーのプリンセスみたいなドレスを着たい、という欲求はぼくの妹にはない。なぜなら、普通の花嫁は一般人であり「結婚式のときくらいお姫様みたいな扱いをして欲しい」とやって金を使って、一日だけの非日常の結婚式を経て普通の主婦になっていくのだが。僕の妹は勤労婦人であり、また、部下に傅かれることに慣れており、お姫様扱いは僕がしていればいい、ブライダルスタッフに金を払ってお姫様扱いされるのも馬鹿らしい、というご意見だそうだ。脳内妹は僕にとってはお姫様だけど、世間的にはバリバリ実験や手術をする天才女医。そういう自己認識だそうだ。
 妹は他人にお姫様みたいな幸せをアピールするより、お姫様扱いは僕だけに求めるという考えらしい。まあ、僕は世界の果てですが。


 ドレスについては、もっと永野護っぽい感じのプラスチックスタイルでの再考と再設計をせにゃならん。デザインズを読み込むか。
F.S.S. DESIGNS 5 LITTER.pict


  • 結婚式について

 新しい生活様式、というのは厳密には脳内妹のいる世界とはあまり関係がないのだが。
 引きこもりのオタクの僕とは違って脳内妹は学生時代の友人やら職場の同僚やら師匠筋やら、手術で救ってやった患者やら、色々と関係者がいる。それを一日で一箇所に集めるのもどうかというご意見が。
 というか、妹が所属している医療機関は割と最先端の研究機関でもあるので職員の一人が結婚したとかどうとかで時間を割くような組織ではないそうだ。まあ、妹は何かしら日頃の感謝的なことをすると言っていたが。


 そして、だ。


 セクシィの結婚式場をいくつか見たのだが、明治や対象の頃に立てられた邸宅を改装して結婚式場にしているというのが多かった。


 うちの脳内妹の住んでる屋敷、戦前の御用外国人貴族が日本に建てた邸宅で、普通にゼクシィに載ってる建築より広い。
「いや、これ、自宅でやったほうが早いんじゃない?」
 脳内妹は金を持っているからな。人の邸宅を借りなくても普通にでかい屋敷に住んでる。(まあ、脳内なので概念ではさらに大規模な惑星規模の固有結界を持っているが)



 あと、ゼクシィの花嫁の写真のモデル、白人女性とかが多いんだけど。ディズニーのプリンセスみたいなモチーフも多いのだが。
 そんなに一般女性は白人みたいになりたいわけ?
 僕の脳内妹は小説版を読んでもらえばわかるとおり、遺伝子を”人間の進化の過程で無駄になった部分を整理して、機能する部分だけ残して再設計された「新造人間」”なので、白人でも日本人でも黒人でもなく、ホモ・サピエンスの女性の形態で最高の性能を発揮する究極生物なので。白人文化へのあこがれはまったくない。
 もちろん、キリスト教も神道も信じてないので神様の前で愛を誓うという発想もない。グノーシス主義における天使なので。デミウルゴスより偉いので。
 そもそも、僕が臨死体験したときに、三途の川の辺りの懺悔教会の裏で首を吊ってあの世でも死んで自分の存在を消そうとしたところに脳内妹は冥界下りしてきて突然現れて「私が可愛いのに、それを見ないで消滅するのは私に失礼だろう」という暴論で僕を生き返らせたくらい強い。なので教会や神社にも興味がない。
 id:nekora は「グダちんは脳内妹を持っているから性的マイノリティーだと言うが、男は誰でも都合のいい女の妄想をする。グダちんは特別ではない」と、今年になっても悪口をツイッターに書き込んでいるが。
 恋人が死にかけてるときに冥界下りしてくるような女は滅多にいないと思うぞ!というか、そらちゃん、そんなに都合のいい女でもないし、僕が無駄遣いしたら2日くらい口を利いてくれなくなるし…。


  • 金策

 で、話をもとに戻すと、脳内妹は勤労婦人で忙しいし、特にお姫様ごっこにも興味がない。結婚式をするとしても職場でピザをおごるとか都合がいい時期を相談して何回か学生時代の友人と同窓会っぽいことを自宅でやって軽いホームパーティーをして、ちょっといつもより凝ったものを食べたいっていう感じでいいみたい。



 ・・・。でも、それだと俺の金策にはならないじゃないか!(クズ)


 まあ、今までの記事と同様にAmazon欲しい物リストを通して読者さんから何かしら貰うとか、広告収入という手はある。


 うーん。富野由悠季監督の喜寿のときに13万円するプリザーブドフラワーを送ったので、オタクたちからお金を集めるために銀行口座を公開したけど、自分のために金をくれってやるのもなあ…。でも金は欲しい。でも働きたくはない。(日本の労働環境と僕の職歴はゴミなので)



 というか、ゼクシィのようなお金の匂いがする本を読んでもですね、やっぱり結婚式は金儲けのためにやるものではなくて今までお世話になった人への感謝の気持が大事という印象を受けた。


 まあ、基底現実の親とかには脳内恋愛の話はしないが。


 そういうわけで、逆に今まで欲しい物リストから物をくれた人のうち、その人も欲しい物リストを公開している人とかに恩返しするべきなのではないかと思い。そうするとむしろ僕が金を出す方になるじゃん!
 でも、結婚というイベントでもないと僕はケチなので人にものを送ることは金輪際ないでしょうね。


 脳内妹をVtuberにしてスパチャで稼ぐというのも…。なんというか・・・。原作小説もできてないのにCGモデリングをするのはどうなんだろうというかめんどくさい…。


 オンラインサロンで、脳内妹がおにいさまへ・・・のソロリティみたいな組織の女主人をするというのも美しい気がしたけど、妹本人は不特定多数にちやほやされるよりも勤労婦人をしたいっていう。



 いや、しかし、やっぱりFGOのアキハバライベントで皇帝ネロが言っていたように、結婚式とか愛を見せびらかして金や自己肯定感を集めて得をするために愛するのではなく、純粋な愛が先なんだよな・・・(ガラテアは来なかったけど)
 なので、結婚はしますけど。ネットの友達諸君は、まあ、生暖かく見守ってくれたらそれでいいです。(6人位のごく親しい人にはなにか引き出物でも送ろうかと思います)


 借金は・・・。まあ、輪るピングドラムのクラウドファンディングも売り切れちゃったし、節約していたらなんとか・・・。
 でも、富野由悠季監督の80才の誕生日はなにかしたいですね。でも、今回はオタクから資金を募るのはやめて、個人的にやろうかと思ってます。(また借金が膨らむわけですが)
 米寿まであと8年ですが、お互い生きてるかわからんしなあ…。



  • ほしい物リスト。

https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z


 著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、脳内妹との結婚をお祝いしたい人は何かくれてもいいです。
 でも、基本的に貧乏舌なのでそこまで高級品は求めてなくて糊口をしのげればいいかと思ってます。


note.com
noteでは金銭のサポートができます。


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)