玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。旧玖足手帖から記事・ブクマを引き継ぎました。


          Sponsored Link Google AdSense 広告

ガンダム THE ORIGIN 最終回が悲しかった。

機動戦士ガンダム ジ・オリジンを全部読み終わった。
今までは月刊ガンダムエースの発売日にはORIGINを読んで無かったし感想も書いてなかったが、今日は本屋に寄って珍しく当日購入したので、最終回まで読んで、後半とアニメ化発表をまとめて感想する。
機動戦士ガンダムTHE ORIGINのアニメ化やガンダムAGE庵野秀明編集の安彦良和原画集も気になったしね。


安彦良和さんの漫画ならではの新要素と、達者な絵心で、「最初」のアニメのガンダムでは、安彦さんの言うように描写が不足していた所を付け足し、つじつまを合わせようとした意図は分かる。が、コアブロックやニュータイプや挿入歌は漫画ならではの付け足しを自分で無視してアニメのそのままをツギハギで入れている。各キャラクターの感情や、作劇としてのリズムやコンティニュイティがブツ切れで、コミカライズとしては充分なレベルとして絵は綺麗だが、「最初」のアニメのガンダムに在った高揚も充実感も感じなかった。
虚しくなったのです。
具体的に言うと、アニメーションの機動戦士ガンダムのラストでは、シャアと剣で傷付け合い、セイラとシャアが隠していた関係を知って傷付き、爆風で飛ばされ、どん底まで傷付いたアムロが、「ララァの所に行くのか」と寂しく絶望を受け入れた時に、どん底で傷付いたガンダムに待っていてもらったのを見つけ、
「まだ、助かる……ッ!」
と呟いた場面を、私はラストシューティングやラストカットより好いているのですが、コミカライズ版ではそこの迫力がなかった。
「頭と手足を失ってもなおアムロにとっての守護神であるガンダムの主役メカとしての存在感」が大好きなのですよ、私は!
[rakuten:bigbe:10032288:image]
だが、コミカライズ版ではララァにわざわざアニメにはなかった台詞で(霊なのに!)くどくどと説明されてアムロが生きる意欲を取り戻すというのが、ガンダムだけでなくアムロの主役や「人間」としての生命力を減じて表現し、読者である私に「弱い」と印象づけてしまった!
アムロは最強のニュータイプで、ガンダムの最高の操り手だったのだから、言葉が無くてもガンダムに出会っただけで息を吹き返し、ついでに仲間も助けるだろ!
それがないコミカライズ版は簡単に言えばつまらない。
ヒーローが強くないと!
テレビのカミーユやショウ・ザマやカテジナのように強くない主人公の悲哀が表現されて感情を揺さぶるようなラストでもなく、特に理由もなくアニメのガンダムと同じにホワイトベースは全員助かるし。
「とりあえずコミカライズ版を雑誌百号に合わせて終らせた」という商業的都合の印象しか、私には感ぜられなかった。
(敢えて「私には」という表現を多用しています)


安彦良和さんは常々、「アニメのニュータイプ思想への路線変更はガンダムらしくない」とか「スポンサーの都合でガンダムらしさがゆがめられた」「だから本当のガンダムを僕がリアルに描く」と発言していた。だから、すっごく楽しみだった。どれくらい楽しみにしていたか、具体的に言うと、創刊号から表紙込みで、ガンダム・ジ・オリジンを全部切り抜いて保存していて、愛蔵版を買わないで済んでいたくらい。
安彦良和原画展に行って原画集も買ったしサインも貰ったし、原画展の隅っこで車待ちをしている先生に偶然会って10分くらい直撃で創作の秘訣を聞いたりした。(その節は本当にご迷惑をおかけしました。)
やっぱり安彦良和先生の絵は芸術だと思うし、単行本や愛蔵版より雑誌版の大きいカラーで保存したくて毎号購入して切り抜いていたんですよ。最初から最後まで!

