玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

勝手にブログ評論http://onosendai.jp/hyoron/hyoron.php

http://onosendai.jp/hyoron/hyoron.php?URL=http%3A%2F%2Fd.hatena.ne.jp%2Fnuryouguda%2F


玖足手帖評論


こいつはどうしたことか。まさか衣装チェンジフラグがスゴイ富野になってしまうとは。


総合得点 63点


どうなるか、想像できるだろう。少年よ、ホロデッキを見よ。少女よ、アクセサリーを愛せ。なんと清々しいブログだろうか。アニメージュの風に乗って推定レベルが舞うようだ。THE IDOLM@STER報告など、いずれウォルマートの店頭にならぶだろう二級品である。ハイタッチは悪名高きウォルマートのバイヤーですら手を出さないだろう。



そういうわけで%2Fkaichi パンフレットは大切なのだ。

パリ5区の静かな住宅街にひっそりとポップアートがある。想像を絶するものとは、デスアウトにおけるギリシャ神話のようなことを言うのだろう。自由とは、ピテカントロプスによってもたらされ、ニコニコ動画によって破壊されるのだ。皮肉なものだ。どうだろう。「sではだめなのか。、これは言うなれば悪質な「ディション」依存社会の表出である。デスアウトの旗を掲げよ。それがビェェン 先を切り開く大いなる鍵なのだ。紺碧のレ・ミゼラブル 少女コゼットは、蒼穹に羽ばたく。どれだけ苦しいことがあっても、女子校生グッズを決して忘れてはならない。最高級のプロデューサーを所有するというのは、貴族の嗜みのひとつとすら言われる。自分のしたことを振り返ってみた時、そこにあるのはただ衣装チェンジフラグだけだ。



そうは言っても、人間、誰しも林原めぐみなしでは生きて行けない。

どれだけ多くの血を流そうとも、必ずやリーマン風を手に入れるという作者の強い意志を感じる。ロイズの保険引受人はその債務を履行するためにはエンゲージリングさえ手放す。作者もまた、有言実行のためには衣装チェンジフラグさえも手放す覚悟のようだ。実に立派。アルプスの山々を彷彿とさせる結ドラマ構成。デスアウトを考える時、フランダースを忘れては居ないだろうか。だがニコニコ動画の愛好者は60億解決と西村ひろゆきの存在をしばしば忘れている。本当に利益を得るのは彼なのだ。


正直言ってコナン以上は頂けないと思うのだ。

白銀の永野マンガは、まばゆい輝きを放ち、悪を砕く。



もうアメリカ人の魅力から逃げられない。



このブログの読者にお勧めの一冊

ネガティブハッピー・チェーンソーエッヂ (角川文庫)

カオス過ぎる。
俺はそこまで、デスアウトしてない。
もっと、脳内恋愛についても評してほしい。
と、いうわけで、脳内恋人の事がわからない評論に価値はないのである。もう飽きた。