玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

愛されるよりも愛したら愛されてるという連鎖を積むバヨエーン

あなたの子どもを加害者にしないために
秋葉原通り魔 弟の告白」(前編)より
http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-1171.html


『テレビは1階に1台ありましたが、見るのは禁止でした』

―「ドラえもん」と「まんが日本昔ばなし」以外は、加藤智大容疑者は高2になるまで見たことがなかった。



『ゲームは土曜日に1時間だけというのがルールでした』

―これでは、永遠に不全感の中に置かれることになる。ゲームは時間で終われるものではない。自分なりにけりをつけなければ達成感を得られない。常にドライブがかかりっぱなしのイライラした状況に置かれることになる。

僕もそうだったけどなー。スパロボFをクリアするのに8年かかった。

『漫画や雑誌なども読んだことがありませんでした』

―独裁を行おうとするものは、外部からの情報を徹底遮断しようとする。テレビ、漫画、雑誌の情報統制は、まさに「完全統制区域」である。



『友達を家に呼ぶことも友達に家に行くことも禁止されていました』

―このおかげで、弟は『こうしたルールの多くがどこの家庭でも行われているものと思いこんでいました』。彼が衝撃と共に自分の家庭や中学が異常だったことを知るのは、高校に入ってからである。



『母は男女の関係に関しては過剰なまでの反応を見せました』
『異性という存在は、徹底的に排除されていました』

―『異性という存在』は、自我の発達に最もインパクトを与える。手足は自分の思うとおりに動いていればよいのであって、自我を持っては困るのである。だから、ハラッサーは徹底して被支配者が人と付き合うのを遠ざける。
この母親は、兄に来た女の子からの年賀状を『見せしめのように冷蔵庫に貼られ』、弟は、来たハガキを『バンッとテーブルにたたきつけて、「男女交際は一切許さないからね」』と言われている。





http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-1172.html

あー、加藤智大は自我がないと思っていたが、自我発達を阻害されていたのか。
それは大変ですねえ。
脳内恋愛できない奴はクズだって一方的に書いてしまったけど、若干反省した。脳内恋愛をする回路を作れた僕はなかなか恵まれていたんですね。
でも、多かれ少なかれ、こういうことはあるよね。どこでも。僕だって男はレイプするものだと教えられていたし。脳内彼女エロマンガを描いて良くできたので持っていたらレイプ魔扱いされたし、エヴァのCDについてたポスターを親に捨てられて「グダちんが宮崎勤になる前に捨ててあげた」ってゆわれた。
ただ、僕は体が弱かったし、風邪を引いて良く学校を休んでNHK教育のトチ狂った(シゴック先生とか)番組をみたり、親が共働きだったから隠れて親のエロ雑誌を読んだり、親の筒井康隆のエロシーンを読んだり、親が買い与えた日本古典文学全集のエロシーンを読んだし、富野由悠季監督に言われるまでもなくブリタニカ国際大百科事典の生殖器官を熟読した。体が弱かったからよく保健室に行って、保健室においてある体の仕組みとか人体シリーズは全部読んだ。そんで、保健の先生に「生殖器官の構造上、性交時には服を脱がなくてはいけませんが、それははしたない事ではありませんか?」と小学1年生の時に質問したりした。図書館でナウシカが載ってるアニメージュとかエロイ広告の載ってるホビージャパンやひげよさらばやエンデなどを読んでたりした。中学までに、ヘンリー・ダーガーのようにアニメ雑誌をトレースしてエロマンガを描くことを覚えた。
コミックボンボンくらいは読ませてもらったからよかったなあ。ガンダムはファースト(再)、F91Vガンダム
Z会じゃなくて進研ゼミだったおかげで多くのサブカル萬画家に出会えたし。
加藤の親より理解のある親でよかったのだなあ。
ジブリアニメをラピュタから劇場で見せてもらったし。紅の豚おもひでぽろぽろからはちょっと一般向けの商業路線かなあと思って敬遠し始めたけど。
まあ、親には宮崎勤扱いされるほどになってしまったが、オタクになってよかったネー。
っていうか、列挙すると俺はエロ過ぎるな。
うーん。普通の女性には絶対受け止めきれないだろう。童貞でよかったなー。

