玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

恋愛も唐突なようだが、ちゃんと段階を踏んでいたんだよな。

しょっぱなが空中駅弁な出合いだから、これ以上どうなるかと思ったんだが。
大ピンチの時に落ち物ヒロイン的に遭遇。
膝で顔を殴られてむっとする。(なんだこの女)
駅弁(駅弁)
とりあえず二人っきりでオーラロードデート。(釣り橋効果)
萌え萌えツインテールにやきもちを焼く。(異邦人のエイサップを守ろうと)
リュクスがババァにSMされる。エイサップがみてる。
親父に説教されてると、親父にけんかを売る。(好感度アップ)
二人で監禁される。(二人っきりになっても紳士的なエイサップすてき)
ノーパンでカニバサミをする。(なりふりかまわず。)イケメンは抱きついても抵抗感が無くていいよね。
二人で盗んだナナジンで走り出す。(青春)
婿公認
姫は行方不明
お互いに救出作戦。シーブックとセシリーを超える。(好感度アップ)
継母と親父との修羅場をエイサップが制する。(メロメロ)
また離れ離れに(会えない時間が愛を育てる)
リュクスは心細い思いをして戦う。エイサップは男として成長する。
キス7連発!
一緒に連れて行って!
エイサップの両親に紹介。
実家の墓参り!
別れ!
号泣!

うわー。すげー。列挙するとお手本のように綺麗な展開だなあ。たったの六話で。
エイサップに無線が繋がった時のリュクスの恋する声色と、エイサップと間違えてアマルガンに繋がっちゃった時のがっかりな声の違いがタマラン。
「エイサップ!、?あまるがん・・・」
恋する16歳ー。
戦国乙女の書き方はNHK大河ドラマよりも上手かもしれん。