玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

Gレコの客層がおじさんばかりだって?しゃらくさいんだよ!

 Gレコ劇場版が公開されて、富野監督は子供向けに楽しく見て欲しいって言うし、女性にも見てほしいって言うけど、まあ、俺はおじさんだよ!


 で、Gのレコンギスタの劇場版の客層がおじさんばかりだっておじさんが嘆いているのっておかしくないか?おまえら、おじさんであることの誇りがないのか????
色気のある男の描き方(超描けるシリーズ)

(僕が初日に見に行った時はウェイ系大学生グループがいくつか、いました。金曜日だったので小中学生はいませんでした)



 おじさんはそりゃあキモくて金がなくてかっこ悪いとか言われるけどさあ・・・。生きた証としておじさんになったんだぞ!


 くそっ!くそぅっ!


 僕はGのレコンギスタの劇場版の前日にTV版の考察を終えて、その後初日に見に行って、ハッキリ言って脳出血の危険を感じていました。熱も出てたし。でも俺はまだ生きている…。


 俺はおじさんになってまでGレコを見ている度に、Gレコを見ることができないで死んでしまったオタクの知人のことを思い出す。すとらいさんとか、はるしにゃんとか。ガンダムに関わった声優さんやクリエイターもGレコの前に死んだ人が多い。彼らが生きていたらどんな風にGレコを見ていたかとか、思いを馳せると涙が出てくる。富野監督が手塚治虫先生より18年も長く生きていることにも感謝の念が耐えない。


 だから、おじさんの体になってしまったけど、おじさんになることもなく逝ってしまった人の分まで、俺はオタクのおじさんとして気持ち悪いアニメ鑑賞怪文書を書いていこうと思うんだ。まあ、痩せたい気持ちはあるけど、ほんとうにおじさんの体は弱いので。ぼちぼち
「老いる」とはどういうことか (講談社+α文庫)
中年クライシス (朝日文芸文庫)


 おじさんばかり楽しんでるコンテンツはダメだって言われがちな昨今ですが、おじさんだって楽しいことをしたいですし!おじさんが楽しんでたらだめなのかよぅ。畜生…。プリキュアとか大学生の頃に始まったから、単に流れで見てるだけでいつの間にか俺の体だけおじさんになっただけなんだよぅ。ガンダムも小学生の頃からずっと見てる。
 オトナ帝国かもしれないけど、そこはまあ、おじさんとして子供の頃に摂取したもの以外の、おじさんになってから学習した知見を広めていく老獪さで対処していきたい。


 若者や女性の気持ちはおじさんにはよくわからんので、各自頑張れ!


https://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z

著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、投げ銭したい人はこちらから。


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)