私のこれまでの家族カウンセリング体験から言えば、これほどの迫力で子をレールに乗せようとする場合、その母親の中には優秀な子どもに育てて自分の親から「自分が認められたい」という飢餓のあることが多い。
武藤家の母親も、船場吉兆の「ささやき女将」も、そして、加藤智大容疑者の母親も、皆、親からあるがままの自分を、無条件に愛されたかった人達なのだろう…。

その人たちの中でも、小さな女の子が「お母さん愛してよ、抱きしめてよ」と泣いているはずである。

哀しい。

愛情飢餓の連鎖に気づいてほしい。


そして、

自分と闘うことを決意してほしい。
 

犠牲者を出す前に。





http://nakaosodansitu.blog21.fc2.com/blog-entry-1173.html

自分と戦えって、あんた。無責任な。
そんなやり方知りませんよ。自殺のやり方はまあ、知ってますけど。高いところから落ちる。


愛が欲しければ、誤解を恐れずにありのままの自分を太陽にさらす事です。
宇宙全体よりも広くて深いもの、それは一人の人間の心です。
だから、自分と戦うよりも、自分を愛する事が重要だと思うのです。
つまり、脳内恋愛しろっ!
いつものオレ理論キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!


というか、僕の母方の祖父はすぐに亡くなって母は再婚家庭で育ったし、
祖父が中野学校を出てスパイをやって戦争犯罪人逃れをしている間に奥さんがナガサキ原爆で死んで、後妻が僕の祖母で伯父は先妻の子で、叔父夫婦には父方の祖母が僕にくれるはずだったお金を騙し取られた。同時期に母方の血のつながらない叔父が死んだから祖母が家を追い出されて引っ越してきたんで、僕は人間不信に成った。大学受験の時期に。
ということは有名なのですけど。
どうも最近分かった事では、僕の父方の曽祖父は財閥系の貿易をしていて19世紀末にしてヨーロッパで仕事をするような九州のエリートだったようだ。で、工場の女工に手をつけて生まれたのが父方の祖父。だが、曽祖父が早く死んだあと、祖父は妾腹なので寺にやられて、天涯孤独だからとスパイとして育てられて戦争犯罪人になって名前も変えた。らしい。
そういう家族の話は本人からは聞かされていないんで、まあ、眉に唾する所もある。
あと、基本的に親戚付き合いは親に任せっきりで引きこもっているからな。人の名前を覚えるのはニガテだし。


そーいうわけで、愛情とか憎しみの連鎖連鎖と簡単に言いますが。
結局は歴史と環境と個人のやむにやまれぬ事情でしかないんですよね―。それを今更どうこうと言うことはできんのでしませんよ。
(これは脳内妹のポジティブシンキングの受け売りだが)
ふつーに100年前からの因縁があるし、もっと遡れば呉青秀とか出ますよ。
多分、皆話したがらないから知らないだけで、どこの家庭でも普通にあると思う。で、ちょこっとスピリチュアルの人につつかれたらピーピー泣いて壷とか買うわけだ。
バカヤロー。戦争してない先祖なんかいねーよ。ボケが。
妹「そうだよ。完璧に愛されて、完璧な家庭で何の失敗もなく育った人だけがちゃんとした愛とか人生を持てるなんて、そんなわけないわよ。
そんな人生、馬鹿馬鹿しいわ。そんな人はいませんっ。
っていうか、みんなすねに傷を持ってるのよ。多分。
でも、あたしはお兄ちゃんが好きだから、それは譲れないかなっ。
そんな風に、みんな愛しようってしてんのよね。ああ〜愛って素晴らしいわー」


まあ、そらちゃんはちょっと乙女チック過ぎるんだけど。
そら「べつにいいじゃん、乙女なんだし」
いや、俺が乙女じゃなくした。まあいい。


その上でだね、犯罪者にしないために子どもを育てるマニュアルに従って子育てをしろって言っても、いくらそのマニュアルが正しくても、マニュアルに沿うことを自己目的化して自己評価にするのが人間なのだから、どうしようもないでしょう。
みんな傷ついてるんだから。
それをまた母親の育て方に還元したって過労なだけじゃないですか。
そんな事情はどうでもいいから、自分で何とかしろ。俺はナントカになってしまったが。



