玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

オーガニック・トミノゾンビ

http://moso.egoism.jp/img/akiman.jpg
ということだ。
つまりどういうことかというと、今、ラ・セーヌの星を全話入手したので、それを1日1話のペースで見ている。
こないだ海のトリトンを見たのでラ・セーヌの星を見て、順番は前後するが勇者ライディーンを見ると初期トミノを見れる。それでザンボット3ダイターン3ガンダム(再見)、イデオンザブングルエルガイムキングゲイナーという風に富野由悠季オリジナルジェネレーションを見ていこうかと計画してるわけ。
んで、今はラ・セーヌです。ラ・セーヌは実は1,2クールは富野は監督クレジットされているが、作業はしておらず、3クール目から出崎哲氏に代わってリリーフ登板。
と、いうわけで富野分が足りない。
なのだが、やはりトミノ作品は1つずつ見たほうがいいかと思ったり、卒業が延びたので京都精華大学に通う時間が増えたりしたので、
昨日精華大学で自習をした時にブレンパワードを見始めるのを我慢して仮面ライダークウガの本放送の時に見ていなくてずっとしこりになっていた15話「装甲」を見た。
他にも京都精華大には名作映画やフリクリや青の6号があるのでそれも見たい。精華大に置いてある富野作品は、ブレンパワードイデオン映画版を残すのみ。
と、言う訳で、ブレンパワードを2週間ほど我慢して他の短めのOVAなどを見ようかと思ったのだ。
それで、仮面ライダークウガは自分のハンドルネームがグロンギ語ということからもわかるようにとても好きだし、実際スゴク面白かった。すこし特撮や撮影法や役者の髪型が7年前という事で少し古いと思ってしまったのだが。クウガがメチャメチャ強くてカッコよかったぞ。ビートゴウラムのおもちゃは持ってるぞ。
なのだが。


やはり、俺はトミノゾンビなので、いくら仮面ライダーが面白くても満たされないのだ。鬱になって心臓が痛くなった。まあ、それには他にも原因があるのだが表のブログには書かない。
月曜からは絶対にブレンパワードだ。だが、感想は書き過ぎないように注意しなければ。序破急程度で。
ラ・セーヌはしばらく富野は出ないので富野が出るまでマターリ見る。
ブレンを見たら、スターゲイザーエンドレスワルツ、アベニールでターンエーガンダム
ターンAガンダムまで見てしまうと本気で見たいものが無くなり、精華大で自習するモチベーションが下がる怖れがあるのだが、とにかく一刻も早くガンダムを呼んで癒されなければ心臓が痛いのだ。
その後に他のアニメは見るようにしよう。あしたのジョーパトレイバーのテレビ版が置いてあればもっといいんだけど。
精華代の新入生と思しき若い女の子がビデオコーナーに集まって「最初のガンダムが見たいなあ」「あっ、これアムロ!」と話しているのは微笑ましく頼もしかった。
つーか、若くて凹んだ。俺は年取ってるのにいつまで大学に行くのだ。