玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。


広告

機動武闘伝Gガンダム25話 決勝開幕! ガンダムファイター大集合(1994 10 07)

脚本                :北嶋博明
絵コンテ              :武井良幸
                  :佐藤育郎
演出                :佐藤育郎
作画監督              :西村誠芳

http://jiyuunomegamihou.hp.infoseek.co.jp/dai-25-wa.html
イデオン発動篇の感想?のようなものは体調のいいときにもう一回見てから書く。
今日は大学にがんばっていったら休講だったので、健康診断までの間にGガンダムを見た。
学校の汚いモニターで発動篇は見たくない。
Gガンはいいのか!


それにしても、リンク元逆探知とコメント返事だけで1時間半くらいつぶれたー。アーはーはー。
人に関心を持ってもらうとうれしいんです。劇場型性格です。
ちなみに、コードギアス 反逆のルルーシュR2のサブタイトルはTURN。コードギアス 反逆のルルーシュのときはSTAGE。
ルルーシュはゼロとしての演技から、ゼロとしてのゲームに移行したもよう。
まあ、それはそれとしてドモン・カッシュは決勝大会に進出した模様。


思いっきりジャンプ漫画のトーナメントですばらしいな!
Vガンダムトミノガンダムをつぶそうとしたけど、つぶれなかったので、富野は「むしろ逆にヒットする要素をぶち込んで絶対にヒットさせてやる!もう、ロボットプロレスしかやっちゃだめなんだよ!」っていって企画を出したのがこれ。トミノは鬱になった。忍者ガンダムを発案した。
ストリートファイターとかジャンプ漫画とか、その当時の流行物を入れましたよ。



決勝大会でいろんなガンダムがかっこよく紹介されたのでうれしかったです。
DVD発売時に、二十歳を超えた状態で一回通してみたので、今回はターンエーガンダムを見る前に直前の黒歴史を復習するという気分で、選り抜きで見てますが。
総集編として、見所が抑えられててよかったです。


各国のコロニーの代表たちがさりげなくザンスカール帝国や地球連邦の軍艦を使って地球に降りてたのが吹いた。
まあ、前の年のアニメなんだが。黒歴史によるとVガンダムからGガンダムまでは数百年は経っているはず。
あはははは!
ガンダムは変な世界観だなあ。しかも、作家が作ったというより、いろんな大人の事情が作り出した畸形児というのがすばらしいな。


東方不敗マスターアジアの「東西南北中央不敗SUPER ASIA」宣言とドモンの全勝宣言はやっぱり燃え。
そして、流派東方不敗の演舞は新宿での二人の再会の演舞を同トレス(だっけ?)で同じ構図で違う服装やガンダムになってたのがよかったです。

ドモン:そうだ! 確かに俺はあんたを倒したはずなのに… なぜだ! 答えろぉ! 東方不敗


マスター・アジア:うるさぁぁい! 何を寝言を言っておる! ワシはこうしてここにおる! なんの不思議があろうか…

不思議しかないけどな!
っていうか、車田漫画クセええええっ!
ツッコンだら負けだ!
でもツッコミてぇ〜!