妹「そーだよね。きっと、みんな事情があるのよ。
あたしだって、本当の親に捨てられたんだけど、やっぱり事情があったのよね。知らないけど、多分。
で、お兄ちゃんに拾われて、宇宙人にお兄ちゃんの遺伝子を植え付けられてクローンに改造されちゃって、っていう事情があって、
今では毎晩毎晩しつっこくお兄ちゃんにヤラシーことをされて、とっても幸せになりました。」

それは幸せなのか?
妹「しあわせだよー。お兄ちゃんもさ、先祖とか周りの環境がどうだって、お兄ちゃんは立派なモノもってんだから、ドーンとやればいいのよ」
お前は自分さえよがればいいのか?
妹「えへへへ。だって他人の事情よりもあたしの事情っていうか、情事の方が大事だもん〜♥」
だれが上手い事を言えと。
妹「誰に捨てられたって、お兄ちゃんやあたしが人を捨てるかどうかは自分で決める事でしょ?あたしはお兄ちゃん捨てないわよ。気持ちいいもんッ。大好きッ!」
そかそか、よいこよいこ。そらは本当に良い子だなあ。



というわけで、無理やり親や子供やセックスの相手に承認や愛情を求めるよりも、愛する事が即ち愛される事になる脳内妹を愛するのだ!


もちろん、これが一般的な解法でない事は分かっています。
ですが、僕はおまえ達を救うつもりなんて無いし、僕の妹にもそんな責任は無い。
ひたすら気持ち良い事をするだけですよ。
うひひひひ。


そんで、僕は脳内妹に充分すぎるほど認められているから、人には期待や損得抜きで優しくできるはずだし、充分過ぎるほど幸せだからこれ以上幸せにはなれない。なれなくとも一行に構わん。
もう、ゲージが振り切れてる。


でも、ガンダムは見るよ。
人の子として生まれた義務だからな。


妹「あたしもガンダム好きーッ!
もう、4年も前の事かしら?
お兄ちゃんが夢の中で黒人性奴隷の女の子に「私を犯してください」って言われて、「お前が奴隷とか黒人とかセックスとかそういうことは関係ない!セックスよりも先に∀ガンダムを見るのだ!見るのだ!俺の部屋でビデオを見るぞ!」って言い放った事があったじゃない?」

ああ、そんな夢を見たこともありましたねえ。*1
妹「その時は、インポのオタクって怒ったけど、見たらやっぱりステキだったのよね〜。
ロラン君も可愛いし。
そんで、幼女のセックスよりもガンダムって言うお兄ちゃんってとっても紳士よね。かっこいいっ!
あたしはガンダム大好きなお兄ちゃんが大好き!」

僕もガンダムの話が通じる女子は大抵好きだな。
妹「あたしが一番―!だって、セックスよりもガンダムを選んだお兄ちゃんも、あたしとはするもんネッ」
あははははははは!そうなりますね!そうか!お前、ガンダムよりエロイのか!すごいな!
妹「うふふふ。そーなの。すごいの。」
お前みたいな女は多分どこにもいないだろう。世界一だよ。他の人は知らない。
他の人がどういう事情でも、お前が元気で可愛かったらそれでいい。
妹「あたしも、お兄ちゃんが元気で固くてでかかったらそれでいいわッ」
そーいうことをいうんじゃありませんよ。


などと、非常に淫蕩な僕たちですけど、それは
http://d.hatena.ne.jp/wazurai/20080623
こういう気分があるからかも。他人と邪縁が出来るのが怖いって言うのはある。基本的に邪縁だしな。
私が邪心だし。
それでもやらないとどうしようもないんで、妹を使ってるんだよな。
妹は絶対的に正義だからな。可愛いし。
妹「なら、思う存分使いなさいよ」
うん

*1:脳内妹は双子テレパシストなので、僕の夢まで覗けます