玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

学園黙示録 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD一話

脚本黒田洋介さんだー。嫌な感じの対話がらしいなー。
メインキャラとモブキャラを分けるのも、らしいな。リヴァイアスは世代だけど見てない。
ガンダムイデオンの一話のカタストロフや寄生獣の学園戦闘や漂流教室(原作)だとメインキャラと脇役の区別には曖昧さがあったが、昔はロボット玩具が商品価値で、今はキャラクターやパンツやオッパイが商品なんだから、メインキャラクター中心描写になるか。
目立たせるスポッティングが移動しただけで、売るための目的は同じかねえ?物語的にはまだわからん。


にしても、ゾンビ弱いな。
脳にこだわる必要なんかないのに。デュラララ!!のセルティさんを見習え。頭空っぽの方が夢つめこめる!
細胞全てで躍動しろ!と!ゾンビは!
ゾンビという訳の分からない存在を「映画の通り」として作中の人物が簡単に、虚構を軸にすぐ納得するのは、芝居として、ちょっともったいないかな。せっかく不思議を描くのに。
まー、設定はいくらでもひっくり返せるし、ゾンビモノも陳腐化してるから、本題は学園の方なんだろうけどねー。
学園内の結束や離別が楽しみですねー。
あと、自衛隊がんばれ。リーンの翼でオッケー。 あるいはアラフマーン。