玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

機動戦士ガンダム 00 セカンドシーズン 25 再生 ダブルオーワタ\(^o^)/

機動戦士ガンダム00の最終回を見た。ひどかった。頭が痛くなった。
僕はファンの楽しみを奪うのはよくないと考えるから、アニメをけなさない。単純に頭が痛くなったのは事実だ。体質だ。
構成としてやりたいポイントはブツ切りで出てるし、やりたい事もやれていると思った。
人造人間を人間が凌駕したり、オーガンダムガンダムエクシアが倒したり、世界が平和になったり、それぞれが努力(笑)をいまさら始めたり、コーラが年上のバーローと黒田洋介らしく結婚したり、SF小説ごっこをやってみたり、個々の要素は頑張ってた。絵も。
でも、全体の構成として見たら、感情も因果も論理も戦略も破綻してて繋がらない。気持ち悪くなった。
かろうじて初期設定が見える程度。
やっぱりディレクションの統合は大事だなあ。みんなの意見を聞いて自分以上にするのは当たり前だ。でもディレクターはまとめて欲しい。出崎や富野やサトジュンは最高です。
最後には面白くなるから映画に来てと言われるより、最初から最後まで面白い方がいいです。
政治の意見も問題提起が過激ぶった描写の癖に「みんな努力しましょう」で終りだし。
いや、努力しててもダメだから困るんだが。
つか、ソレスタルビーイングに唯一抑止力の資格があるようには見えない。
なんだろう。ガンダムの焼き直しのガンダムSEEDの焼き直しのような結末でさらにアレだ。
性善説は嫌いじゃないが、性善説は正悪説よりも証拠が必要だから人が粒子に頼らないで助け合うのが見たかったです。
マリナのゴロ×2で分かり合えたとも思わない。熱気バサラなら分かり合えそうだけど。
結局、「分かり合うという題目」は唱えるけど「分かり合いたいと願う叫び」の熱量が足りなかったんだよなあ。
この間はてなブックマーク - Genjiを嗤うような、アニメ芸術にも照れ隠しをする視聴者は田舎者 - 玖足手帖(啓蟄)

とてつもなく, あたまがわるい, これはひどい, 批評(笑) 00終わったら本格的に批判したい/ただ一つ言っておくなら、感情が通用しない中で"あえて"感情に忠実になるというのも一種のシニシズムに他ならない。そのようなシニシズムの害を、まさにガンダム00は描いてるんだよ

とおっしゃったid:amamakoの意見が聞きたい。人造人間のイノベイドの方が元少年兵の刹那よりも感情的であるという評価基準は謎だと思います。
ちなみに、僕は正しいアニメより面白いアニメが好きです。正しい事はアニメ以外のところで考えますよ。
でも、たまにためになるアニメがあるから長文で解析しちゃうんだけどね(笑)

  • 追記

それにしても、カオスヘッドガンダム00も、「ラスボスが気に食わない性格で人をいじめるから悪い」という戦いであって、敵の「このままでは人類は滅びる」というところはあんまり否定してないように見えた。
いや、そこを否定して滅びない人類の生きざまを見せてほしいんだけどなあ。ブレンパワード∀ガンダムキングゲイナーや新訳Zガンダムって「人類の滅亡なんか冗談じゃない。人間は強い」っていう主張だったし。強い人間をアニメでみるとこっちもうれしいし。ダブルオーは機体が強いかどうかのアニメだったような。
全滅オチのイデオンダンバインですら「馬鹿は死ななきゃ治らないが、死んだら治るので頑張って死ぬまで生きて死ぬ」という前向きな全滅でしたよね。
でも、ガンダム00太陽光発電を実用化して安定しているような世界なのに、ちょっと内紛が起こってるだけで「このままでは人類は滅ぶ」とかリボンズ・アルマークが言う。
そこの論理は否定されないというか前提条件っぽい。
なんか、作り手の方も「人類が滅ぶ」というコンセンサスがあるっぽい。
もちろん、本音を言いやすい悪役の方が作り手の主張を出しやすいというのは富野由悠季作品でもよくあることだ。
その割に、その作り手の気持ちに近いであろう悪役の主張を主人公が否定しているという自己否定に、あまり葛藤がないように見えて薄い。カオヘのタクは「人類が滅んでも彼女を助ける」って言うし、ガンダム00で人類が滅びないように努力するのは主人公とはあんまり関係がない人だ。
つまり、人類が滅びる云々の主張のぶつかり合いは上手に避けられていて、個人的に相手が人殺しだからって言うところで悪役認定している。
じゃあ、リボンズが人間を殺さないで、生かさず殺さず方針で統治していたりカオスヘッドの敵が人を殺さないで世界征服をしていたらいいのかって言う。
どーも、悪役が悪であるための人殺しなどの手段の悪行と、悪役の人類を救うためという名目の目的が乖離してる印象なんだよなー。シャアの隕石落としやエンジェル・ハイロゥは目的と手段が一致してる悪役でよかったなあ。


それにしても、21世紀のセカイ系の人はノストラダムスの滅亡を回避したのに人類の滅亡を自明のものとしているアニメで、ジジイどもは滅亡しないという話にしている。
これは、人生経験の差か、世代の違いなのか。うーむ。
まあ、生き生きしたアニメを作る人は若い世代にもたくさんいるか。最近のガンダムの性格が暗いだけで、アニメ自体はまだまだ元気かなー?