機動戦士ガンダム ジ オリジン 画集

機動戦士ガンダム ジ オリジン 画集


でも、安彦先生が言うほど、ニュータイプ思想に対する新しい彼なりのカウンター思想は無かった。ニュータイプが嫌いと言う割に、結局はアムロララァのテレパシーを描いてしまった。しかも、中途半端に書いたため、ア・バオア・クーでみんなを脱出させるアムロのすごさが薄れている。
ガンダムをリアルに描く」という事でコア・ファイターを付けていなかったのに、ラストシーンのラストカットを描くためと言うだけの都合のつじつま合わせで、何の理由も必然性もドラマ性も感動もなく、コア・ポッドを出した。しかも、そのコア・ポッドが全くカッコ良くない。アムロが最初から最後まで苦楽を共にしたコアファイターを捨てるからこそ泣けるのであって、ポッとでのポッドがラストカットを飾っても、何の高揚感もなくただむなしい自分を見つけた時、可笑しくなったのです。
非常にどっちつかずで思想や志のないコミカライズであるという印象を、私は受けたのです。


いま、私はそのような印象を受け取ってしまったという事に、非常に戸惑っているのです。10年前のオリジンの一挙100P掲載の衝撃や、萬画としての躍動感や、一本筋を通した独自の解釈は本当に素晴らしいものだったと記憶しております。
ですが、今はそれが瓦解して終わったのです。
このような発言は全く関係者ではない読者の特権として言わせていただけるものと、傲慢な想いで感想を書かせて頂いております。


しかし、その機動戦士ガンダム THE ORIGINがアニメーションとなります。

内田社長の御英断に感謝します


1stシリーズの放映が終わって間もないあたりから、「ガンダム」がなんだか「違うもの」になっていくような気がしていました。「Ζガンダム」以降、それは紛れもない傾向として顕われるのですが、その結果実に様々なガンダムや異種ガンダムが生まれ、それぞれが支持され、実に30年以上も「ガンダム・ブランド」が生き続けるということになると気分は複雑です。素直にその長命を喜ぶべきだろうといつしか思うようになり、現在もそう思っています。



しかし、1stシリーズに関わった者としては、「最初(オリジナル)のガンダム」が数ある「ガンダム」の「単なるひとつ(ワン・オブ・ゼム)」というのでは困ります。それはあくまでも「唯ひとつ(オンリー・ワン)」でなくてはならないのです。



ですが、残念なことにその「オリジナル」は今となっては古びて観るにたえないものになってしまいました。理由は僕も含めた当時のスタッフの力量の不足と、当時の諸事情や諸制約によるものです。そのことをサンライズの吉井前社長に指摘されて僕は心を決め、「最初のガンダム」を洗い出す作業を始めました。


この作業にはちょうど10年を要しました。今、その作業を終了するに当たって僕は自信を持って断言する事ができます。富野喜幸(当時)が構想し、指揮し、僕がメインスタッフの一人として参加し、創りあげた「ガンダム」はこのようなものであった、と。


映像化によって、僕が提出した「最初(オリジナル)のガンダム」は「新しいスタンダード」になることでしょう。それは今後長い間、これからの世代をも含む多くの人に愛されるはずです。


この巨きな仕事を担ってくださる方々に感謝し、期待を込めてエールを贈ります。



機動戦士ガンダム THE ORIGIN」アニメーション・プロジェクト



「THE ORIGIN」を創り送り出してきた安彦良和様、角川書店様。それを支えてきた読者の皆様。濃密な“10年間”がいよいよ最終回を迎えました。深い満足感がありながら、いくばくかの寂しさも……様々な思いが巡っている事と思います。


ガンダム」の世界は30年を超え、多様化と重層化を繰り返し、ここまで発展してきました。その広大な「ガンダム」世界の中で、「THE ORIGIN」はまごうことなき本流であり、この完結は歴史的マイルストーンです。まことにおめでとうございます。


この場をお借りして、サンライズが「THE ORIGIN」のアニメーション化を進める事を発表させて頂きます。


我々のプロジェクトの概要や詳細は、今後改めてお知らせいたします。まずは“漫画という第一走者”から“アニメーションという第二走者”が預かるバトンの大切さを自覚し、その重責を担う覚悟を持って始動することを、ここにお伝えいたします。


