玖足手帖-アニメブログ-

富野由悠季監督、出崎統監督、ガンダム作品を中心に、アニメ感想を書くブログです。

機動戦士ガンダムTHE ORIGIN TV 第10話赤いモビルスーツ

 セイラさん、TV版ガンダムの劇中でも割と序盤から覚悟が決まっている感じだったので、弱かったアルテイシアが殺人というイニシエーションを乗り越えて強くなるために、今回の暴徒襲撃はエピソードとしてはうまくハマっていて好きだと思う。

エクセレントモデル RAHDXG.A.NEO セイラ・マス[再販] 約200mm PVC製 塗装済み完成品フィギュア

 しかし、暴徒は結局どこから湧いてきて、どういう生存戦略をしたかったのかがわからず、グラブルのならず者よりも雑な扱いだと思った。テアボロの死も取ってつけた感じだし。


 キャスバルが「神の加護があるのならアルテイシアはいない」って言うの、独善的という点ではシャアらしいんだけど、神のことをどうこう言うのはやっぱりシャアっぽくない。あくまで、安彦さんのキャスバル




 しかし、他のエピソードも微妙にスッキリしない展開が多く、これはOVAをテレビに編集する際の問題だと思うのだが、消化不良気味だった。


 クラウレ・ハモンがキシリア機関を追い返して歌うのは物語のメインストリームに特に関係ないし。


 艦隊戦もドズル以外に当事者になりうるネームドキャラがいないので、いくらビームを派手に打ち合ってもドラマ的な動きは殆どない。僕は軍事マニアではないのだ。
 あと、個人的に宇宙戦艦が数百メートル単位で密集しているのは気に食わない。宇宙なんだからもっと広がりなさい。



 そもそも、ガルマ・ザビが地上勤務を志望してデギンにつきっきりというのもおかしい。まだ地上にジオンが侵攻していない段階なのだから、普通に何処かで武勲を立てさせようとするほうが自然では。TV版ファーストガンダムでは赤い彗星の異名を取りジオンの英雄になっているシャアとかなり対等に、というよりもむしろ上の立場で接しているのでガルマ・ザビもある程度の手柄と実戦経験を積んでないとおかしい。また、オリジンのキャスバルもガルマと絡んだのが士官学校だけで軍に復帰してから挨拶もしないし、ザビ家に近づこうという行動を起こしていないのがおかしい。ガルマとの友好関係を形だけでも持っておこうとするのがこの時期のキャスバルでは?ってガンダムに詳しいほどおかしさが目立つORIGIN。


 アズナブル夫妻は普通にかわいそうだった。なんか物語の展開に必要なくなったキャラを整理しているだけにも見えたけど。


 で、赤いモビルスーツというタイトルだけど、キャスバルが加速したくらいで、特に見どころのある戦闘シーンがなく、動かないコロニーを適当に攻撃したくらいで、あまり面白くない。
ガンプラ MG 1/100 MS-06S シャア・アズナブル専用 ザクII Ver.2.0 (機動戦士ガンダム)


 黒い三連星が率いるモビルスーツ部隊も檄を飛ばして出撃するぞー!ってところで2週間後に続く!ってなってるので戦闘シーンがなくて迫力がない。モビルスーツは画期的なジオンの新兵器で戦力差を覆すスーパーマシンだ!みたいなルウム戦役の見どころが引っ張られて、今回は退屈なシーンが多い感じで微妙に満足感がない感じだった。


 黒い三連星高機動型ザクに乗っているのは良かったけど、重箱の隅にちょこっと描いてあるくらいで特に目立ってないので・・・。まあ、レビルを捕まえるあたりで本気を出してくれるのかなあ・・・。


http://www.amazon.co.jp/registry/wishlist/6FXSDSAVKI1Z

著者へのプレゼントはこちら
nuryouguda.hatenablog.com
 このブログは最後まで無料で読むことができますが、無職の著者に食料を与えると執筆期間を伸ばすことができます。資料を与えると文章の質が上がります。オタクグッズを与えると嬉しいです。


 って、毎回書いてるけど、くれる人は複数回くれるけど、くれない人は全然くれないので、適当でいいです!


 でも寝酒のストロングゼロがほしい!すべてを忘れて酒を飲む!キュアウォッカ
https://twitter.com/nuryouguda/status/1143365937644466178


(この記事が良いと思ったら読者登録お願いします!)