読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

アイドルマスターシンデレラガールズ第17話が評価できない

なんだかよくわからない。どう評価したらいいのか、どういう感想を持てばいいのかわからない。
これ、かなりリテラシーが要求される作品だな。
うーん。
いや、かわいいんだけどね。
Gレコトークライブの後遺症で体調を崩したのでさっき見たんですが。
これ、Gレコ以上に何をメッセージにしているのかが分かりにくい。


第17話 Where does this road lead to?
脚本:雑破業
絵コンテ:鈴木健太郎
演出:矢嶋武
作画監督:田村里美、古橋聡
総作画監督松尾祐輔




雑破先生か…。
うーん。大人っぽさを要求する美城常務への反抗みたいな城ヶ崎美嘉の要素がある。
でも、逆に子供っぽさを番組に要求される城ヶ崎梨嘉のエピソードもある。
赤城みりあの姉としての葛藤みたいなのもある。
で、全体的にBGMが少なくて演出としてはシリアス気味。なのに、やっていることはジュニアアイドルが幼稚園児にコスプレするというギャグ気味。
うーん。
演出とストーリーから連想されるイメージが相反しているような。
うーん。
でも、イメージとのギャップに反抗するのが、大人の事情とかギャグとかに反抗するギャルの意地とかそういうテーマを描きたいのかもしれない。
描きたいのかもしれないけど、もしかしたら雑破先生はそこまで考えてなくて単に幼稚園児コスプレとみりあちゃんのお姉さんっぽさをぶち込むというシリーズ構成に従っただけなのかもしれない。


うーんうーん。


まあ、幼稚園児の服は可愛いですよね!はい!
声がついたアイドルが増えて可愛いですね!うん!それは良かった。良かったなー。
そういう動物化した反射的な感覚でいいのかなー。うーん。莉嘉ちゃんの同級生の男子になりたい!
桃華ちゃま―――っ!!!!
アイドルマスター シンデレラガールズ ラバーストラップ (キュート) 単品 櫻井桃華



まあ、モバマス2期は微妙にウテナ黒薔薇編みたいな所があるのだが、七実回で動物回を幼稚園児に置き換えた感じなのかもしれない。
幼稚園児ごっことかギャグっぽい事でも芸能人は真剣にやってるんですよーって言う話なのかもしれない。