読者の皆様におかれましては、「ガンダム」への日頃のご支援、深く感謝いたします。今度ともよろしくお願いいたします。

との声明がガンダムエースに載りました。
また、ガンダムエースに連載している人や業界関係者、当時のスタッフ、キャストからもたくさんの、本当に多くの祝辞が掲載されていました。


ただ、富野由悠季総監督からは一言もありませんでした。
ただ、富野由悠季総監督は今月もマイペースで新作の資料や、今後の思索のために、淡々といつものように、科学者の所に取材に行き、対談していました。今月は東京都市大学水素エネルギー研究センター准教授の山根公高氏所に行きました。3月の東日本大震災前の取材だったのですが、震災をうけて、エネルギー問題の深刻化に伴い、再度取材をし直していて、30年前のアニメのコミカライズを10年かけて終わらせた安彦良和さんに祝辞を書く時間も意味もなかったようです。でもガンダムエース100号で祝辞がたくさん出たために6ページ余った時に、編集者に急きょ依頼されて「はじめたいキャピタルGの物語」というハードSF短編小説を挿絵付きで数日で書きあげてページを埋めてやったらしい。えらいね。
富野はいつも未来を見据えている!
富野はガンダムエースが創刊される時、安彦さんに「書いていいよ」って言ったけど、ちゃんと読んでないらしい。
福井晴敏さんがガンダムUCを書いていいかと富野監督の自宅を訪ねた時、仕事の片手間に「やりたいならいいよ」って流したらしい。(福井さん本人が言ってた)
もう、富野監督はガンダムから卒業しまくっている。


っていうか、1997年に角川ミニ文庫で、2000年からはスニーカー文庫で富野監督が上梓した「密会 アムロララァ」のあとがきで富野監督自身が「これは将来、ガンダムの原作として認知される小説です」と書いた。
事実、オリジンを読み終わった後に密会を読むと「こんなに短くて安くて20年後に描かれて、しかも挿絵のララァ大槍葦人の尻で芸術なのに、これこそがガンダムの本当の原作だ!」って、お、も、う。不思議!

密会―アムロとララァ (角川スニーカー文庫)

密会―アムロとララァ (角川スニーカー文庫)

だから、いくら安彦良和さんや内田さんが富野監督のいない所で

「最初(オリジナル)のガンダム」が数ある「ガンダム」の「単なるひとつ(ワン・オブ・ゼム)」というのでは困ります。それはあくまでも「唯ひとつ(オンリー・ワン)」でなくてはならないのです。


僕は自信を持って断言する事ができます。富野喜幸(当時)が構想し、指揮し、僕がメインスタッフの一人として参加し、創りあげた「ガンダム」はこのようなものであった、と。


映像化によって、僕が提出した「最初(オリジナル)のガンダム」は「新しいスタンダード」になる


“漫画という第一走者”から“アニメーションという第二走者”

などと富野監督の気持ちを勝手に代弁して言った所で、富野監督本人が「密会がオリジナルだよー」って書いているんだから、それは絶対に覆らないし、ファーストガンダムのアニメはもちろん最高だし、小説版ガンダムのオリジナルのクスコ・アルなどの雰囲気も素晴らしい物だった。


僕はただのガンダムファンです。ただ、面白い物を面白いと思うだけです。
だから、面白い物を応援するだけです。
そこに、自分の理屈や損得やおべっかや商業的意図はありません。ただ、面白いと感じるかどうかという野生の本能です。
僕だって本当は安彦良和ガンダムを面白がりたかったのです。でも、自分の感情に正直にならなければ、何も面白がることはできないのです。だから、仕方のない事なのです。


いやあ、富野作品は実に面白いですね。
でも、富野も良いけど大槍の尻は芸術だと思う。
っていうか、オリジンをアニメにするより、密会を青年向けゲームにしたらいいのに。
ミニ文庫版の挿絵の人は亡くなったしなー。

  • 追記

まー、これで一区切りついたし、富野監督の対談集も単行本になるみたいだし、その様子を見たら経済的負担は軽くなりますね。

ガンダム世代への提言  富野由悠季対談集 I (単行本コミックス)

ガンダム世代への提言 富野由悠季対談集 I (単行本コミックス)